彼氏と会う頻度が少ないときの対処法9つ

彼氏とできるだけたくさん会いたいと思いながら、双方の事情で会う頻度が少なく、それが悩みだという女性は少なくないでしょう。

学生であれば、「恋愛最優先」ということもできますが、働く女性にとって、それは不可能。

このようにその人の環境や状況によって彼氏と会う頻度というのは変わってくるものですが、それがどんどん減ってくるとやはり不安に感じるものですよね。

そこで今回は彼氏と会う頻度が少ない時の対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏と会う頻度が少ないときの対処法

 

彼氏と会う頻度が少ないときは工夫して「プチデート」をする

 
1つ目は、お互いに工夫し合って「プチデート」をするという方法が挙げられます。

最近「朝活」が話題になっています。朝、出勤前になんらかの活動をして、人脈を広げたり仕事のモチベーションを高めるというのが「朝活」の目的。

それを彼氏とのつきあいに応用してみてはいかがでしょうか。

つまり、出勤前に「朝デート」をするのです。少し早起きして、どこかの駅で待ち合わせ、朝食をいっしょに摂るだけでも、楽しい時間が過ごせるはずです。

もし、どちらかが営業職で、外回りが多いようなら、「仕事で近くに来たときに、いっしょにお茶する」という方法もあります。

会う時間が短いだけに、「いっしょにいられることの喜び」を強く実感できるにちがいありません。
 

彼氏と会う頻度が少ないときは有給休暇を合わせて取る

 
また、有給休暇を、同じ日に取るというのも、おすすめの方法です。

お互いに仕事を持っていると、どうしても「会えるのは週末だけ」とか、「休日が違うので、めったに会えない」ということになりがちです。

たとえば、彼氏は土日定休で、自分は平日が休みという仕事をしている場合は、休日を合わせるのは困難です。

そんなケースは、有給休暇を利用するしかありません。二人でよく相談して、計画的に休日を取るようにしましょう。

スポンサーリンク


同棲する

 
とは言っても、そうしょっちゅう有給休暇を摂ることは不可能でしょう。そこで、おすすめの裏ワザが「同棲」です。

同じ家で生活することにすれば、「会う頻度が少ない」という悩みはかんたんに解消されます。もちろん、「そうかんたんに同棲できない」という事情がある人も多いでしょう。

しかし、あまり大ごとに考える必要はありません。

「試しにいっしょに暮らしてみて、それでうまく行かないようなら、また別の方法を考えればいい」ぐらいの軽い気持ちで、いっしょに生活してみることをおすすめします。

 

「たまには会いたいな」と素直に相談してみる

 

彼氏となかなか会えないという時は、彼氏にも事情があるでしょうから、それを頭ごなしに責めてはいけません。

でも、このままあまりにも会えない日が続いてしまったら精神的に辛くなってしまいますね。そんな時は、「会いたい」という感情を爆発させる前に、冷静に解決する必要があります。

彼氏に対して素直に、最近なかなか会えないという話を持ち出し、「できたらタマには会いたいんだけどどうかな?」と相談してみましょう。

この時、ワガママをぶつけるような感情的な言い方をすると逆効果です。あくまで、冷静に相談をもちかけるような形で話しましょう。

そして、彼が提案してくるものを聞きながら、「この状況をどうすrべきか」を彼氏と一緒に解決しましょう。

スポンサーリンク


メールやLINEを使い、コミュニケーションを絶やさないようにする

 
なかなか彼氏に会うことができないようなら、メールやLINEなどの連絡ツールを上手に使ってみましょう。

あくまで「しつこくない程度に」ではありますが、メールやLINEで、彼氏とのコミュニケーションを絶やさないようにし、2人の絆を確かめるようにしましょう。

あまりにも接点がなさ過ぎる状況は、愛情を冷めさせることに繋がります。なので、会えなくても、どこかに接点を作っておく必要があります。

そして、メッセージツールで話が盛り上がれば、「じゃあ、次は会おうか」という話になってきます。
 

彼氏と会う頻度が少ないときは自分1人で過ごす時間も大事にする

 
彼氏となかなか会えない時こそ、自分磨きのチャンスです。普段は彼氏のことが中心になっているのであれば、一旦それを横に置いておき、会えない時にこそ、努力して女っぷりを上げましょう。

彼氏と会えない時にこそ、女っぷりや内面をどう成長させられるかが試されるのです。なので、「これは神様からの挑戦状だ」と前向きに受け止め、自分を成長させる努力をしましょう。

そして次に彼氏に会った時、惚れ直される女性になっていたいものです。
 

彼氏と会う頻度が少ないときは連絡を疎かにしない

 
仕事が忙しくて恋人に会えない場合、連絡もまちまちになってしまいがちです。

しかし、忙しさにかまけて恋人からの電話やメールの着信を放置していたりすると、相手に不安や不信感を与えてしまいかねません。

疑い深い相手ならば「仕事で忙しいと言いながら、実は浮気してるのでは?」など、あらぬ疑いをかけられてしまう恐れもあります。いくら忙しくても、なるべくこまめに連絡は取るように心がけましょう。

また、連絡が取れなくなってしまう時間があるならば、事前に伝えておくことで相手の不安感を少しでも和らげてあげることも大切です。

スポンサーリンク


電話よりも顔を合わせて話す

 
忙しい中でも、少しだけでも良いので出来る限り会って会話する時間を作りましょう。

会う頻度が少ないせいで心のすれ違いが起きてしまいそうな時、直接お互いの顔を見て会話することが何よりも大事です。

また、ネットワークが普及している現代、顔を見ながら話せるチャットもありますので遠距離の方にはそちらをおすすめします。

「別に電話でも良いじゃない」と思われるかもしれませんが、顔を見ながら会話することで得られる安心感には到底敵いません。

万が一、電話の後ろから女の人の声が聞こえてきたら…例えテレビの音だとしても不安になってしまいますよね。また、相手が浮気などをしていた場合、実際に顔を合わせて話すことで嘘を見抜くきっかけにもなります。
 

不満をぶつけ過ぎない

 
相手の忙しさが原因で会う頻度が少ない場合、「もっと会える時間を作れないの?」などと、不満をぶつけたくなります。

しかし、相手だって会えるものならあなたにもっとたくさん会いたいのです。そして、自分のせいでさみしい思いをさせてしまっていることを申し訳なく思っているはずです。

そのことに負い目を感じているとはいえ、会う度に不満を言われ続けるとさすがに相手だって逃げたくなってしまうもの。

つい不満を言い過ぎてしまいそうになるのをぐっと堪え、広い心で相手の現状を理解してあげましょう。
 

彼氏と会う頻度が減ったら危険サイン

 
いかがでしょうか。

いきなり彼氏と会う機会が少ない状態が続くと言ったことは、あまりありませんよね。

もちろん当初は、彼氏と会う頻度も多く、毎日楽しく過ごしていたはずです。しかしそれがいつしか月に2回となり、月に1回となって会う頻度が少なくなっていきます。

そうなってしまう前にできるだけ早めに対処しておくことをおすすめします。一度どちらかの気持ちが冷めてしまったり、離れてしまうと修復することは難しくなってしまうからです。

会う頻度というのはお互いの気持ちを表すバロメーターのようなものなので、できる限り一定の頻度で会うように心がけましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク