健康的に太る方法5選

あなたは自分の体型がガリガリなことに悩んでいないでしょうか。

多くの人は、常に痩せたい!と思っているものですが、その逆に何をしても痩せたままだという人も一定数います。

端から見れば羨ましいと思われがちですが、当の本人は、貧相な体を鏡で見るたびに、「もっと太りたいなぁ」とおもっているのです。

人間健康第一ですから、理想的な健康体型になるのが一番良いですね。

また、現在では精神的なストレスが原因で痩せすぎてしまったり、病気が原因で急激に体重が落ちてしまったり・・・そんな悩みを抱えているひとも少なくはありません。

痩せる方法はたくさんありますが、健康的に太るにはどうすればいいのか。

そこで今回は、健康的に太る方法についてご紹介してきますので、ガリガリの人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


健康的に太る方法

  • 筋肉をつける
  • バランスのよい食事
  • 無酸素運動をうまく取り入れる
  • 十分な睡眠をとる
  • 姿勢を正し内臓の位置を戻す

 

健康的に太るには、筋肉をつける

 

健康的に太るためにはただ食べて脂肪を蓄えるのではなく、適度に筋肉をつけるように運動やトレーニングをしましょう。

なぜ筋肉をつけておいたほうが良いかといいますと、筋肉が適度にあることによって体内の老廃物を上手に流すことが出来るのです。

痩せいていても太っていてもむくみ体質だったり体内の循環が悪く老廃物が停滞している身体は健康的とは呼べません。

まず老廃物を流すには筋肉による伸縮運動が大切になるのですが、筋肉量が少ないとうまく伸縮運動をすることが出来ず、結果溜まった老廃物がふくらはぎに停滞してしまってうまく循環できず健康的な身体とは程遠くなってしまいます。

ですからある程度筋肉をつけることが健康的に太るために必要なことでもありますし、筋肉は脂肪よりも重量がありますから同じ体型でも筋肉量がある方のほうが体重は重くなります。

スポンサーリンク


バランスのよい食事が太るには欠かせない

 
たくさん食べればその分確実に太ります。

健康的に太るというわけではなく、むしろ不健康的に太ってしまいますから、単純に食べるだけで太ろうとするのはおすすめできません。

健康的に太るためにはバランスの良い食事が必要ですし、それに伴って適度な運動も必要になってきます。

ダイエットをするひとは食事量を少なくして太らないようにしますが、食事量を減らすということは身体が省エネモードになってしまうのです。

つまり少ないエネルギーで動ける身体になってしまいますから、結果的に痩せにくくなりエネルギー不足で気力もなくなってしまいホルモンバランスも崩れて悪循環に陥ってしまいます。

ですから太るためにも痩せるためにもバランスの良い食事というのは大切なのです。

栄養のあるバランスとれた食事をすることによってエネルギーを蓄えることが出来ますし、運動をすることによって基礎代謝も良くなりますから、栄養を吸収しやすくさらに消化しやすいといったバランスの取れた体内を作り上げることが出来るのです。

  • 消費より摂取カロリーを多くするため、3食を食べる。
  • 夕食はもう食べられないくらい食べて、胃を大きくする。
  • 肉よりも栄養分が高く、吸収力もある白米を食べる。
  • キムチや納豆などの発酵物で酵素を取り、栄養吸収させる。
  • 筋肉の元になるタンパク質が主成分のプロテインを飲む。
  • 太りたくても脂肪をつけないため、筋トレをする。
  • ダイエット同様に太りやすい時期があるので、継続する。
  • 断固たる目標を掲げ、モチベーションを維持する。
  • 個人差があるので自分に合う太る方法を見つける。
  • 胃腸の調子を改善し、食欲を出すために医者に相談する。

出典 太りたい人の太るコツ10カ条

スポンサーリンク


健康的に太る方法として無酸素運動をうまく取り入れる

 
筋肉をつけることが健康的に太るためには重要なのですが、具体的にどのようなトレーニングをしたらよいのでしょうか。

ご存じの通り痩せるには脂肪を燃焼させることができる有酸素運動が良いとされています。

痩せたいと思う人は出来るだけ長時間動いて運動するようなウォーキングや軽いジョギングなどが向いているとされていますね。

筋肉を付けたい場合は有酸素運動ではなく無酸素運動が向いているといわれていますが、その代表的な運動ベンチプレスや腕立て伏せ、懸垂や腹筋運動など筋肉の瞬発性を必要とするような運動ですと、筋肉をつけることが出来るので、下手に有酸素運動を取り入れると健康的に太るどころか健康的に痩せてしまいます。

ですから、有酸素運動と無酸素運動の違いを理解しておく必要が健康的に太るためには必要になります。

トレーニングする際には筋力をつけやすいようにプロテインを摂取したりですとか、運動直後には肉・魚・卵などのタンパク質などを積極的に摂取するようにしましょう。

タンパク質は「肉類、魚類、卵、牛乳、豆類」に多く含まれていますが、これではタンパク質と同時に大量の脂肪も摂ることなるので、タンパク質だけを摂るためには、鳥のささ身やノンオイルのツナなどを食べることが有名です。

特にタンパク質の集まりであるホエイプロテインは、良質なタンパク質を集中して摂取できます。

出典 太るために意識したい公式

スポンサーリンク


十分な睡眠をとって、体を成長させる

 
寝る子は育つと昔から言いますが、全く持ってその通りなのです。

十分な良質な睡眠をとることは成長ホルモンが分泌されて細胞の活性化を促します。

筋力アップにもつながりますし、肌を美しくするためにも十分な睡眠が必要とされていますから、健康的に美しく太るためには十分な睡眠が必要になるのです。

そして睡眠の直前に糖質などを摂取することによって寝ている間に吸収することが出来ますからそういった睡眠の性質を利用して脂肪を蓄えるのも健康的に太りたいのならばうまく利用しましょう。
 

姿勢を正し内臓の位置を戻す

 
内臓の位置も健康的に太るためには大切になってきますね。

胃下垂の方などはなかなか太りずらいと言われていますから、姿勢を正すように心がけたり身体の矯正をすることによって内臓の位置も正常に保つことが出来ますので健康的に太りたい方は自分の体型にも気を付ける必要があります。

健康的に太るためには骨格からアプローチするのも効果的な方法だとも言われていますから、専門のカイロなどを利用してみてはいかがでしょうか。
 

健康的に太る方法のまとめ

  • なぜ太りたいのかを明確にし、太ると本気で決意する。
  • 体重が増える仕組みを科学的に理解する。
  • 毎日体重を量り、グラフ化して、数値で変化を実感する。
  • 明確な目標設定をし、楽しみながらを太る方法に取り組む。
  • やる気を切らさないために、継続させる方法を認識する。
  • 健康的に体重を増やすよう正しい生活リズムを習慣化させる。
  • 自然成分である栄養抜群のプロテインで確実に太る。
  • 食べ物を意識的に変化させ、栄養吸収力をコントロールする。
  • 3度の食事に加え、太る時間帯に太りやすい食べ物を摂る。
  • 食べて太るために胃を改善し、食欲を増進させる。
  • 筋トレや健康食品のような、太る付加要素で加速度をあげる。
  • 納得のいくボディをイメージし、行動力を奮い立たせる。

出典 一緒に太る方法を始めよう

いかがでしょうか。

健康的に太るためにはまず、身体を健康に導くことが大切になります。

太りたいひとも痩せたい人もまず健康的な身体を作り上げることが必要ですから、スタート地点に立ってから必要なトレーニングをして健康的に太れるよう努力しましょう。

若々しく健康な身体を保つのには日々の努力の積み重ねが必要になるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク