お腹痩せダイエット・エクササイズのやり方9つ

あなたはたるんだお腹を引き締めたいと思っていないでしょうか。

たるんだお腹をほったらかしたままだと、もとに戻すのは困難になりますし、取り返しの付かないことになります。

今すぐにでもお腹をダイエットしなければいけないのですが、闇雲にやったとしても必ずしも効果が出るわけではありません。

そこで今回はお腹痩せダイエット・エクササイズのやり方についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


お腹痩せダイエット・エクササイズのやり方

 

体脂肪はお腹まわり優先で落とすことができない

 

スカートをはくときに、同じサイズなのに気が付けばウエストがきつい…そんなお腹まわりが気になる人は多いでしょう。

お腹まわりをスッキリさせるためにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは「体脂肪を落とす方法」があります。

体脂肪はお腹だけでなく、全身にまんべんなくついています。

お腹周りが気になる人は、二の腕のタプタプも気になっているのではないでしょうか。

残念ながら体脂肪はお腹から優先的に落とすことはできません。

食事や運動で全体的に減らしていくしかないのです。

もどかしくても確実に成果がありますので、食事制限や有酸素運動を頑張りましょう。

 

内臓脂肪を落とせばお腹まわりがすっきりする

 

体脂肪はお腹優先で落とせません。

しかし「内臓脂肪」は別です。

内臓脂肪とは内臓の隙間にたまってしまった脂肪のことをいいます。

体脂肪よりも健康に良くない脂肪なので、ためてしまうと危険です。

でも内臓脂肪は食事制限や有酸素運動をすると、「すぐに落ちてくれる」と言う特徴があります。

体脂肪を落とすためのダイエットやエクササイズで、最初に落ちるのは内臓脂肪なのです。

内臓脂肪のある場所は、お腹の中ですので、内臓脂肪が落ちるとお腹まわりがすっきりします。

結果的に体脂肪を落とすためのダイエットやエクササイズの成果が最初に出るのは、お腹まわりということになります。

スポンサーリンク


腹筋運動でお腹まわりを引き締めよう

 

全体的に体脂肪を落として、内臓脂肪を落としていけば、お腹周りはすっきりします。

さらにすっきり感を増すためには、腹筋運動をしてお腹まわりの筋肉を鍛えましょう。

筋肉がきゅっと引き締まれば、筋肉についている脂肪もきゅっと引き締まって見えます。

すると憧れの「くびれ」が誕生します。

くびれがあると、少しくらい脂肪がついていても、見た目が素敵です。

基本の腹筋運動「クランチ」を10回ずつ、3セットしてみましょう。

きついと思ったら5回2セットでも効果があります。

運動後に引き締め具合を大きな鏡でチェックすると、モチベーションが続くでしょう。

 

体をしっかりねじってエクササイズ!

 

お腹痩せダイエットをしたい場合に効果的なエクササイズ方法は、とにかくウエスト周りをねじるエクササイズをしてみましょう。

よくラジオ体操などで有るような体操を続けても効果的でしょう。

毎日数セットを暇な時に続けていれば、体をひねったりねじったり、曲げたり伸ばしたり、色々な運動が組み合わさっているのでお腹周りの筋肉もしっかりと使うようになっているので体をねじるエクササイズが思い付かない場合にはラジオ体操でもしてみると良いでしょう。

お腹周りを痩せさせるためには、毎日続けて見る事が大切になるので、しっかり汗を掻くまで続けてみましょう。

スポンサーリンク


ダイエットティーを飲んでお腹すっきり!

 

お腹痩せをしたい場合には、ダイエットティーを飲んで寝ると良いでしょう。

おすすめのダイエットティーは「フィットネ」というダイエットティーで、これを数日続けて飲んでいればお腹周りの脂肪が随分とすっきりしてくるはずです。

ただ、このダイエットティーはとにかくよく効くのでなるべく夜寝る前に飲む、そして翌日用事のない日等に飲むようにしましょう。

飲んでから数時間後にはトイレに行きたくなり、人によりますが翌日も効果が続いている場合が有るのでなるべく予定のない日に飲むようにしてみましょう。

その他のダイエットティーでも夜に飲む方が効果的なので、夜寝る前に飲んでお腹まわりをスッキリさせましょう!

 

甘い物は食べないようにしよう!

 

お腹痩せダイエットで効果的なのは、どんな甘い食べ物もお腹がスッキリするまでは食べるのはよしましょう。

例えばコーヒーに砂糖を入れていたら砂糖は入れないとか、ケーキ等はお店で買って食べていたのなら手作りケーキに切り替えて砂糖を分量の半分の量で作ってみたり、砂糖の代わりに甘味料として蜂蜜を使ったりしてみましょう。

甘い物が食べたくなったらお菓子ではなく果物、またはドライフルーツを代わりに食べるようにすると良いでしょう。

こうして甘い物を普段の生活で摂取しなくなるだけで、1ヶ月もすればお腹の周りが引き締まってくるのを感じられるようになるでしょう。

スポンサーリンク


常にお腹をひっこめること

 

お腹痩せに大切なのは、常にお腹を意識すること。

1週間にに1回筋トレするよりも、1日に30分有酸素運動をするよりも、1日中腹筋を意識した方が引き締め効果は高いからです。

方法は簡単で、下っ腹をひっこめるように力を入れるだけ。

ゆったりした洋服だとついつい腹筋が緩んでしまいますから、あえてピッタリとフィットするようなトップスを着るといいですよ。

ゆるんだお腹が目に入るから、自然と腹筋にも力が入ります。

腹筋を意識する生活を1週間続けてみてください。

明らかに腹部が引き締まってくるのを見た目で実感するはずです。

 

左右にお腹をひねるエクササイズ

 

お腹の筋肉は、使わなければたるんでいく一方です。

普段運動する機会がない、座りっぱなしのことが多い、同じような生活の繰り返し、家の中にいることが多いという人は、要注意。

お腹周りの筋肉が使えていないせいで、たるんでいるかもしれないからです。

普段使っていない筋肉を意識してあげるためにいいのは、左右にお腹をひねるエクササイズ。

ラジオ体操でも、左右にひねる体操がありますね。

あの体操をイメージするような感じで、手をブランとさせて左右にひねってあげましょう。

そうすることで、普段は使わない左右の筋肉をシェイプアップできるので、ウエストラインが綺麗になります。

スポンサーリンク


腹筋運動は途中までがポイント

 

お腹痩せの定番運動と言えば、腹筋運動。

寝た状態から上体を起こすというスタイルが一般的ですね。

けれども、寝た状態からしっかりと上体を起こしてしまうのは、腰に大きな負担がかかるうえ、思っているよりも腹筋に強い力がかかりません。

お腹を効果的に引き締めようと思うのなら、上体を起こしきらずに途中で止めることです。

イメージとしては、おへそを覗き込むような感じ。

そうすることで、腹筋のコアな部分にまで働きかけることが出来ます。

実際にやってみると、上体を起こした腹筋運動よりも、筋肉に効いているのが実感できるはず。

 

お腹痩せダイエット・エクササイズのやり方のまとめ



  • 体脂肪はお腹まわり優先で落とすことができない
  • 内臓脂肪を落とせばお腹まわりがすっきりする
  • 腹筋運動でお腹まわりを引き締めよう
  • 体をしっかりねじってエクササイズ!
  • ダイエットティーを飲んでお腹すっきり!
  • 甘い物は食べないようにしよう!
  • 常にお腹をひっこめること
  • 左右にお腹をひねるエクササイズ
  • 腹筋運動は途中までがポイント

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク