元カノと別れて後悔する瞬間8つ

 
自分から振ったにせよ、元彼から振られたにせよ、男性にはついつい元カノと別れて後悔する瞬間というものがあります。

えは、いったいどのようなときに男性は後悔するものなのでしょうか。

そこで今回は元カノと別れて後悔する瞬間をご紹介しますので、あなたが後悔しているときと照らし合わせてみながらぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


元カノを後悔する時

 

久しぶりにあって綺麗になっていた時

 

たとえば偶然に街ですれ違った時、たとえば同窓会等で久しぶりに遭遇した時、そんな時に元カノがきれいになっていたら男性はすごく後悔し、他の人やプライドをそっちのけでアプローチしてきます。

単純にタイプでなかったから振った場合でももちんの事ですが、性格の不一致で別れた場合でも、この傾向は見て取れます。

どうしても元カノというのは男性にとって特別な存在で、その元カノがすごく切れになっていたら、すごく後悔してしまうものなのです。

 

元カノに新しい彼氏が出来た時

 

同じような理由から、新しい彼氏が出来ていた時にも非常に後悔する傾向があります。

いつまでも自分の事を好きでいてくれるはずだったのに、そうではなく新しい彼氏と付き合っていることが許せなくなり、いつまでも自分の元にしっかり置いておけばよかったと後悔するのです。

身勝手な話ですが、男性とはそういうものなのです。

また、別れて元カノに新しい彼氏が出来て初めて、その元カノのかわいさに改めて気づくということもあります。

ずっと好きでいたつもりでも、その元カノの本当のかわいさというものに目を向けなかった人も多いのです。

いうなれば男性は釣った魚に餌をやらないタイプが多いということです。そのせいで、別れた後で激しく後悔することになるのです。

スポンサーリンク


新しい彼女にがっかりした瞬間

 
「なんで元カノと別れてしまったんだろう」と悔やみ、「もっと大事すればよかった」と後悔する男性は少なくありません。

よほど嫌いになって「二度と顔も見たくない」という気持ちで別れたのでないかぎり、ほとんどの男性は、一度や二度は元カノのことを思い出して後悔するものだと言っていいでしょう。

では、どんな時に後悔するのか。多いのが、現在つきあっている新しい彼女にがっかりした瞬間です。

男性は恋愛をすると、最初は有頂天になり、「幸せいっぱい」という気持ちになります。しかし、時間が経つにつれて、その高揚感は小さくなり、新しい彼女に対する不満も感じるようになっていきます。

そして、「こんな女だとは思わなかった」とがっかりする。その瞬間、元カノのことを思い出し、別れたことを大いに後悔するわけです。

元カノにも悪いところ、がっかりなところがあったはずですが、その瞬間は、そうしたマイナスイメージは浮かびません。

良いところ、魅力的だったところだけが思い出されるため、「失敗した」と悔やむのです。
 

なかなか新しい彼女ができず、焦りを感じた瞬間

 
また、新しい彼女ができないときも、後悔を感じることが多いものです。

元カノと別れて以来、しばらく彼女が出来ないと、さみしさからか元カノと別れたことを突然すごく後悔する時期があることがあります。

男性はいつまでも元カノが自分の事を特別に思っていてくれいていると考えている傾向にあるので、さみしさが一定値を超えると別れたことをすごく後悔し、その後悔のもとに連絡してきて、あわよくばよりを戻そうとしてくるので、注意が必要です。

特に、「早く新しい彼女を見つけたい」という欲求が強まり、それが焦りを生んだ瞬間、元カノの面影が甦ります。

たとえば、元カノから新しい女性に乗り換え、その女性と別れてから、次の彼女ができない、というような状況のときも、乗り換えた女性のことよりも、その前の元カノを思い出し、その時の別れを後悔するというケースが少なくありません。

遠い思い出ほど美化されますから、5年前、10年前の元カノとの別れを悔いることもめずらしくないのです。

スポンサーリンク


元カノの夢を見て、目覚めた瞬間

 
元カノの夢も、後悔につながることがあります。元カノとラブラブだったころを夢で見る。あるいは、再会した夢を見て、目覚めた瞬間、「もう一度やり直したい。別れなければよかった」と感じるのです。

これも、「思い出の美化」が後悔に結びつきますが、夢で元カノの顔や声をリアルに見ているだけに、その気持ちはいっそう強くなると言っていいでしょう。

よく、なんとも思っていなかった人の夢を見て、それがきっかけで恋愛感情が生まれる、ということがあります。

「なんとも思っていなかった人」でさえそうなのですから、一時は愛しあった元カノに強い恋慕の情を抱くのは当然です。これは「夢の魔力」による心理作用と言っていいでしょう。
 

彼女との思い出の写真や物を見て思い出す時

 
女は上書き保存、男は名前を付けて保存とはよく言いますが、男は元カノの思い出の品を取っておく習性があります。

また、時間がたつにつれて、思い出が美化され、こんな時もあったのと思い出にふけっているときに別れの判断をしてしまって、本当に良かったのか、彼女以上にいい女なんているのかと後悔する男性も多いです。

今では、写真を現像するのではなく、カメラや携帯で撮った写真をPCに保存することが出来るので一度PCのゴミ箱に捨ててみたものの、やっぱり捨てられないと、またPCのゴミ箱から写真を保存して置く男性も意外と多いものです。
 

SNSなどで元カノの情報が入ってきたとき

 
別れていても、まだ自分のものだとどこか勘違いしてることが男性には多いです。

女は上書き保存、新しい恋が来るまではうだうだ考えたり、泣いたりしますが、イイ人が見つかれば元カレなんて何のこと?なんて女性は結構多いのです。

平気でSNSで彼氏と写真をアップしたり、共通の友達に平気で紹介することも悪気なんてありません。

何なら腹いせにあえて写真をアップしまくる女性もいます。

本当はまだ自分の事を好きでいてくれているのではないか、今までの二人の思い出はなんだったの?と考えているのは男性のみです。

スポンサーリンク


部屋から彼女のものがなくなったことを感じる時

 

女性は男性の部屋に自分のものを置いておくことが多いです。

一緒に荷造りするなんて、気まずくてしょうがないので、こっそり荷造りに来て、彼が戻った時には荷物がもうないなんてこともあります。

女性は彼氏の部屋に自分のものを置くことで、他の女性が来られないように無自覚にやっている場合などもありますが、別れてしまえば、荷造りしている瞬間はとても悲しいのですが、いざ終わって自分の部屋に戻してもそこまで気になりません。

ですか、彼の部屋からは物が減っていて、脳科学でも証明されていますが、男性は増えたものには鈍感ですが、減ったものに対しては違和感を女性と比べてより感じます。

 

元カノに後悔させるのは難しい

 

いかがでしょうか。

元カノと別れて後悔するときというのはよくあることですが、これは何も男性だけの感情ではありません。もちろん女性もあります。

しかし、どちらかと言えば、後悔しやすいのは男性が多い傾向があります。そして、男性自ら彼女を振ったのに、あとになってそれを後悔するというパターンが非常に多いのが特徴的です。

女性からすれば、じゃあ振るなよと思うものですが、男性特有の身勝手な心理というものでしょう。

後悔が積もり積もっていざ復縁をせまったときには、もうすでに彼女は別の男性のもの・・・という結果がオチです。

いまさら後悔しても元カノが戻ってくる可能性は限りなく低いので、次の恋愛では後悔しないように、今回のことをしっかりと胸に焼き付けておくといいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク