男女の恋愛観の違い8つ

どんなに好きで付き合ったとしても、価値観や考え方の違いで、必ず何度かはぶつかるのが恋愛です。

こうなってしまう原因には、「男女の恋愛観の違い」が大きく関係しています。

男と女は、元々違う生物なので、どうしても恋愛においてズレが生じてしまうのです。

では、そのズレをきちんと理解するために、男女の恋愛観の違いを具体的に御紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


女子ウケするファッションのポイント

  • 男性は減点主義・女性は加点主義
  • 男性は熱しやすいが、女性は熱しにくい
  • 会えない日が長いほど恋人に会いたくなるのが男性・会えない日が長くなるともう会わなくても良いと思うのが女性
  • 恋愛感情が熱しやすく冷めやすいのが男性・愛情をゆっくり育てていくことができるのが女性
  • 1つのことに熱中してしまうのが男性・「ながら作業」ができるのが女性
  • 仕事が忙しい時は恋愛をそっちのけにしてしまうのが男性・忙しくても恋愛を忘れないのが女性
  • 愛情を行動で示すのが男性・言葉で示すのが女性
  • 悩みを1人で解決したがるのが男性・彼氏に相談したがるのが女性

 

男性は減点主義・女性は加点主義

男性は減点方式・女性は加点方式といいますが、
女性は男性と正反対の行動をとります。

女性は良いな♪と少しでも思えば、
デートに行く対象内の男性となります。

この時点で男性は減点方式・女性は加点方式であることが、
良く分かります。はじめのハードルが低く設定されているのです。
許容範囲が60点くらいだとするボーダーの50点台でも、
デートが成功する可能性も全然あります。

女性は少しずつ男性の良いところを見つけていき、
加点していく傾向があるのでデートを重ねて行くうちに、
段々と好きになって行くというパータンも大いにありえるのです。

男性は減点方式、女性は加点方式…
女性にとってはデメリットばかりですが、
男性はデートで逆転できる可能性があるというわけです♪

出典 男性は減点方式・女性は加点方式(女性の逆転は難しい)

スポンサーリンク


男性は熱しやすいが、女性は熱しにくい

男性の恋愛感情は一瞬でピークレベルまで盛り上がるのが特徴的です。 主に視覚情報で目の前の女性の好き嫌い(アリかナシか)を瞬時に判断して もしストライクゾーンの範囲内であれば、その日のうちに一晩ベッドで 一緒に過ごしたいと思う。 男性は、女性と寝るためには、どんなキザなセリフや褒め言葉も吐けるし嘘をつくことだってある。 初対面や付き合って日が浅い女性とホテルに入る時、 男性は必死で女性を誘い出そうと頭がフル回転している。 恋愛感情が一気に沸点まで盛り上がっているのです。

出典 恋愛観、結婚観の心理、男女の違いとは

女性は初対面の異性に対しては一目惚れでもしない限り 大抵は興味関心もあまりなくなんとも思っていない。 女性の恋愛感情はじっくりと時間をかけて育っていく特徴がある。 そして付き合いが長期的になるにつれて、最終的には男性以上に恋の炎が盛り上がるケースが多い。 出会ったばかりの頃は、男性からのデートの誘いに 、面倒くさいけど仕方なく付き合っている面もあったのに、 親密な関係になってくると女性の方から誘って欲しいと思い始める。 また、女性は男性と一度寝ると、その男性に対して情が湧き、極端に惚れこんでしまいやすい。

出典 恋愛観、結婚観の心理、男女の違いとは

会えない日が長いほど恋人に会いたくなるのが男性・会えない日が長くなるともう会わなくても良いと思うのが女性

仕事が忙しくてなかなかカレと会う時間がない・・。
こんな日が続くと、女性は次第に『会いたい』という気持ちが薄れていく生き物です。
しかし男性は正反対。
会えない日が続くほど『会いたい』と強く思うようになるのです。

出典 もっと恋愛上手になれる!男女における恋愛観の違い

何らかの事情で恋人に会えない日が続いてしまった時、男女によって、気持ちの変化に違いがあります。

男性は、会えない日が長く続くと、恋人に会いたいと思う気持ちがどんどん大きくなってしまいます。

男性は、恋人と距離があるということに耐えられないのです。

ところが、女性はその反対です。

女性は、恋人に会えない日が続くと、「もう会わなくてもいいかな」という気持ちになってしまいます。

言ってみれば、女性の方がドライであると言えます。

そのため、会えない日が長く続くと、そのまま恋愛関係を自然消滅させても抵抗を感じないのが女性、何とかして関係を修復しようと奮闘するのが男性であるということも言えます。

スポンサーリンク


恋愛感情が熱しやすく冷めやすいのが男性・愛情をゆっくり育てていくことができるのが女性

 
男性の恋愛感情は、基本的に短期決戦です。

いきなり恋愛感情が高まり、情熱的になります。

しかし、脈なしとわかったり、相手に対しての興味を失ったりすると、気持ちが冷めていくのも早いのです。

そして、すぐに次のターゲットを見つけることができてしまうのです。

しかし、女性の恋愛感情は長期型です。

じっくり相手を知りながら向き合い、愛情を少しずつ育てていくことができるのです。

そのため、1人の人をじっくり好きになることができるのです。
 

1つのことに熱中してしまうのが男性・「ながら作業」ができるのが女性

 
男性は1つのことにしか集中できません。

何かに熱中している時に話しかけられたりすると、途端に機嫌が悪くなるという背景には、このことが関係しています。

目の前のことに集中するのに精一杯なので、余計な横槍を入れられると、どうして良いかわからなくなってしまうのです。

しかし女性は、複数の作業を同時進行させることができます。

なので、1つのことにしか集中できない男性の事情を、なかなか理解しづらいのです。

よく、「TVを見ている男性に話しかけたら喧嘩になった」という話は、こういった男女の感覚の違いが原因になっています。

スポンサーリンク


仕事が忙しい時は恋愛をそっちのけにしてしまうのが男性・忙しくても恋愛を忘れないのが女性

 
男性は、自分の仕事というものにプライドを持っている生き物です。

そのため、仕事が忙しい時期は、恋人をほったらかしてでも仕事に集中する、という傾向があります。

又、仕事が忙しいと、平気でデートをドラキャンする人が多いのも、男性の特徴です。

「仕事が忙しくなると彼氏が構ってくれなくなる」と嘆く女性が多いのはこのためです。

しかし、女性が考えている以上に、仕事というものは、男性にとっての聖域なのです。

その一方で、女性は、どんなに仕事が忙しくても、恋愛をそっちのけにすることはありません。

むしろ、忙しい時ほど彼氏と会って、ストレス解消したいと思ってしまうのです。

恋愛の楽しみがしごとの原動力になる、というのが女性です。
 

愛情を行動で示すのが男性・言葉で示すのが女性

 
男性は基本的に、好意や愛情を言葉にすることが苦手です。

そのため、「彼氏がなかなか『好き』と言ってくれない」と嘆く女性が多くなります。

しかしその代わり、男性は、愛情を行動で示します。

例えば、「仕事が忙しいのに、わずかな時間でも彼女に会いに行く」「そっけない文章であっても、メールやLINEの返事をきちんと送る」といった行動が、男性からの愛情の証なのです。

しかし、女性は愛情を言葉で示すことがほとんどです。

「好き」という言葉を何度も発するのは女性であることがほとんどです。

スポンサーリンク


悩みを1人で解決したがるのが男性・彼氏に相談したがるのが女性

 
悩み事が生じたりすると、男性は基本的に、1人で解決するという方法を好みます。

なので、彼女から「どうしたの?何かあった?」などと口を挟まれると、途端にうっとおしく感じてしまうのです。

なので、彼氏が悩んでいたら、しばらく放っておくのが得策です。

ところが、女性は違います。

女性は悩み事を1人で抱え込むのが苦手なため、彼氏に相談したがる傾向があります。

アドバイスを求めて相談する場合・ただ話を聞いてほしいだけという場合、2通り存在します。
 

恋愛観の違いを理解してコミュニケーションをとろう

 
いかがでしょうか。

男女は、基本的に脳の構造が違うため、そこから価値観のズレが生じると言われています。

生物学的なものなので、相手を自分の思うように無理矢理変えることは、もはや不可能です。

それよりも、男女の違いをきちんと理解し、その違いを上手に使って、お互いの欠点を補い合うような交際ができれば、意味の深い恋愛関係になります。

違いを受け入れ、お互いをリスペクトすることが大切なのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク