慕われる人になるには?慕われる人になる6つの方法

あなたは慕われる人になりたいと思っていないでしょうか。

慕われる人を目指せば目指すほど、そんな人とは真逆の状況になっていってしまう・・・、なんてことがよくあります。

それはいったいなぜなのか。

もしかしたらあなたは適切な方法をとっていないがために目指している人間になれないのかもしれません。

そこで今回は慕われる人になる方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


慕われる人になるには

 

笑顔でいる

 

他人から慕われる人になるには、常に笑顔でいることです。

仏頂面でいる人よりも笑顔を保っている人のほうが近寄りやすい存在です。

それに笑顔は人に対して安心感を与えることにも繋がるため、笑っている人は親しみを持たれやすい傾向にあるのです。

ただ笑顔と一口にいってもその種類は様々です。

たとえば不気味な笑顔やニタニタ顔などは笑っている表情ではありますが、他者に対して安心感を与えることはありません。

むしろ薄気味の悪い印象を与えるだけで、慕われることには繋がらないのです。

慕われる人になるためには、自然な人懐っこい明るい笑顔がポイントです。

ですが人から慕われるための笑顔を作るというのは意外と難しいものなのです。

笑顔は誰でも行えるものですが、だからこそ他の人より上手にやらないと慕われることに繋がらないのです。

逆に言えば人に安心感を与える笑顔を作ることができるようになれば、慕われることはそう難しくはありません。

ですので多くの人から慕われたいのであれば、まずは鏡を見るなどして笑顔の練習を行うのが手っ取り早いと言えるでしょう。

スポンサーリンク


不平や不満を言わない

 

慕われる人になるためには不平や不満などを一切言わないことです。

こうしたネガティブな発言は周囲の人をイヤな気持ちにさせることが多いです。

ですので不平や不満ばかり言う人は次第に周囲から孤立していき、周りから誰もいなくなってしまう傾向にあります。

人から慕われるためには不平や不満などがあっても、それをおくびにも出さずに他者と接することが重要なのです。

要はネガティブシンキングな人は慕われる可能性はほぼないということです。

慕われたいのであれば、ポジティブに生きていくことが大切です。

どんなハプニングやトラブルなどが起きても後ろ向きにならずに、前向きに考えて行動できる人こそが周囲から慕われる人物になれるのです。

ですが今まで不平や不満などを口にしていた人が、突然明るいことだけを口にするのは大変難しいと言えるでしょう。

ネガティブ思考からポジティブ思考に変わるのは至難の技だと言わざるを得ませんが、しかし慕われる人になるためには不平や不満をなくすことは必要不可欠なことです。

ネガティブな考えになりかけてもポジティブな部分に目を向けて、思考できるようにしていきましょう。

 

コミュニケーション能力を向上させる

 

慕われる人というのは大抵の場合、コミュニケーション能力が非常に優れています。

相手の発言を即座に理解するだけでなく、伝える力にも長けているため、会話も滞りなく進んでいきます。

この会話を続かせるというのは案外難しく、コミュニケーション能力が低いと一言、二言で詰まってしまいます。

つまるところコミュニケーション能力が高い人イコール話しやすい人ということです。

人間誰しも話がまったくできない人よりも、話しやすい人に対して親しみを感じるものです。

ですがただ親しみを感じさせるだけでは、慕われるということには繋がりません。

親しみやすくて、なおかつ相手から会話を引き出す能力に長けている人物が慕われやすい傾向にあるのです。

コミュニケーション能力が高い人は自分が話すだけでなく、相手に話をさせるのも得意なんです。

まるで話がうまくなったと相手に錯覚させることができるのもコミュニケーション能力の高い人の特徴です。

このように話し上手であるからこそ、相手から尊敬されるようになり、それがいつしか慕う感情に変わっていくのです。

慕われる人物になりたいのであれば、とにかくコミュニケーション能力を鍛えていきましょう。

スポンサーリンク


人を好きになる

 

誰でも好きなタイプの人と嫌いなタイプの人がいます。

今まで出会ってきた人との経験で、苦手だなと思うタイプや好きだと思うタイプが分かれるのでしょう。

しかしそうして自分の好きなタイプとだけ付き合いを続けていると視野が狭くなります。

それに、嫌われていることは意外と気付かれてしまいます。

自然と嫌いなタイプの人は嫌われていることに気が付いて、自分を嫌う人間を嫌うでしょう。

これでは慕われる人には程遠いですね。

慕われる人になるには、相手のありのままを受け入れることが大事なのです。

自分から好きな人、嫌いな人と分けて接してはいけません。

人の心は想像している以上に敏感です。

気持ちは必ず相手に伝わって不快な思いをさせるのです。

慕われる人になりたいのなら、相手のいいところを探して相手を好きになる努力をしましょう。

たとえ少々気が合わないと思ってしまっても、相手のいいところを思い浮かべて自分は相手が好きだと念じるのです。

相手が好きだと思い込んでいれば、それはやがて態度に出ます。

その態度を見て相手も自分を慕ってくれるようになるでしょう。

 

時々本音で話をする

 

人に優しくてなんでもしてあげる人が慕われる人になれるかといったらそうではありません。

優しくても、親切でも、それはなにかを企んでいるからなのではと疑う人がいるのです。

昔人に騙されたり、信頼していた人に裏切られたりした人は警戒心が強いのですね。

そのような経験がある人というのは少なくないのです。

なので優しくしていてもいまいち慕われない場合があるのです。

そういう場合は、時々本音で話をすることで警戒心を解くことができます。

本音といっても誰かを傷つけるような発言はかえって警戒されますし、嫌われる原因にもなるので悪口は避けましょう。

自分が現在悩んでいることや、過去に失敗したことなどをおもしろおかしく話すのです。

自分の話なら誰にも迷惑はかかりませんし、自分の失敗した話なら詳細に語れます。

上手に話ができればその場を盛り上げることができますし、恥ずかしい話を打ち明けることで相手との距離は縮まります。

自分のことを信頼してくれているからこそ話してくれたのだと思うのですね。

そしてそのうち相手からも信頼されて、その時やっと慕われるようになるのです。

スポンサーリンク


聞き上手になる

 

聞き上手な人に話をするとすっきりします。

特に悩み事がある時、嫌なことがあった時、嬉しいことがあった時などなにか特別なことがあった時は人に言ってすっきりしたくなるものです。

しかし、人の話を聞いて楽しいと思える人はあまりいません。

誰もが皆自分のことが大好きなので、他人の話にそこまで興味がないのです。

妬んでしまう人は他人の嬉しかった話など聞いてもつまらないどころかイライラしてしまうでしょう。

なので聞き上手な人は人から慕われるのです。

皆自分の話を聞いてほしくてたまらないので、相手の話を上手に聞いてあげられる人を大切にするのですね。

聞き上手になると営業などのビジネスの面でも役に立ちますし、聞き上手というだけで万人に好かれます。

ですが人の話をうまく引き出しながらすっきりするまで話を聞いていられる人はなかなかいません。

簡単なことのようですが、話を聞き続けるというのは非常にストレスが溜まることなのです。

ゆえに、慕われる人になるためには日々人の話をよく聞いて慣れていく必要があります。

そうしていつか本当に聞き上手になれたのなら、皆に慕われるのはもちろん、異性にモテるようになるでしょう。

 

慕われる人になるには相手を中心に考えること

 

いかがでしょうか。

慕われる人になるにはコミュニケーションにおいて基本的なことができていないといけません。

その基本的なこととは、相手のことをよく考えて、実行することです。

あなたが誰かと一緒にいるときに、その人が自分事ばかりを考えていたり、あなたに対して気遣いがあまりない人に対して慕うことができるでしょうか。

もちろんできませんよね。

人間は自分のことを第一に興味をもつ生き物です。

だからこそ相手のことを考えることができる人が人望を集めることになり、結果として慕われる人になるのです。

自分のことばかり考えているなとフッと気がついたらすぐに修正するようにしましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク