三十路女が結婚できない理由10選

三十路女性で結婚していない人は周りにいますか?

晩婚化が進む世の中で三十路を迎えても結婚できない人は多くいます。
三十路女性からすると周りから結婚、妊娠を強く勧められて悩んでしまう人もまた多いのです。

なぜ、三十路女性が結婚できないのか?
三十路女が結婚できない理由を読んでそこには三十路女たちの結婚観があるのです。

スポンサーリンク


三十路女が結婚できない理由

 

結婚に興味が無い

 

三十路女が結婚できない理由として結婚に興味が無い場合があります。

元々、結婚に興味がない場合結婚はできません。

しかし、結婚に興味が無いだけで彼氏はしっかりいるのがこのタイプです。

恋愛は楽しいからしてもいいけど、結婚と考えると現実味が無くピンと来ない。

周りの結婚している人が幸せそうに見えないから結婚に興味が湧かない等が考えられます。

彼氏も結婚に興味が無い人ならいいのですが、彼氏が結婚を考えていた場合彼氏が重く感じ別れてしまう場合もあります。

 

出会いが無い

 
三十路女が結婚できない理由として出会いが無いのかもしれません。

20代の頃は合コンの誘いはあったのに三十路になると合コンの誘いはおろか合コンの開催すら無くなっていく事が考えられます。

合コン仲間はどんどん彼氏を見つけ結婚してしまうと1人だけ取り残されてしまう状態です。

年齢も三十路なので若いグループとの合コンも誘われず、こちらから企画しても男性側があまり乗り気では無いと出会いの幅が狭まってしまうのも三十路女が結婚出来ない理由では無いでしょうか。

スポンサーリンク


理想が高い

 

三十路女が結婚できない理由として理想が高いのかもしれません。

若い頃はそれほど理想を求めず好きになった人が好きだったのに対し三十路になると、なまじ人生経験を積んでしまったが故に男性のいい所、悪い所がある程度知ってしまっているので理想が年々高くなってしまうパターンです。

「このタイプの男性はここはいいけど、ここはダメ」と自分で線引きしてしまい恋愛に発展しないのです。

若いころの純粋無垢な気持ちを三十路になった今こそ思い出すべきではないでしょうか。

年齢と共に理想が高くなるにつれて理想の男性の絶対数は年齢と共に減っていくのですから。

 

仕事、趣味が楽しい

 

仕事、趣味が一番楽しいと考えている人は三十路女で結婚できない理由ではないでしょうか。

今、打ち込んでいるものが最高で恋愛、結婚に目が向かない人もいます。
今はそれでいいかもしれませんが、仕事には定年があります。

趣味も長年続けられる物か一過性のものでハマってるのかで異なりますがいつか飽きがきます。

定年や趣味に飽きた時に、自分が1人だった場合、「あの頃恋愛して結婚しておけば良かった!」と後悔しない気持ちを持ちましょう。

何かに打ち込むことはとても素晴らしい事です。
しかし、いつか結婚したいなと考えているなら結婚に向けても動くべきではないでしょうか。

スポンサーリンク


結婚が不安

 
三十路女が結婚できない理由として結婚する事が不安で結婚出来ない事も考えられます。

結婚をすると人生の幸せが約束されたように世の中では言われますが、結婚が決して幸せの形ではありません。

離婚する夫婦もいますし、喧嘩の絶えない夫婦もいます。
喧嘩も離婚もしない仮面夫婦も世の中には多くいます。

年齢を重ねるごとに色々な現実を見せつけられて結婚に不安と絶望しか考えられない人は結婚できません。

若い頃であれば世の中があまり見えていないので勢いで結婚出来たことも三十路ともなるとそうは行かないのです。

結婚について前向きに考えられる人を見つける事が出来ない限りこの考えを変えるのは難しいでしょう。

 

過去のトラウマ

 
三十路女で結婚できない理由として過去のトラウマがあるかもしれません。

自身の育ってきた家庭環境が影響して結婚が出来ない場合があります。
結婚を考える時に自身の両親の関係が良好で無い場合、結婚、夫婦に関してあまり良いイメージは湧きません。

そんな自身の家庭環境を振り返った時に家庭に対し嫌な思い出しかない場合は結婚出来ないと言うよりはしたくないと考えてしまうでしょう。

スポンサーリンク


結婚に焦ってガツガツしすぎ

 
結婚願望の強い女性の場合、年齢が高くなればなるほど、結婚に対する焦燥感も高まってしまいがちです。

「早く結婚しなければ」と焦ってしまうわけです。

その焦りが、婚活への熱意につながることもあるわけですから、焦燥感を持つこと自体が悪いというわけではありません。

しかし、その焦りが強くなりすぎると、婚活にマイナスに作用します。

たとえば、婚活パーティに参加したときなど、相手の男性が、「この女性はかなりガツガツしてるな」と感じれば、男性は引いてしまうでしょう。

積極的に婚活することはおおいにけっこうですが、男性に対して「ガツガツしすぎ」という印象を与えては、マイナスにしかなりません。

つまり、三十路に入って結婚に焦りまくった結果、ガツガツしてた印象を男性に与えてしまうのが、なかなか結婚できない女性の特徴なのです。
 

「まだだいじょうぶ」という意識がどこかにある

 
それとは逆のケースもあります。

気持ちの中に余裕があるため、なかなか結婚できないというケースです。

日本では晩婚化が進み、男女とも、生涯未婚率も高くなっています。

昔だと、三十路の女性は、「同世代の友人、知人はほとんど結婚している」ということが多かったでしょう。

しかし、今は、三十路で独身という女性はまったくめずらしくありません。

もっと上の世代でも、未婚女性はたくさんいるのです。

ですから、三十路で結婚できない女性の中には、「未婚なのは私だけではない」という意識を持つ人が少なくありません。

結婚願望ははっきりあって、それなりに婚活もしていながら、心のどこかに「まだだいじょうぶ」という意識があるため、婚活に熱が入らないのです。

「結婚したい」という気持ちがあり、周囲にもそう話していながら、実は結婚をまだそれほど切実に望んでいないため、結婚できないわけです。

スポンサーリンク


自信をなくし、ネガティブになっている

 
結婚を強く希望しながら、婚活がうまく行かず、なかなか結果が出ないで三十路を迎えると、女性はどうしてもネガティブになってしまうものです。

自分ではいっしょうけんめいに女を磨き、容姿も内面も男性から「魅力的」と思われるよう、最大限の努力をしているつもりなのに、結果が出ないため、自信をなくしてしまうのです。

あまり自信家すぎるのも考えものですが、しかし、自信を失ってしまうと、ネガティブ思考になり、その結果、暗い印象を相手に与えてしまいます。

また、卑屈にもなりやすいので、出会った男性と会話をしている際に、「もう三十路ですから」というようなことを口にしてしまうことも少なくありません。

そんな卑屈な女性、ネガティブで暗い印象の女性と結婚したいと思う男性はいないでしょう。

多くの男性が、結婚相手に「明るさ」を求めていることを忘れてはいけません。
 

出会った男性の欠点や不満なところばかりを見てしまう

 
婚活を熱心にやっていて、出会いもたくさんあるのに、ゴールインすることができない三十路女性には、男性の見方、評価の仕方に問題があるケースも少なくありません。

いうまでもありませんが、どんな人間にも長所と短所があります。

たとえば、相手の男性が「ルックスはイマイチだけど、真面目で経済力がある」という場合、「ルックスには目をつぶり、性格と経済力を評価しよう」と考えれば、その男性は結婚相手になりうるでしょう。

逆に、「性格と経済力に問題はないけど、ルックスが気に入らない」という見方をしてしまうと、「結婚相手としてはNG」ということになってしまうのです。

つまり、男性の良い面を評価しようとはせず、欠点や不満に感じるところばかりを見てしまうために、結婚相手が見つからないというケースです。

このケースの場合、男性の見方、評価の仕方を改めなければ、いつまでたっても「この人」という人とめぐり合うことはできないでしょう。
 

三十路女が結婚できない理由は複雑

いかがでしたか?

三十路女性が結婚を全く考えていないのでは無く考えているけれど出来ない。
または、考えた結果しないと結論付けた人も中にはいます。

ですから、周りが無責任に「結婚しないの?」「早く結婚しなよ」と言うのは相手を傷つけている事に気づいてください。

三十路を迎えて何も考えてない様に言われるのも相手に失礼ですし、結婚プレッシャーになり体調を崩してしまう人もいるのです。

周りも大人として触れない事が一番いいのでは無いでしょうか。
本人に結婚する気があれば向こうから相談や声を掛けてくるのですから。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク