サバサバ女子の恋愛7つ

女性の社会進出が進み、女性も社会において活躍しやすくなった今、男性のようなサバサバした性格の女性も増えてきました。

サバサバした女性は女性同士の近すぎる関係を嫌い、依存しあう関係を嫌います。

好き嫌いをはっきりと意思表示をし、小さなことにはこだわらず、きりかえが早いという印象がありますが、果たして恋愛においても同じなのでしょうか。

サバサバ女の恋愛とはいったいどのようなものなのでしょうか。

サバサバ女の恋愛について具体的にご紹介いたします。

スポンサーリンク


サバサバ女子の恋愛

 

べったりの関係を嫌う

 

サバサバ女は、女性との仲良しこよしのべったりした関係を嫌うことで有名ですが、それは男女の恋愛についても同じです。

男性に依存しすぎることを嫌い、ある程度お互いが自立した関係を望んでいます。

そのため、毎日こまめに相手の状況を確認したり、頻繁に会ったりすることは苦手です。

ある程度自分のペースを保ちながら、つかずはなれずの一定の距離を保つことを望んでいます。

サバサバ女子は社会でもある程度の地位を築いていたり、夢中になれるものがほかにある人が多いです。

そのため、仕事や夢中になっている趣味などについて邪魔をされることは好きではありません。

 

誰よりも女っぽい

根はだれよりも女っぽい(愛されたい、認められたい、寂しがりや、甘えたがり、守ってほしい)ですよ。同性だから知ってますが、出会いがないときなど本当に面倒なくらいに、私を男と見立てるのかサバサバとなよなよをぶつけてきます。さばさばみせるのは弱いから。仮面をかぶる余裕のあるとき。弱い犬ほどよくほえるのです。本当にさばさばしてて賢い人は、職場で男性の言葉を先回りして言ったりしませんよ。

メールや電話があっさりというのも、まだあなたと距離があるから冷静でいられるだけでは?また、だからこそ、そんなサバサバした人がデートについてくるのだと思います。本当は女でいたいから。

出典 サバサバしたタイプの女性って

スポンサーリンク


一人で大丈夫というわけではない

 

サバサバ女は、自立していてとても強い女性に見えます。

社会的な地位があったり、一人でも大丈夫なように見える人が多いです。

しかしサバサバしているとはいえ、女性であることに変わりはありません。

社会生活を営む上で、さまざまなプレッシャーやストレスを抱えていることも多いのです。

それと戦わなければいけないがために、強い自分を演出し、頑張っているだけなのです。

ですから、男性に「一人でも大丈夫でしょう」とほうっておかれたり、心配をされないというのは女性として寂しく感じるのです。

誰も身近にいなければ、それはそれで頑張ることができるのですが、唯一頼れる存在の恋愛相手にも「君は強いから大丈夫」と思われてしまうと、弱音もはくことができません。

一人で大丈夫というわけではないのです。

本当は一人では寂しく心細いにもかかわらず、上手な甘え方を知らないだけなのです。

 

本当は甘えたい

男性が惹かれるのは、彼氏と二人っきりになると可愛い甘えた部分をチラッと見せてくれたり女性らしい仕草や振る舞いもできるサバ女子。
「生まれ持った女らしい一面」を、心を許した男性の前では見せることができる素直さを備えているのです。
男はこのギャップが堪らない!
・甘えられる
・頼られる
・涙を見せる
※2人っきりのとき限定の姿に萌え!
自分で出来ることは責任をもってこなしている姿は男性からも好感度抜群!だたし、自分の前では甘えて欲しいというのが男性の本音。

出典 男に好かれる恋愛力が高いサバサバ系女子が持ってる魅力!

サバサバ女は弱音などはくことがなく、どんなことでも一人で頑張れるように思われがちですが、実は違います。

サバサバしているようにみえて、実はネガティブ思考だったり、愚痴を言いたかったり、弱い部分もたくさんもっているのです。

ただそれを周囲に感じさせないように気を張っているだけなのです。

ですから、恋愛をする相手には、自分の弱みをみせ、甘えたいと思っています。

自分の弱さを分かってもらいl。「大変だね」、「よく頑張っているね」とねぎらいの言葉をかけてもらいたいのです。

全力で頑張っているからこそ、好きな男性と一緒にいるときくらいは本当の自分をさらけだし、甘えたいと思っているのです。

しかし、サバサバ女は人に依存することがあまり得意ではないため、甘えることができないのです。

ですから、男性には「無理しなくていいよ」、「最近頑張りすぎなんじゃない?」、「俺がいるからそんなに頑張らなくても大丈夫だよ」などと一言優しい言葉をかけてもらいたいと思っているのです。

そういってもらえるだけで救われる部分もありますし、甘えやすくなります。

スポンサーリンク


一緒にいるとき以外はお互い干渉し過ぎない関係を

 

サバサバ女子は、オンとオフがはっきりしています。

仕事などのときは完全にオンモードで気を張っているので、そんなときにメールや電話で干渉されるのはあまり好きではありません。

オンの状態は気を張っている状態であり、恋愛モードが断続的にはいってくると仕事に集中できず支障がでてしまうことを恐れているからです。

ですから、オンモードのときはあまり細かいことを干渉しすぎないようにしましょう。

逆にプライベートのオフモードになったときは緊張の糸がゆるんでいる時であり、人恋しくなるときです。

ですから、こういうときに相手のことをねぎらったり、あまえさせてあげたりするとよいでしょう。

愚痴をきいてあげたり、優しい言葉をかけてあげたり、同情してあげたり、癒してあげたり。

サバサバ女子は外で甘えられない分、オフモードの時は気を抜いてリラックスし、人に自分を委ねたいのです。

 

サバサバなせいで傷つくことが多い

サバサバとした女性も恋をします。そして恋愛が傾いてきたときに必ずといって良いほど言われるのが、「俺がいなくても大丈夫でしょ」「お前は強いしね」です。彼女たちは、男性の何気ないこれらの言葉に傷ついています。

 お仕事女子たちが仕事をしていてオンのときは、隙がないしっかり者。色恋営業をしたり恋愛関係になって仕事に支障をきたしたくないと考えているので、必要以上に自分が恋愛から遠いところにいるとアピールしてしまう傾向も。

 だからといって、彼女たちに乙女チックな部分がないわけではありません。恋愛映画を観て涙を流したり、大事にしているものに愛称を付けて愛でたりもします。実は、彼女たちの強さはオンのときのみに発動する強さ。オフのときに感じる強さは、強いのではなく、強がっているだけなのです。

出典 本当は甘えたい……サバサバ系女子がなかなか言えないけど彼氏に求めていること

スポンサーリンク


恋愛の駆け引きが苦手

 

サバサバ女は恋愛の駆け引きが苦手です。

恋愛においても仕事などと同様、効率を求めてしまうことがあります。

そのためストレートに物事を表現してしまいがちです。

よい意味でも悪い意味でもストレートで嘘は苦手です。

ですから、ある意味分かりやすいといえます。

 

サバサバ女子の恋愛7つ

 

・べったりの関係を嫌う

・誰よりも女っぽい

・一人で大丈夫というわけではない

・本当は甘えたい

・一緒にいるとき以外はお互い干渉し過ぎない関係を

・サバサバなせいで傷つくことが多い

・恋愛の駆け引きが苦手

いかがでしたか?

サバサバ女は恋愛においてもサバサバしていているように思われがちですが、実は違うのです。

一人では大丈夫なように見えて、実は男性に甘えたり頼ったり弱音を吐いたりしたいと思っています。

だたその甘え方を知らないだけなのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク