初恋の人に会いたいと思う瞬間4つ

初恋の人に会いたい・・・なんて気持ちになったことはありませんか?

誰にでも初恋の思い出はあるでしょう。

しかし、大人になれば、ふだんはまったく初恋の思い出を忘れている人がほとんどなはず。

それが何かの機会に記憶がよみがえり、無性になつかしくなって、「初恋のあの人は今頃どうしているだろう。会ってみたいな」と感じることがあります。

では、どういうきっかけでそうなるのか。

そこで今回は初恋の人に会いたいと思う「とき」を、ご紹介しますのでぜひあなたのケースと同じかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


初恋の人

 

今の人生について強い不満を持ち、後悔したとき

 
最初にあげられるのが、今の人生に後悔したときです。

もし現在の自分、今ある環境、実際に経験している人生に大満足しているなら、そもそも初恋の人のことを思い出すことはほとんどないでしょう。

現状に満足している人は、多くの場合、過去を振り返らないものです。

また、もし振り返ったとしても、ことさら初恋の人に思いを寄せて「会いたい」などと考えることはないでしょう。

逆に言うと、現状に満足していない人は、実にしばしば過去を振り返り、「あのころは楽しかったなあ」などと思い出を反芻するものなのです。

その思い出の中でも、特に魅力的なのが「初恋」。

そこで、「もし、あの初恋の人と結ばれていたなら、自分は今とはまったく違う人生を歩んでいたにちがいない。

そして、それはおそらく今よりは幸せな人生だっただろう」と想像するのです。

つまり、「もう一つの人生」、いわゆるパラレルワールドを想像したとき、初恋の人がことさらいとおしく感じられ、「会いたい」と強く思うわけです。

人生の難局にあるとき、特に、結婚に関して「失敗だった」と感じたときに、そうした心境になると考えていいでしょう。
 

引っ越しや大掃除で、初恋の人の写真と思いがけず再会したとき

 
そのように、こちらの精神状態に特別な問題がなくても、初恋の人に会いたいと思う「とき」はあります。

もっとも多いのが、たまたま初恋の人の写真と再会したときです。

たとえば、引っ越しをするために荷物の整理をしていて、ふだんまったく開けることのない箱や戸棚の奥などから、昔の写真アルバムが出てくることがあります。

すっかり忘れていた古い写真。思わず「なつかしい」と目を輝かせ、作業の手を休めてそのアルバムのページをめくるという経験をした人は少なくないでしょう。

そして、その中に、もっともなつかしい初恋の人の写真があれば、男女を問わず「胸キュン」になるにちがいありません。

それほど、初恋はだれにとっても特別な経験、せつない思い出なのです。

そんなせつない写真とめぐり合えば、「この人に会いたい」と思うのが自然な感情、ごく当たり前の人情といっていいでしょう。

引っ越しのときだけでなく、大掃除のときなども、そうした思いがけない再会を経験することがあります。

思い出の中の初恋の人、写真のその人は永遠に年を取りません。

ですから、よけいに恋しく思われるのです。

スポンサーリンク


友人などと話していて「初恋は?」という話題になったとき

 
また、友人などとの話の中で、たまたま「初恋は?」という話題になることがあります。

そうした機会はかなり稀なはずで、なかなか「初恋」が話題になることはないでしょう。

それだけに、何年ぶり、あるいは何十年ぶりに「初恋」を思い出すことになるのです。

「初恋は小学校5年生」と即答できる人もいるでしょうが、「初恋って、いつだっけ?」と首をひねる人も少なくないでしょう。

即答できない人でも、必ず答えは出せるはずで、そうなると、忘れていただけにかえって、いっそう貴重な思い出のように感じられるものなのです。

そして、「どんな顔になっているのかな。ちょっと怖いけど、会ってみたいな」と考えるというわけです。
 

リタイアし、人生の振り返りをしているとき

 
高齢化社会の日本では、リタイア後の生き方が大変大きな人生のテーマになっています。

そして、どんなセカンドライフを選ぶにしても、リタイアした人が必ず経験するのが「これまでの人生の振り返り」です。

なんとなく頭の中で振り返る人が多数派ですが、「自分史ノート」のようなものを作る人も少なくありません。

中には自費出版で「自分史」を上梓するという人までいます。

そうした振り返りをしたとき、特に自分史ノートや本を出版するときに、子供のころのなつかしい思い出、思春期の甘酸っぱい経験としてよみがえってくるのが「初恋」です。

人間は高齢になると、かえってロマンティックな感情が強くなり、そうした領域を好む傾向があります。

ですから、そうしたきっかけで初恋を思い出すと、若いころよりもむしろ強く、初恋の人のことを考えるものなのです。

そして、「あの人は今、どこでどうしているのだろう。健在であるなら、ぜひ生きているうちに会ってみたい」と考えます。

人生の終盤に入ったからこそ、よけいに「今、会っておきたい」という気持ちになるのです。

これは、最初に紹介したケースと違い、大変幸せな動機、ポジティブなきっかけと言っていいでしょう。
 

初恋の人が夢に出てきたら会いに行こう

 
いかがでしょうか。

人間は長い人生の中で突然夢に出てくるなどして、何度か「初恋」を思い出します。

そして、かなりの割合で「初恋の人はどうしているだろう」と考え、「会いたい」と思うものなのです。

あなたも今、初恋の人に会いたいと思っているのではないでしょうか。

つまり、あなたにとって「いま」が、初恋の人に会いたいと思う「とき」なのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク