温和な性格の人の6つの特徴とは?

温和な人とは、性格的に争うことが苦手で、優しい、大人しい人のことです。

そしてそれだけでなく、人に対して温かく振る舞うことができるため、温和と言われています。

そんな温和な人は多そうで意外に少ないものですよね。

そこで今回は温和な性格の人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


温和な性格の人の特徴

 

言動に感じられるゆとり

 

あらゆる言動にゆとりが感じられる人は、周囲に対して温和な印象を与えます。

たとえ何かに追われて忙しい時であっても、せかせかと動き回るのではなく、落ち着いて余裕を持って行動を取ることができるのです。

温和な人が発する言葉の特長としては、ネガティブな言葉が極めて少ないという点が挙げられます。

人の意見を受け入れる寛容さ、包容力を持っていて、頭ごなしに他者を否定するようなことはしません。

自分の意見を主張する際にも、上から目線で物を言うのではなく、低姿勢で控えめに意見を述べます。

自分の思い通りに物事が進まなかった時であっても不平不満を漏らしたりせず、異なる考え方や意見を受け止められます。

人の悪口を言わず、物事のプラスの面を見つめられるのは、温和な人の優れた特長です。

些細なことでイライラしてストレスを溜め込むことなく、上手に気分を切り替えて精神状態を安定させることができるので、いつも穏やかな印象を周囲に与えています。

温和な人は、ひとつの物事にこだわり過ぎず、客観的に物事を見つめることができる冷静さを持っているのです。

 

場の空気を和ませることができる存在

 

温和な人は、いかにすれば心地良い空間、快適に過ごせる場が作れるかを考える力に長けています。

いつもにこやかに微笑んでいて、周囲をホッと和ませてくれる存在です。

その人がいるだけで、空気感が和らぎ、場が温かい雰囲気に包まれるのです。

初対面の人やそれほど親しいわけではない人に対しても、明るく接して、緊張を解きほぐしてくれるので、老若男女問わず、幅広い世代から親しまれる存在となっています。

職場やサークルでは、癒し系の存在として愛されていることが多いのが特長です。

基本的には穏やかで、感情の起伏が激しくはないのですが、決して感情に乏しい訳ではありません。

温和な人は、常識を弁えていて、周囲が驚いたり、不快に感たりしない程度に、感情表現をしています。

楽しいことがあれば、明るい笑顔を見せますし、皆と一緒にワイワイ盛り上がったりもできます。

悲しさや寂しさに対しても敏感で、周りに落ち込んでいる人がいた時などには、優しく声を掛けたりできます。

その場の空気を読み、その時々に適した言動を的確に判断して、柔軟に対応できるのは、温和な人ならではの優れた点のひとつです。

スポンサーリンク


周囲と良好な人間関係を築ける力

 

温和な人は、言葉の選び方が上手な人でもあります。

人に対して何かを注意する必要がある時でも、感情的な言い方ではなく、分かりやすく筋立てて穏やかに説明するので、相手に対して圧迫感や威圧感を与えることがありません。

また、相手の美点を褒めたり、相手を励ましたりする時には、気持ちが相手の心にまでしっかり届く言葉を選んで伝えます。

同じ内容のことを話すにしても、選ぶ言葉次第で、伝わり方が異なってくることを知っていて、相手にメッセージが正確に伝わる言葉を選ぶことができるのです。

仮に話す内容を沢山抱えている時でも、相手が聞き取りにくいぐらいのスピードで早口でまくし立てることなく、穏やかな口調を守って話すことができるのも、温和な性格の人の特長です。

人間関係をいかに円滑にするかを考えて行動を取れる温和な性格の人は、ストレスの多い社会にあって、ストレスを軽減して生きる術を身につけている人でもあります。

温和な人は、全面的に賢明さを押し出しているわけではありませんが、優れた人間性を持ち、生きていく上で必要な知恵を持っているのです。

 

感情が安定している

 

温和な性格の人は基本的にやさしい笑顔をしているものですが、その表情のイメージのとおり、心の中も大変に安定しています。

もちろん、人間である以上、怒りなどのマイナスの感情を抱くことはあるでしょう。

しかし、温和な性格の人は、そうしたマイナスの感情を抱く頻度がふつうの人よりも少ないという特徴をもっています。

また、まれにそうした感情を抱くことがあったとしても、温和な性格の人が抱く悪感情はあまり強いものではないため、自分の心の中で処理することがむずかしくありません。

そのため、たとえ不快な感情を持ったとしても、それを表に出すことはしないのです。

温和な性格の人は、ほとんどの場合、穏やかな表情を見せているものですが、それはムリをして作っているわけではありません。

心理的に安定しているために、自然に穏やかな表情になると考えていいでしょう。

ふつうの人ならイライラしたり、カリカリしたりするような状況にあっても、不快を感じることが少なく、感じたとしてもその感情が弱いために、自然に穏やかな表情を保つことができるというのが、温和な性格の人の大きな心理的特徴ということになります。

スポンサーリンク


人のミスや失敗を許してあげられる

 

「温和な上司」と聞いて、どんな上司像を思い浮かべるでしょうか。

おそらく多くの人が、「部下に対して寛容な上司」をイメージするのではないでしょうか。

部下が何かミスをしても、頭ごなしに怒鳴りつけたり、厳しくしかることはせず、やさしく部下を指導する上司というイメージです。

このイメージこそ、温和な性格の人の大きな特徴と考えていいでしょう。

人がミスをしたり、失敗をしたりしても、それを許してあげられるというのが、温和な性格の人の特徴なのです。

身近な例をあげましょう。

たとえば、人と待ち合わせをして、相手の勘ちがいや記憶ちがいによって、長時間外で待つ羽目になったとしましょう。

しかも、その相手と連絡がつかない状態だった場合、遅れて現れた相手に対し、「なぜ遅れたのか。どうして遅れるという連絡をしてこないのか」と問いただし、「許せない」と感じる人が多いにちがいありません。

しかし、温和な性格の人は「人間は誰でも、勘ちがいしたり、記憶ちがいすることがあるものだ」と考え、「連絡できないこともある」と、相手を許してあげることができるのです。

「自分だってミスや失敗をして人に迷惑をかけることもある」という認識から、相手に対して寛容に接することができるのが、温和な性格の人の特徴ということになるでしょう。

 

話し方で人を癒すことができる

 

温和な性格の人は表情がおだやかであると同時に、話し方も大変におだやかでやさしいという特徴を持っています。

人と話すときに耳障りな大声を出したり、きつい言葉づかいをするということがありません。

耳に心地よい声量で、静かにおだやかに話すのです。

たとえば「早口で声の大きな人」をイメージしてください。

そういう人と話をしていると、時には「うるさい」と感じてしまうこともあるでしょう。

つまり、早口で声の大きな人は、話している相手を不快にさせてしまうことがあるわけです。

温和な性格の人の話し方はちがいます。

適度なボリュームと、ゆっくりめなスピードで話すため、相手を疲れさせたり、不快にさせたりすることがありません。

それどころか、そのおだやかな話しぶりによって、相手の気持ちを癒すことができるのです。

「あの人と話していると、なんだか気持ちが安らぐ。癒される」という人がいるものです。

そういう人は、温和な性格の持ち主と考えていいでしょう。

逆に言うと、温和な性格の持ち主でなければ、話している相手の心を癒すような話し方をすることはできません。

話し方で相手を癒すことができるのが、温和な性格の人の特徴の一つなのです。

 

温和な人の特徴はわかりやすい

 

いかがでしょうか。

温和な人はやはり見た目からして特徴的です。

人の性格はやはり顔にでるものでしょう。

他にも、ちょっとした態度や振る舞いでも温和な人かそうでないかは一目瞭然です。

温和な人は人からの警戒心を解きやすいので、そういった部分に注目してみると色々発見できることでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク