ごめん避けする男性の特徴や態度5つ

あなたは「ごめん避け」という言葉をご存知でしょうか?

恋愛感情がある人に対して、気持ちを知られたくないその他何らかの理由から避けるのは「好き避け」。

自分に恋愛感情がある人に対して迷惑だから避けるのが「嫌い避け」。

そして「ごめん避け」は、自分に恋愛感情がある人に対し、嫌いではなくむしろ人としては好きなのだけど恋愛対象としては「ごめん」だから避けるという行動です。

「好き避け」「嫌い避け」のように強い感情が入っておらず、一番わかりづらい避け方かもしれません。

これらの言葉そのものは新しいものですが、恋愛にまつわるこのような行動は、昔からありましたね。

もしもあなたが恋する女性なら、好きな男性に冷たい態度をとられたとき、不安を抱えつつも「好き避け」ではないかと期待してしまうのもわかります。

しかし、「嫌い避け」の可能性だって否めないし「ごめん避け」の可能性もあります。

想いが届かない辛さは相当ですが、「嫌い避け」よりは「ごめん避け」の方が嫌われていないだけマシかもしれません。

逆に「いやいや、はっきり態度で示されないとあきらめ時がつかめなくて嫌」という意見もあるでしょう。

ここでは、そんな態度がわかりにくい「ごめん避け」をする男性の特徴を挙げてみましょう。

スポンサーリンク


ごめん避けする男性の特徴や態度

  • なるべく二人きりにならないようにする
  • 複数と二人の時の態度の違いがわかりやすい
  • 律儀である
  • 女性に嫌われることを恐れている
  • 女性慣れしている

 

なるべく二人きりにならないようにする

飲み会の帰りに自宅への方向が一緒でも、偶然出会って行き先が一緒でも、彼が二人きりになろうとしてくれないのは「ごめん避け」の可能性大。

出典 ごめん避けする男性の態度「好き避け」との違いを見分けるポイント!

こちらの好きサインが相手に伝わっているからこそ、男性は「ゴメン避け」を態度に表してくるものです。二人きりになったときに「気を持たせるような行動」をしてしまうことを、彼は一番恐れているのです。
そのココロは?
・「深く傷つけないように」という、男性の配慮なのかも。

出典 ごめん避けする男性の態度「好き避け」との違いを見分けるポイント!

複数と二人の時の態度の違いがわかりやすい

仕事中など周りに複数人いる場合
・ムスっとした態度で声も低い(他の男性には普通の態度)
・嫌味や冷たい発言が多い
・自分の視界に入らないように逃げたり、かと思えばウロウロし出したり
・こちらが話しかけるのを止めると相手から話しかけてくる

休憩中など2人きりの場合
・笑顔で声のトーンも高くなる
・あちらから積極的に話しかけてくる
・プライベートな事も色々教えてくれる(趣味や家族の事など)
・共通の趣味がありその話題でよく盛り上がる
・パーソナルスペースに入っても拒否されない(他の男性相手も同様?)

出典 好き避け?ごめん避け?

スポンサーリンク


律儀である

 
メールをすれば遅くなっても必ず返信してくれる律儀な男性がいます。

その律儀さを好きになったという女性もいるはずです。

メールが苦手とされる男性は、面倒がって返信をしてこなかったり、短い言葉で済ませたりなどは日常茶飯事。

しかし、律儀な男性は、しっかり自分の言葉できちんと返信してきてくれます。

これは女性にとっては嬉しいことですよね。

けれども、そのような男性は他の女性にも同じく律儀であり、それゆえモテるのです。

だからこそ、自分に感じのいい返信をくれたからといってうっかり好きになると、「ごめん、君のことは彼女としてみれないんだ…」と思われてしまう確率は高いです。

好きではない女性の好意に気がついても大きく態度を変えません。

なぜなら律儀だから、女性を突き放すことができず、失礼のないように「ごめん避け」することしかできないのです。

「いっそ、突き放してくれたら楽なのに」と思うのは勝手な考え。

そのような男性を好きになった自分が悪いのです。

このタイプの男性と平行線の関係が続くと感じたら、潔くあきらめましょう。
 

女性に嫌われることを恐れている

 
他人に必要以上に嫌われたくないのは当然の心理。

女性に嫌われる恐ろしさを経験上知っている男性は特に、女性からの攻撃を避けて通りたいと思うでしょう。

だから好意を寄せてきた女性を避けたくても冷たく接することができません。

もしも好意がないことをはっきり態度で示したら、相手の女友達一同から総スカンをくらってしまうかも…。

そんな不安が常に念頭にあり、明確な意思表示をできず「ごめん避け」となる場合が多いのです。

このような男性を好きになってしまうと、あきらめるにもあきらめ時がわからず困ります。

ただ、保身が第一のタイプの男性なので、付き合えたとしても彼女をいざというとき守れないかもしれません。

女性側はそのことに早く気がつき、自分の恋愛感情をもう一度冷静に見つめてみた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


女性慣れしている

 
女性の話をよく聞き、髪型が変わるなど少しの変化にも敏感、女性を喜ばせるのがとても上手なタイプの男性が時々います。

このタイプも「ごめん避け」しやすい男性です。

女性慣れしているために、ギリギリ冷たい対応をしない程度の感じよさをうまくキープ出来るのです。

それに元来女性好きなので、恋愛感情がない女性に対して「嫌う」ことがまずありません。

「女の子って、みんな可愛いとこあるじゃん。」と話す男性が、まさにこのタイプ。

もしかしたら、自分への好意はキープしたままにしておきたいけれど、一生その想いを受け入れるつもりはないという、最低最悪なタイプかもしれません。

このような男性を好きになったら、たとえ想いに気がついてくれても、ある程度の好意は示してくるかもしれません。

その好意は女性全般への好意であり、決してあなただけへの好意ではないことに早く気がつくことが懸命です。

「ごめん。君ってとても可愛いんだけど、ごめんね。」と笑顔をふりまきながら、あなたをスルリとかわしてしまうばかりなのですから。
 

ごめん避けなら諦めよう

 
いかがでしたか?

「好きな男性には嫌われていないみたい。でも、何度アピールしても空回りで…」

と思ったら、「ごめん避け」されている可能性が高いです。

何度もアピールしたのなら、「好き避け」男性も「嫌い避け」男性も何かしら態度をはっきりさせてくるでしょう。

打てども打てども響かない太鼓を必死で鳴らしている気持ちになっているのだとしたら、本当に空しいですよね。

むしろ「嫌い避け」の方がマシ!と叫びたくもなるでしょうが、どちらにせよ辛いことです。

「はっきり態度を示してあげるのが一番のやさしさ」と、昔から言われています。

「ごめん避け」男性諸君にはどうか恐れず、女性の未来のために「一番のやさしさ」を与える勇気を持って欲しいものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク