告白できない理由5つ

告白が出来なくて悩んでいる人はいますか?
好きな人がいるけれど、どうしても告白できない。

告白するには勇気が必要です。
告白する事でどのような展開が待っているかをある程度予想してしまう為告白する勇気が湧かないと悩んでいる人は多くいます。

告白できない理由を読んで、告白できない人は何故告白できないのか見てみましょう。

スポンサーリンク


告白できない理由

 

それまでの関係が壊れてしまうと思うから

 

告白できない理由にそれまでの関係が壊れてしまうと考えてしまうと告白できません。

今まで、良好な関係だったのが告白する事で気まずい関係になってしまっては告白失敗です。

この気まずい関係を嫌って告白が出来ない人がいます。
特に職場や学校等の閉鎖されたコミュニティー内での告白だとこの傾向はあります。

告白後も顔を合わせないといけないと考えると気まずい関係より今の良好な関係の方が居心地がいいのです。

だからと言って他で好きな人を見つけようとしても中々見つからず結局恋愛から遠ざかってしまう事になるのもまた、事実なのです。

気まずくなる事を覚悟するか、気まずくなっても大丈夫だろうと楽観的に考える事が出来る人ほど恋愛が上手くいっているケースもあるのです。

 

恥ずかしくて告白できない

 
相手に自分の気持ちを伝える事が恥ずかしくて告白できない人もいます。

自分の気持ちを相手に知って欲しいと思う反面、自分の気持ちを相手に知られてしまう事が恥ずかしいと考えてしまうのです。

自分の心の内を打ち明ける事に抵抗がある人だとこの傾向があります。
普段、自分の意見や考えを周りに言わない人は恋愛においても自分の意見を言えなかったりするのです。

確かに、自分の気持ちを相手に知られてしまう事は恥ずかしいかもしれません。
しかし、伝えなければ気持ちはずっと伝わりませんから自分の気持ちに自信を持って相手に伝える事が大切です。

スポンサーリンク


断られるのが怖くて告白できない

 
断られるのが怖くて告白できない人がいます。
告白できない人の多くはこの考えの人が多いのではないでしょうか。

断られる事で自分が傷ついてしまう事を恐れてしまう人です。
考えてみてください。

告白しなければ誰も傷つきませんし、自分も傷つきませんが何も変化は起こりません。

しかし、告白する事で、自分が傷つくかもしれません。
それならば、傷つかない様にする為の努力をすればいいのです。

告白の成功率を上げるための努力をすれば断られる確率は減っていきます。
加えて、告白は1人の人に対して1度だけしかしてはいけないルールはありません。

1度断られても、またチャンスがあるかもしれません。
自分が傷つく事を恐れていては恋愛は出来ません。

傷ついた時にどう対処するか、傷つく確率を少なくするにはどうするかを考える事が大切です。

 

告白できるタイミングではない

 
告白できるタイミングでは無い時は告白できません。

告白もタイミングが大切です。
出会ってその日に告白するよりも、出会ってお互いを知ってから告白する方がタイミングとしては適切でしょう。

この様に告白にもタイミングがあり、自分の中でまだ告白のタイミングじゃないなと思えば告白はできないでしょう。

しかし、慎重になり過ぎて、他の人にとられてしまっては意味が無いので時には大胆に行動する事も大切です。

スポンサーリンク


本当にその人が好きなのか分からない

 

本当にその人が好きなのか分からない時に告白できないと考えます。

何となく一緒に居て安心するし、居心地がいい関係だけど好きかと言われればよくわからない。

そんな、自分の気持ちがハッキリとわからない人は告白できません。

告白はこの人が好き!2人で一緒にいたい!と思えた時にするものですから自分の気持ちが定まらないと告白する事は出来ないでしょう。

この様なタイプの人は自分から告白はしませんが、相手から告白された時に「こちらも悪い気はしないし、相手は自分を好きならいいだろう」と考え付き合う事はします。

時間が経って気持ちが定まればいいのですが、何時までも気持ちが定まらないと別れてしまう事もあります。

そして、また同じような恋愛を繰り返す恐れがあるのです。

 

告白できない人が告白するためにやるべきこと

 

お目当ての人と話す機会をできるだけ増やし、告白のチャンスを増やす

 

「告白したいけど、なかなか告白できない」というケースで多いのが、お目当ての人と接する機会が少なく、相手との距離が離れているということです。

つまり、お目当ての人と話をすることに慣れていないために、遠慮があって気持ちを打ち明けることができないわけです。

この問題を解消するには、相手と話す機会を増やしたり、いっしょにいる時間を増やすしかありません。

とにかくできるだけ、相手の近くにいるようにし、できるだけたくさん会話をするように心がけましょう。

そうすることによって、相手との会話に慣れますし、お目あての人といっしょに食事に行くような機会が生まれるかもしれません。

そうした機会が多くなればなるほど、告白のチャンスも増えていくのです。

まずは、お目当ての人との距離を縮めること。

物理的な距離を縮めることによって、心の距離も近くなりますから、結果として告白しやすくなるというわけです。

スポンサーリンク


片思いの相手をほかの人に取られることを想像してみる

 

なかなか告白できず、ぐずぐずしているうちに、片思いの相手を誰かに取られてしまうということも、大いにありえるでしょう。

それは、あなたにとって、絶対に避けたい事態なはず。

ですから、「悪い想像」をすることで、告白のモチベーションを高めてみてはいかがでしょうか。

片思いの相手が、誰かとつきあうようになったことをイメージしてみるのです。

コツは、あなたの知っている人とつきあうようになったという設定にすること。

いわば「仮想ライバル」を作るわけですが、そのライバルとお目当ての人が交際開始して、仲良くしているところをリアルに想像すれば、たまらない気持ちになってくるに違いありません。

この「たまらない気持ち」が、告白のモチベーションを高めてくれるのです。

「そんなことは許せない。早く告白しないとそうなってしまう」という気持ちに、自分をさせるというやり方です。

あえて自分を焦らせるわけです。

 

二人でつきあうようになった時のデートプランを細かく考える

 

前項は、ネガティブな想像をすることで、自分の気持ちをかきたてるという方法でしたが、ポジティブな想像で告白の意志を強めるというやり方もあります。

ぜひ、そのお目当ての相手と交際するようになった時のことを想像してみてください。

二人で行きたいところなど、デートプランを考え、それを二人で楽しむ姿を想像するのです。

コツは、二人でかわす会話や、いっしょに行く店、いっしょに食べる料理など、できるだけ細かく想像すること。

おそらく今は、「付き合えたらいいな」という程度の、漠然とした気持ちしかないはず。

それを、「付き合えたら、こんなに楽しい時間が待っている」とリアルに想像することで、「付き合いたい」という気持ちがいっそう強くなり、その結果、告白の意志が固くなるというわけです。

勇気を出して告白すれば、そうした幸せな未来が手に入るかもしれないのです。

スポンサーリンク


「今日告白しよう」と決めて、相手に「大切な話があります」と伝える

 

なかなか告白できないでぐずぐずしてしまう人にありがちなのが、「今日、告白しよう」と決めても、その勇気が出ず、一日伸ばしにしてしまうということでしょう。

告白の意志は固まっているのに、どうしても一歩が踏み出せず、しり込みしてしまうわけです。

この状況を変えるには、「しり込みできない状況を作る」のが、有効な方法です。

「今日、決めよう」と思ったら、お目当ての人のところへ行って、「大切な話があります」と伝えてしまいましょう。

そして、「話をする時間をください」と頼み、相手の都合のいい時間に、二人で話す機会を作るのです。

「今、OKです」という答えが返ってきたら、その場で話しましょう。

すでに「特別な話をします」という宣言をしたわけですから、話すときに、告白以外の話をするわけにはいきません。

これはつまり、しり込みできない状況を作り、告白せざるをえない状況に自分を追い込むというやり方です。

 

告白できない理由

 

いかがでしたか?

告白できない理由と言っても断られるのが怖いだけではありません。

そこには、様々な理由があるのです。

告白は1つの大切なイベントですから、自分が納得できる形でしたいものですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク