復縁の可能性をアップさせる方法9つ

復縁をしたい相手がいたら、その可能性を少しでも上げたいと思うものですよね。

1回別れてしまったけれど、どうしても復縁したいという気持ちが強いと、心ばかりが焦ってしまうのではないでしょうか。

しかし、焦って下手な行動に出てしまうと、かえって嫌われたり避けられたりするため、逆効果になってしまいます。

まずは落ち着いて方法を探ることが必要です。

では、復縁の可能性は、どうやったら広がるのか。

今回は復縁の可能性をあげる方法について、具体的な方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


復縁の可能性を上げるためには

 

復縁を伝える前に、別れた理由をはっきりさせる

どうして自分が振られたのか正確に理解する。

彼の言葉を鵜呑みにせず、どうして振られたのかを正確に理解する事が復縁には不可欠だ。

それが分かれば、どうすればよいかが自然に見えてくる。

出典 復活愛(復縁の可能性を上げる方法) vol.1

 

原因を理解しておかないと、また同じことの繰り返しになってしまいます。

そうなってしまうとお互いが不幸になるので、別れてしまった原因や理由を自分の中で認識しておきましょう。

 

復縁の可能性をアップさせたいのなら焦らないこと

 

今すぐ復縁しようとせず、長い目でみる事。

今すぐ復縁しようと焦る事は、復縁の可能性を減らすと僕は考えている。

出典 復活愛(復縁の可能性を上げる方法) vol.1

 

復縁したい相手と、何とか友達にまでは戻れたけれど、そこから先に進めないということに悩む人も多いようです。

しかし、ここで焦っては努力が水の泡です。

焦って自分の気持ちをアピールし過ぎないことも、復縁の可能性をあげる成功のカギです。

「まずは友達から始め直す」くらいに割り切ることがポイントです。

そもそも復縁という行為はハードルが高く、実現できたとしても、非常に時間がかかるものなのです。

そこをきちんと踏まえた上で、時間をかけながら相手との距離を気長に縮めることが大切です。

少しずつの前進でも良いので、粘り強く時間をかけることが、成功への近道です。

スポンサーリンク


一定期間は1人でじっくり考え、本当に相手のことを大切に思っているのかどうかはっきりさせる

 

復縁したいという気持ちが果たしてどこから来ているのか考えてみましょう。

焦らずに、1~2ヶ月くらいの一定期間は、自分の気持ちにじっくりと向き合ってみてください。

「復縁したい」という気持ちがただ単に、「恋人がいないという状態が淋しいから」という理由であれば、残念ながら復縁の可能性は低いでしょう。

「自分1人の淋しさを埋めてほしいから復縁したい」というのは、あまりに身勝手な事情であり、相手もまた傷つくことが目に見えているからです。

なので、「復縁したい相手が、本当に自分にとって大切な存在なのかどうか」ということをポイントにして考えると良いでしょう。

又、考える時は、必ず1人で考えましょう。

下手に友達などのアドバイスを求めたりすると、アドバイスする側の主観や感情が入ってしまうため、混乱の原因になり、いつまで経っても良い結論は出てきません。

大切なのは、あくまで「自分が、相手にどれだけ愛情をもっているか」という気持ちと誠意です。

 

復縁したい相手に「久し振り、元気?」という短いメールやLINEを送ってみる

 

復縁のための行動第一歩は、相手に連絡を取ることからです。

しかし、いきなり復縁の話を持ち出してはいけません。

メールやLINEで「久し振り、元気?」といった、挨拶に近い短いメッセージを送ってみましょう。

そして、相手からの反応を見てみます。

ここで返事がもらえなかったとしても、しつこく何件もメッセージを送ってはいけません。

あくまで、「短いメッセージに対する反応を見る」というのが目的です。

前向きな返事が返ってきたら、まずは「気軽な友達同士」がするコミュニケーションから始めて、徐々に距離を縮めていきましょう。

全く返事がない場合は、次のメッセージを送るまで、何ヶ月か冷却期間を置いた方が良いでしょう。

スポンサーリンク


復縁の可能性をあげるには、タイミングが重要

 

振られた後、復縁することのメリットを今一度、きちんと理解してください。

復縁にはタイミングが大切とはよく聞くと思いますが、タイミングは自分でつかみ取るものです。

正確なイメージを持ち、冷静に、相手の気持ちが今どこにいるのかを理解して正しく行動してください。

そうすれば、復縁の確立はあるとき飛躍的に高まり、相手から返ってくる気持ちも困難があっただけ大きくなるのです。

出典 振られた後の復縁の確率

 

タイミングが悪ければ、復縁できるものも、できなくなってしまいます。

焦らず、でも時間をおきすぎず、相手との距離感を大切にして、タイミングを見計らうようにしましょう。

 

復縁の可能性は別れ方で全く違う

 

別れた後に「付き合えて良かった」と思える二人だった場合は、別れた直後の喪失感(心にぽっかり穴が空いた感じ)は相当なものだと思われます。

そういう二人の場合は、別れて一週間から一カ月ぐらいの間に、復縁のチャンスがあると言えるでしょう。

つまり「一人になってみて相手の大切さが分かった。心も前向きになった」というタイミングで復縁しやすいのです。

出典 【復縁したいなら全部読め】 その3 具体的な指針1 – 復縁への道「復縁

 

先述は時間をおこうと伝えましたが、必ずしもそれに当てはまるわけではありません。

すぐにでも気持ちをぶつけたほうが良い方向へ転がる場合もあります。

スポンサーリンク


相手が嫌がっていたことは絶対にしないと約束することで復縁の可能性はあがる

 
「付き合っていたけれど別れた」というのには、何かしらの原因が存在するものです。

では、何が原因だったかということを、もう1度きちんと反省し直す必要があります。

特に、別れる原因となった「相手が自分に対して、嫌がっていた行動や言動」に関しては、今後絶対に行わないようにしましょう。

同じ間違いを繰り返すことになります。

「自分は相手に対して、嫌がる行為をしていなかったかどうか」と、自己分析をすることが大切になります。

これは、自分の欠点を正確に知っておくということでもあるので、友達などの助言を参考にしても良いでしょう。

 

相手の傷が癒えるまで待つ

 

復縁のことばかり考えずに「自分の人生を生きる」ということは、相手の罪悪感軽減にとても重要なことです。

自分の人生が充実しておらずに復縁のことばかり考えて生きている人が、魅力的であるはずがないでしょう。

友達と楽しく遊んだり、傷が回復して多少は余裕が出てこないと、相手は復縁したいと思えないのです。

出典 【復縁したいなら全部読め】 その3 具体的な指針1 – 復縁への道「復縁

スポンサーリンク


復縁話を切り出す時は感情的にならず、誠意をもって会話する

 

いざ相手に復縁の話を持ちかける時は、「冷静に・誠実に」ということが最大のポイントです。

感情的になって泣きながら復縁を迫ったり、しつこく復縁を迫ったり、というような行為は、復縁どころか、相手から完全に嫌われます。
あくまで冷静に話すことが大切です。

「ダメならば潔く諦める」くらいの覚悟を持たないと、かえって成功は難しくなります。

また、復縁を切り出す際は、相手の目を見ながら、自分の言葉をきちんと誠意をもって伝えましょう。

もしかしたら、告白以上に勇気がいるかもしれませんが、ここで相手から目をそらしてはいけません。

自分が真剣であること・心の底から相手を大切に感じていることをわかってもらうためにも、まっすぐ向き合って気持ちを伝えましょう。

 

復縁の可能性がないケースも良くある

 

他に好きな人がいる。あるいはできた。

考えたくないことかもしれないけれど、その可能性も否定できないわ。

他に好きな人ができたって、正直にアナタに言うわけがないのよ。

この場合、復縁の可能性はほぼないわ。

出典 復縁の可能性はある?3パターンから見る攻略法

 

いかがでしょうか。

復縁は、恋愛の中でも非常にデリケートなものであるため、どうしても時間を必要とします。

又、1度別れた相手ですから、軽い気持ちで復縁を迫っても、成功する可能性は低くなります。

大切なのは、焦らず時間をかけることと、自分の気持ちや相手と誠実に向き合いながら行動することです。

遠回りのように見えますが、これが1番の成功への近道です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク