責任転嫁する女の特徴6つ

責任転嫁する女性とはどのような特徴があるのでしょうか。

責任転嫁とは自分が引き受けなければならない任務・責務を、他になすりつけることを表す言葉です。

まさに責任を押し付けるということですね。

意外とこういう女性は特に職場などではよくいるのかもしれませんね。

そこで今回は責任転嫁する女性の特徴をご紹介しますので、ぜひ周りと比較しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


責任転嫁する女

 

責任転嫁する女はプライドが高い

 
責任転嫁する女の特徴として、プライドが高い人間ほど責任転嫁する傾向が有ります。

なぜならば、プライドが高いばかりに自分の失敗が許せない、他人から責められる自分が許せないからです。

その為、他人に責められる前に責任転嫁して、自分では無い誰かのせいにして標的を違う人に持っていってしまいます。

しかしながら、プライドが高い人は全くその自覚が無い人も多く、何かが起きたときに誰も犯人探しも要因も聞きもしていないのに率先して説明し、さも自分は悪くなく他の人が悪いと言うように責任転嫁をします。
 

周りの目を過剰に気にするのが責任転嫁する女

 
責任転嫁する女の特徴として、周りから良く思われていたいという気持ちがとても大きいことで、周りからダメな人だと思われたくないので責任転嫁するという人が多いです。

女性の場合、周りの人の目を気にする人が多いですよね。

そんな中、明らかに自分のせいであることでも周囲につつかれたく無いが為にとっさに責任転嫁してしまうのです。

そして、そんな人の特徴は、何でもかんでも理由、要因をハッキリとしたがります。

他人に説明するときも、「○○さんがこんなこと言ってきたから」、「誰も教えてくれなかった」等必ず言い訳を添えての説明をしてくる人ほど責任転嫁している人が多いです。

スポンサーリンク


責任転嫁する女は甘やかされて育ってきた

 
最近とっても多いのがこのタイプです。

甘やかされて育ってきた為に、他人から怒られたり、指摘される事に免疫が無いのです。

親にも誰にも怒られたことがなく、可愛がられて生きてきた人も社会に出れば荒波に揉まれる訳です。

そんな中、いつも可愛い可愛い言われて育てられた人間は、他人から言われる言葉にとても敏感です。

それなりに叱られ、厳しく育てられた人ならば、間違えを認めて謝罪し、また失敗しないような対策を考えたりするなどします。

怒られる事に対しても、キチンと受け入れた上での対応をすることからまた同じ過ちをしないように注意をしなければと自分に言い聞かせる事が出来ます。

しかし、一方で甘やかされて育ってきた責任転嫁する女は、他人から怒られた時点で全く余裕が無くなります。

どうすれば怒られなくて済むだろうと咄嗟に考えて、簡単に誰かの名前を出し責任転嫁をします。

しかしながら、そうゆう人はその時その時の逃げ道として、責任転嫁するわけですから、学習もせず反省もしない為、同じ過ちを何度も繰り返してしまうと言う傾向が有ります。

それがどんどん増えてくると、自分が怒られている事にも気付かず、指摘されていることにも気付かず他人が責められているんだと他人事のように話して来るでしょう。
 

責任転嫁する女は見下す

 
他人や物・環境など、責任を転嫁する女性はあらゆるものに責任をなすりつけようとします。

自分は仕事が出来るという自尊心や周囲の人を見下すように、自分自身の持っているプライドが高い人ほど、このような行為に及びやすくなります。

周囲の人を常に見下す事で自分への評価を過剰に高く設定し、このように自分はできる人間なのだから、失敗などするはずがないという前提で物事を処理しようとする傾向があります。

そのため、明らかに本人のミスであったとしても、周囲の人や物や境遇などが悪いと言い張るのです。

特に男性に対して競争心の高い女性ほど、男に負けたくないという気持ちが一層プライドを高くしてしまうため、負けたくない気持ちをプライドが後押しし、負けるはずがないという自尊心が生まれて、自分のミスを責任転嫁してしまうのです。

スポンサーリンク


打たれ弱いのも責任転嫁する女

 
責任転嫁をしてしまう女性は、自分自身が何かの失敗をしてしまい上司や親など特に目上の人から怒られる事を非常に怖がっているタイプも多く見られます。

怒られる事で自分自身の心が傷つき、沈んでしまう事を恐れているのです。

その意味では、責任転嫁をする女性は打たれ弱いということになります。

自分自身が打たれ弱い事を知っているため、相手に怒られる事を嫌がった結果、自分が犯してしまったミスを周囲の責任にして、何とか自分が怒られないように守ろうという気持ちが働いているのです。
 

責任転嫁する女は自分の評価を常に気にしている

 
責任転嫁をしてしまう女性は、自分自身が周囲からどのように思われているのか?を常に気にしています。

そして周囲からの評価が落ちて疎外されてしまう事を恐れているのです。

このように他人の評価を気にする余り、自分が失敗してしまう事を周囲に気取られる事を嫌う結果、ミスや失敗を周囲の責任に転嫁してしまうのです。

このような行動は、あくまで自分自身を守ろうとする想いが強く出てしまった結果ではあるのですが、その事だけに執着する余りそのための対応を誤って居ることに気づかず、結果として自分を見失っている人に多く見られるタイプです。
 

責任転嫁する心理は自分を保ちたいから

 
いかがでしょうか。

責任転嫁をする女というのは、たいてい自分を擁護したいという心理が働いています。

自分は一切悪くない、悪いのは相手だという心理であったり、何がいけないことなの?とまったく自覚してないこともあります。

どちらにせよ、責任転嫁する女性は人望を失いますし、周りから相手にされなくなってしまうことだってあります。

少しでも思い当たる人は、すぐにでも改善するべきです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク