別居中から夫婦関係を修復させる方法3つ

あなたは現在、別居中ではないでしょうか。

また、夫婦関係が悪化して、それによって別居するという状態になってしまった場合、夫婦関係を修復するにはどうしたらよいのでしょうか。

そのまま音信不通の状態が続けば、下手をすると長い間連絡も取りあわずにそのまま離婚という事にもなりかねません。

そこで今回は、そういった事を避けるために、別居中から夫婦関係を修復する方法についてお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


別居中

 

さりげないメールやLINE(ライン)で近況を連絡する

 
夫婦関係が悪化して別居状態になっている場合、どうしてもお互いに連絡を取らなくなりがちです。

連絡を取る時には本当に用事があって必要に迫られた時のみという事になってしまっているのです。

そんな状態では、夫婦関係を修復したいと思っても難しいでしょう。

別居中から夫婦関係を修復するには、まずは連絡を取り合うという事が最初の一歩なのです。

さりげない内容のメールなどを、相手に送ってみてください。

そのメールの中には近況報告を入れたり、相手が「くすっ」と笑ってしまうようなたわいない話を入れ宇のもよいでしょう。

「うちの庭のサボテンが咲いたよ」といった一文でもいいのです。

それと一緒にサボテンの花の写真を添付するのもよいでしょう。

相手が動物好きなら「今日、かわいい猫がいたよ」といった文と写真でもいいですね。

相手の好きなものに触れる内容なら、相手もそのメールを読んだ時にちょっとだけでも心が和む事でしょう。

さりげないメールや近況報告をする際に気を付けたいのは、文章が長くなりすぎたり重い内容の文が入る事がないようにする事です。

メールを開いた時にあまりにも長文だと、相手は読む前から警戒してしまうでしょう。

また、別居中の不満につながりそうな話題は避けるようにしましょう。

関係を修復するために送るメールなのに、かえって関係を悪化させてしまう事になってしまいます。

できるだけ文章を短く、パッと読める程度の内容にするのがポイントなのです。

あなたがそういうメールや近況報告を送っても、相手はメールを返してはくれないかもしれません。

しかし、それは気にしないようにしましょう。

相手もまだ素直になれないという心境なのかもしれないのです。

そういった相手の感情に配慮しながら、さりげなくメールを送るようにしてみましょう。

スポンサーリンク


恋愛し始めのように食事に誘ってみる

 
相手にメールを送って、相手からもたわいないメールがくるようになったら、今度はさりげなく食事に誘ってみるのもいいでしょう。

別居中という事で、夫婦としては顔を合わせる機会が極端に少なくなっているでしょう。

たまには顔を合わせて楽しく穏やかな時間を過ごすようにしてみるのも一つの手です。

そういう時には相手もその誘いに乗りやすいように、「何かのついでに」といったシチュエーションがあると便利です。

例えばたまたま別居中の相手が住んでいる駅に仕事で行くから、よかったらたまには一緒に食事をしようという感じで誘ったり、お歳暮でおいしそうなカニをいただいたから良かったら食べに来ない?という風に、相手にとってもその誘いに乗りやすいような状況を作ってあげるといいでしょう。

相手が本当に用事があってその誘いに乗れないという事もあるので、日にちに関してはある程度融通がきくようにしておく方がいいでしょう。

食事に誘うなら来週その駅に行くから、といった感じで日にちの幅を持たせるのです。

おいしいものを食べると人間は誰でも幸せな気持ちになります。

一緒に食事をして満腹になれば、相手に対する冷たい気持ちも和らぐ事につながるでしょう。

さりげなく食事をして接点を持ち、その一緒に過ごしている時間を心地よいものといった感じに演出してみましょう。

そうすればお互い歩み寄る気分にもなるかもしれません。
 

相手に対して好意を伝える

 
別居中から夫婦関係を修復するには、相手に対して好意を伝えるという事が大切です。

一度は別居を選んだ二人ですから、その二人の間の溝というのは結構深いものがあるでしょう。

それを少しずつ埋めていくには、相手に対しての好意を表現するという事にほかなりません。

例えば経済的に援助してもらっているなら、給料が振り込まれた時には「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう。」という一言を伝えてみましょう。

そういったさりげない行為から、だんだんと相手の性格や個性に対して触れるような内容のメールを送ったり、二人で会った時にそういう話をしてみるのです。

「そういえば、あなたはこういうところがあったよね、それはとてもいいことだよね」というような、相手を肯定する言葉を何度も繰り返し伝えるうちに、相手の頑なだった心も和らぐ事につながるのです。

そして、相手もあなたの良さに関してもう一度思い返してみるという事もあるでしょう。

相手に対して好意を伝えるという時には、くれぐれも相手を否定しないようにしましょう。

せっかくの努力が無駄となりますし、相手も不愉快に感じて接点を持たなくなるかもしれません。

またメールで送る時は、相手は何度も読み返すという事が考えられますので、重くなりすぎない文章を考えるようにしてみましょう。

相手に好意を伝える事は、夫婦関係の修復に大いに役立ってくれるのです。
 

別居中から復縁するには思い切ったアクションが必要

 
いかがでしょうか。

以上、別居中から夫婦関係を修復するための方法についてお伝えいたしました。

夫婦関係は小さな信頼の積み重ねとも言えます。

あきらめないで、少しずつでも相手に対して愛情と好意を伝えるようにして行きましょう。

それが夫婦関係の修復につながる方法なのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク