ダサいファッションの女の特徴9つ

ダサいファッションをしている女性というのは意外に多いものです。

難点は自分でそれがダサいと気づいていないことだといえるでしょう。ではどういった女性のファッションがダサいのか気になるものですよね。

そこで今回はダサいファッションの女の特徴をご紹介しますので、ぜひあなたやあなたの周りの女性にあてはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


ダサいファッションの女

 

ダサいファッションの女は全身ブランド物で固めている

 
上から下まで、全身をブランド物で固めている女性は、陰で「ダサい」と言われていることが多いです。

本人は「他人が持っていないようなブランド物を持っている」と、満足していますが、他人から見るとくどい印象になり、ファッションとしてはダサい部類に入ってしまうのです。

ブランド物は1点だけでも存在感があります。そのため、そんな存在感のあるものを何点も身に付けていると、全身のあらゆる場所が自己主張を始めているようになってしまい、うるさく感じられてしまうのです。

全体バランスを考えないブランド物の使い方は、ファッションセンスそのものを低下させてしまうので、気をつけたいものです。
 

体型に合わない洋服を無理して着ている

 
洋服の流行は常に変わりゆくものですが、その流行に無理して合わせようとすると、ダサいファッションになってしまいます。特に、流行だからといって、自分の体型に合わない洋服ばかりを着ていると、全くオシャレに見えなくなってしまいます。

洋服にはそれぞれ、「全体ライン」があります。それを無視して無理な着方をすると、変に太って見えたり、脚が短く見えたり、逆に、痩せすぎて見えたりして、全体バランスがダサくなります。

流行ばかりに気を取られ、自分の体型を無視した着こなしをしていると、ちっとも素敵に見えなくなってしまいます。自分の体型に合い、自分を素敵に見せてくれるファッションを目指したいものです。

スポンサーリンク


ダサいファッションの女は洋服と靴が合っていない

 
ファッションは洋服だけではありません。意外と見られているのが足元です。

洋服に気を取られて、靴を適当なものにしてしまうと、せっかく素敵な洋服を着ていても、「ダサい」と思われてしまいます。

靴を選ぶ時は、着る洋服とのバランスを考え、違和感のないものを選ぶようにしたいものです。無理な組み合わせで、洋服だけが浮いて見えたり、靴だけが浮いて見えたりすると、「残念なファッション」になってしまいます。
 

あまりに時代に合っていない服を着る

 
その年、その季節のトレンドと言うものがあります。それを全く無視をしたようなファッションとなるとおしゃれには見えません。

見るからに、3年以上前に流行ったような柄の洋服を着ているのはダサいです。それがビンテージものだとまた違いますが、明らかにもったいなからその洋服を着ているというのが感じられるとおしゃれにみえません。

極端な例で、バブル期に着ていたようなボディコンで肩パットの入った服を今の時代に着たら絶対に浮いてしまいますよね。

また季節に合っていない服というのもあります。夏なのに全身真っ黒や冬なのに全身蛍光色といった季節感を無視したコーディネートはよくありません。
 

自分の体に合っていない服はダサい

 
同じ洋服でも体型によって似合う似合わないがあります。

ふくよかな体型の人がピチピチでタイトな洋服を着るとあまり似合いませんし、胸が無い人が胸を強調するような服を着ると逆にそのコンプレックスそものが強調されてしまいます。

他にも、自分が太っているのが嫌だからといってダボダボの服を着たりするのも、妙に体型を隠そうとしすぎてへんてこりんになってしまいます。

また、vネックとUネックなどちょっとした形の違いでも印象は変わるもので、何も考えずに自分の似合わないものを来ているのはダサくなってしまします。

さらに顔と髪型が服装にマッチしていないとおしゃれに見えませんし、年齢と服装が合っていないのも見ている側は違和感を感じます。

スポンサーリンク


ダサいファッションの女は服の管理が出来ていない

 
襟元や袖もとが、よれよれのものを着ているのはだらしがなく美しくありません。

また、毛玉やほつれて穴が空いている状態の服や色あせしたものは、どんなに美しい人が来ていてもかっこがつきません。

スーツでもしわくちゃで汚れが付いているのは誰が見てもおしゃれじゃないし、そんな人に仕事を任せられません。

服の管理ができないとなると、適当に洋服を組み合わせて全身が柄ものになったり上下のバランスが悪い服の組み合わせになったりしてしまいます。
 

自己イメージが激しく実像と食い違っている

 
どう見てもかっこいいバリキャリタイプの職場の女性、プライベートに誘ってみてOKをもらい舞い上がったとしても、妙にゆめゆめしいというか、フリフリしたファンタジックな格好をしてきたとしたら、かなりガッカリしてしまいますよね。

ファッションは自己投影の一環でもあります。

身につけるもので、「わたしはこういう人間です」とアピールするわけです。

そのイメージが現実の姿と大きく食い違っていたら、「ああ、思ったのと違うや…」と人は思ってしまうのです。それを「ギャップ萌え!」と感じられるかは相手次第。

女性の方は、あまり実像とかけ離れた格好をしない方が無難でしょう。
 

ダサいファッションの女は色味がおかしい

 
女性は男性と比べると色彩感覚が優れているもの。

原始時代に野草や果物の採集が女性の仕事だったことに由来するそうですが、中にはとんでもない色彩感覚をしている女性がいることも否定できません。

ショッキングピンクのパンツに鮮やかなブルーのトップスを持ってくるなど、なんだか人間ネオンサインのような人、街を歩けば150人に1人くらいは見かけることがあるでしょう。

カラフルな柄物などはできるだけアクセント程度の小物にとどめ、掛け合わせるなどの上級技かつ危険な手法は禁じ手とした方がよさそうです。

せめてビビッドトーンやダルなトーンなど、トーンだけでも全身統一してもらいたいものですよね。
 

サイズ感がメチャクチャ

 
女性のファッションは男性に比べ多種多様なので、一口にパンツ、スカート、トップスなどと言っても様々な長さ、サイズ感のものが存在します。

細身の女性なのに上下ともにダボダボのものを選択する人もいれば、その逆にふくよかなのにギチギチのタイトファッションに身を包む人もいます。

無理してMサイズや9号を選ぶ必要はないから、しっかり店員と相談してまさしく身の丈にあったものを着用してほしいものです。
 

ダサいファッション女子はモテない

 
いかがでしょうか。

つい楽だからと、何も考えずに洋服を選んでいないでしょうか。あなたにとっては無難なファッションかもしれませんが、周りから見ればダサいと思われてしまうファッションのケースも決して少なくありません。

今回ご紹介したことをしっかりとおさえて、ダサいファッションだと思われないように注意しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク