元旦那と復縁したい人がやるべき9つのこと

元旦那と復縁したい・・・なんてあなたは考えていないでしょうか。

あれだけ時間をかけて話し合って離婚したのに、ふと思い出すのは元旦那の顔。そんな日々が続いたらやっぱり復縁したいと考えるのは当然ですよね。

しかし、若干ハードルが高いのも事実でしょう。

そこで今回は元旦那と復縁する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


元旦那と復縁するには

 

元旦那と復縁したいなら原因を解消する

 
元旦那と復縁するために最も重要なことは『別れるに至った原因を解消すること』です。

婚姻関係と言う契約を解消し、様々なリスクを負ってまで別れることになったのには必ず原因があります。

浮気・浪費・性格の不一致・性生活の不一致など、様々な理由が考えられます。別れる際にお互いに少なくない時間の話し合いをしたはずです。

その際に発覚した『原因』を解消しなければ復縁の道は険しいと言えます。

「どうせ同じ結果になる」と思われてしまっては元も子もありませんから、まずは「100%(もしくはそれに近いレベルで)原因が解消できた」という結果をアピールすることが大切です。

一度は愛しあった仲なのですから、どれだけ仲違いしたとしても中々完全に嫌いになるということは難しいです。チャンスは十分にありますので、先ずは原因を整理し解決に向けた努力をしてください。
 

元旦那と復縁した人は信頼を回復するようにした

 
一度失ってしまった信用を回復することは簡単ではありませんが、復縁を目指すのであれば相手との信頼関係を再構築する必要があります。

愛し合った関係から一遍、お互いを疎ましく思う程になってしまったのですからその道は困難かもしれません。しかし、信頼を回復できなければまた同じ結果になる事は目に見えています。

「それほど大切な人を失った」という事を自覚し、再び幸せな生活を手に入れるために限界まで努力する事が大切です。

スポンサーリンク


恋愛対象になる

 
原因を解消し、信頼関係を再構築できたとしても『恋愛対象に見られない』ことには復縁は難しいと言えます。そこで、相手に恋愛対象として見てもらうことが必要になります。

言動・行動などを意識し、相手にもう一度行為を持ってもらう為に努力してください。

とは言え、一度相手のツボを押さえているのも事実ですから、自分自身の元々持っている魅力に相手が好意を持ってくれる可能性は非常に高いです。

後は、一度婚姻関係になった夫婦としての接し方から脱却し、『異性』としての接し方に戻すよう意識してください。

とは言え、全部が全部そうでなくてはならないと言う訳ではありません。

女性なり、男性なりの魅力を訴求しつつ、お互いに深く相手を知っていることを最大限活かすことが大切です。
 

元旦那と復縁したいならメールやLINE(ライン)などでしつこく連絡をとり続けない

 
離婚するにはそれなりの理由があるものですから、離婚直後、まだ気持ちが落ち着かないうちから連絡をとることはNGです。

特に喧嘩別れをした場合や、元旦那が自分に対してマイナスの感情をもって別れた場合には半年、もしくは1年は連絡を全く取らないことが重要です。

人を嫌ったり恨んだ感情はそう簡単にはリセットされません。時間がそのマイナスの感情を軽減させるものですから、別れて間もないうちに連絡をとると、別れた当時の感情を再び相手に思い出させることになりかねません。

まずは、元旦那の気持ちが落ち着くまで待ちましょう。

スポンサーリンク


元旦那と共通の友人と定期的にコミュニケーションをとる

 
元旦那と再び連絡をとる口実として、共通の友人の話題は自然で相手に警戒心を持たせる可能性が非常に低いと言えます。

例えば、元旦那との共通の友人を飲みに行ったりしてその友人の恋愛相談や仕事の話をしたとします。そうすると、自然と元旦那に共通の友人の話題で連絡をとることができるでしょう。

また、共通の友人の話題をネタに楽しく会話をすることで離婚する前の平和だった結婚生活の時代の感覚にタイムスリップしたような感覚で戻すことができます。

そうすると、色々な事情で別れたことより、楽しい思い出のほうが思い出されて、元旦那にいい印象をつけることができます。
 

元旦那の仕事や交友関係をそれとなくチェックする

 
元旦那と連絡をとるようになって良好な友人関係を気づくことができるようになったら、いよいよ復縁につながるようなアクションを起こすタイミングを見計らう必要があります。

元旦那が自分に対して好感を持ってくれるようになっても、友人止まりのままで、他に恋愛関係になりうる女性の存在がある場合には、すぐに行動に移しても失敗して再チャレンジしにくい状況に陥ってしまいます。

チャンスとなりうるのが、不謹慎ではありますが、元旦那が仕事や友人関係などで少しネガティブになっている時です。

男性は弱っている時に心の支えとなってくれる女性を好きになってしまう事が多くあるので、そのようなタイミングが来たと感じたら、接近するチャンスといえるでしょう。

スポンサーリンク


関係が壊れた理由を知る

 
旦那さんとの復縁を望むのならば、その関係が壊れた理由を真の意味で知ることです。

人の考えはどうしても主観的であり、自身が思っている理由と相手が思っている理由には誤差がある場合があると思います。

主観を排し、相手を慮ってもう一度考えてみる必要があります。

復縁を望む、それを申し出たとしても、理由となった部分が改善されなければ相手が承知することは難しいでしょう。自身の思い込みで、理由になったであろうことに対し、これからは直すからと言っても、これが的外れでは逆効果になり兼ねません。

もちろん、話す機会も中々ないでしょうから、相手の真意を知る事はかなり困難ではあるでしょうが、知人を介すなどしてしっかりと真相の究明にあたりましょう。
 

離れる事も戻る事も単純ではないと理解する

理由の解明について先述しましたが、実は人間はそれほど単純ではないと言う側面もあります。理由も含め、真実はもっと複雑で多様さがあるかも知れません。

また夫婦生活における崩壊は、日々の積み重ねが要因の一つになりますので、直接の原因だけが全てとは言えません。それは引き金を引いただけに過ぎないのです。

そうした複合的な理由が崩壊を招いているのですから、復縁も複合的修正の保証が必要になります。それは、そう単純なことではありませんし、大変な労苦を強いられもします。

復縁を心から望むのであれば、それらを全て受容する覚悟と勇気が必要になります。
 

昔の思い出を再現する

 
そうは言っても、一度は愛し合い、信頼し合い結ばれた二人です。旦那さんもあなたが相当な覚悟をもって復縁を望むのならば、その思いを無下にはしにくいでしょう。

悪かった部分や、原因となった部分は直す事が最低条件としても、それ以外に必要になってくるのは、振り出しに戻るということでしょう。

つまり、恋人だった時の思いをあなたが再現することが重要なのです。相手は最初は嫌がるかも知れませんが、一度は愛した相手、そうされて嫌な思いしかしないなんて事はありません。

下世話な話ですが、性的なことからスキンシップ、料理などの面で甲斐甲斐しくしてあげる事が大切でしょう。

もちろん、それは復縁後にしか出来ませんが、復縁前にだって電話やメール・LINE(ライン)などでも相手の心配をしたり、気遣ったり、恋人時代の様に振る舞うことだって出来る筈です。

女が女房になった。だから、旦那さんもあなたを女性として見做さない訳です。

あなた自身が女に戻り、恋人の頃の気持ちを取り戻し、相手にもう一度恋をする事がもしかしたら、旦那さんとの復縁への最良の道かも知れません。
 

元旦那と復縁するには諦めないこと

 
いかがでしょうか。

元旦那と復縁する方法としてまずやらなければいけないことは、離婚した原因や理由をしっかりと自分の中で理解することです。そして改善するべきところは改善することです。

また、自分は変わったんだと元旦那に思わせる必要もあるでしょう。

そうでなければ、また同じことの繰り返しだと感じさせしまうからです。

どちらにせよ、時間をかけて離婚したのだからすぐに復縁するというのは少し難しいかもしれませんが、実際に復縁した人はたくさんいるので、諦めず根気よくコミュニケーションをはかっていきましょう。

きっとあなたにチャンスがまわってくるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク