私服がダサい女の特徴7選

あなたは私服がダサい女になってしまっていないでしょうか。

顔やスタイルが特別悪いわけでもないのに、なぜか私服がダサいという女性がいます。

「服のセンスさえ磨けば、印象が上がるのに」と、周りの人からも常に残念がられてしまうのですが、本人たちにはあまり自覚がなかったりもします。

では、このように私服がダサい女性は、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。

今回はそんな私服がダサい女の特徴をいくつかご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


私服がダサい女の特徴

  • ファッション雑誌やファッションサイトを見る習慣がない
  • 色も形も同じような服ばかり
  • 残念な着回し
  • 流行ばかり追いかけ自分に似合わない服を着ている
  • 自分の体型を無視した服を選ぶ
  • 自己満足と思い込みで、奇抜なファッションばかりを繰り返す
  • ブランド物で固める

 

ファッション雑誌やファッションサイトを見る習慣がない

 
私服がダサい女性は、服のセンスが磨かれていません。

その大きな原因の1つに、ファッション雑誌やファッションサイトなどで服に関する情報収集をしない、ということが挙げられます。

ファッションそのものに興味がなくて情報収集をしない、という人もいますし、「今現在の流行をリサーチする」ということに対して抵抗を感じる人もいます。

なので、どのようなファッションがカッコいいのか、という感覚がわからないのです。

そのため、何年経っても自分の思い込みファッションから抜け出せず、センスが全く磨かれないのです。

又、流行から隔離された状態で生きているため、ひと昔前のファッションをずっと続けている人も少なくないのが特徴です。

スポンサーリンク


色も形も同じような服ばかり

いろいろなショップがあるのに、入るのはいつも決まったショップばかり・・・これでは、何も変わりませんよね。
なんとなく入りにくい雰囲気のショップでも、自分の好みとは少し違うと感じるショップでも、とにかく一度、立ち寄ってみてください。
自分自身、今まで気付いていなかった美的センスが、発揮されるかもしれません。「あれ・・・私、こういうの好きかも・・・」というアイテムに出会えるかもしれません。

出典 ファッションセンスをアップさせる30の方法を教えます

「あの人いつも同じような服着てるよね」と思う女性、まわりに多くないですか?

この項目に当てはまる方が一番多いのではないでしょうか。

見られていないようで、実は親しい人なら誰でもあなたの服のセンスを知っています。

道でただすれ違うだけなら、どんな恰好だろうが同じ服を着ていようが気にする人はいませんが、これが親しい友人や家族だったらどうでしょう。

余計なお世話とおもいつつ、助言を呈したくもなりますよね。

知人や家族に、「いつも同じような服だね」「こんな服も着てみたら?」なんて言われたら要注意です。
 

残念な着回し

 
私服がダサい女性は、「残念な着回し」を繰り返すのが特徴です。

センスの良い女性が着回しをするとカッコ良くなり、1つのファッションアイテムも、着回し方によってこれほど印象が変わってしまうのかと、多くの人が感心します。

しかし、私服がダサい女性がこれをやってしまうと、ただセンスの無い人という印象になってしまうのです。

何と何を組み合わせたらカッコイイか、という計算をせずに、ただずっと同じものを着続けるので、「この人はまたこれを着ているのか」と思われてしまうのです。

センスと計算のない着回しは、「ダサい」「無精」「お金がないから同じものをずっと着ている」と思われる大きな原因になってしまうのです。

スポンサーリンク


流行ばかり追いかけ自分に似合わない服を着ている

 
逆に流行ばかり追いかける女性の中にも、「私服がダサい女性」はたくさんいます。

「世間で流行っているから」という理由だけで、自分に似合わない服を着ている女性は、ダサいと思われてしまいます。

流行だからと言って、全ての服が自分に似合うとは限りません。

しかしそれを無視し続けると、私服がダサい女性への道まっしぐらです。

このタイプの女性は、「流行を追いかけていないと、世の中から取り残されてしまう」という不安を常に持っています。

だから必死に流行ばかりを追いかけてしまうのです。

言い換えてみれば、「自分の美学を持っていない」と言えます。
 

自分の体型を無視した服を選ぶ

 
私服がダサい女性を見ると、服がその人の体型にマッチしていない、というケースがよくあります。

自分の体型を把握していないため、選ぶサイズそのものが間違っているのです。

なので、ダボダボ過ぎたり、きつ過ぎたりして、「無理がある」というような印象に繋がり、何を着ても今1つになってしまいます。

本当は、もっとその人に似合う形の服があるのに、自分の体型を無視して違うサイズのものを選んでしまうのです。

又、私服がダサい女性の中には、面倒がって試着をせずに買ってしまう、という人も多くいます。

服のフィット感や、服を着た時の印象がわからないので、本当に自分に似合うものがわからないのです。

買ったはいいけど全然着ていない服がかなりある、という方も試着をしていない可能性が高いです。

これではセンスも磨けない、お金も勿体ないという残念な結果を招きます。

自分の体型をきちんと知り、試着して判断することは、センスを身に付けるのには不可欠なのです。

スポンサーリンク


自己満足と思い込みで、奇抜なファッションばかりを繰り返す

 
「ダサい私服」の中には、地味なものだけではなく、派手なものも含まれています。

特に、個性的なセンスを持っている人に多く見られますが、自己満足と思い込みだけで、やたらと奇抜なファッションばかりをする女性も、私服がダサい女性です。

本当に似合っていれば良いのですが、自分の全体的な外見から計算して行わなければ、ただ派手なだけのダサい私服になります。

しかも、本人は「カッコイイ」と思い込んでいる、というのが特徴です。

本来ならば奇抜なファッションは、相当なセンスと着こなし力がない限り、非常に敷居が高いものです。
 

ブランド物で固める

 
ブランド物は、上手に取り入れればカッコイイものですが、「これでもか」とばかりにブランド物ばかりで全身を固める女性はダサい女性です。

ブランド物さえ着ていれば間違いない、と思っているその思考こそ、個性のないファッションセンスの代表例です。

そんな個性のない女性がいくらお金をかけてブランド品でかためでも、まったく素敵には見えないのも当然です。

ブランド物を使いこなすには、それなりのセンスと、その人自身の存在感が不可欠です。

それがないままブランド物ばかり使うと、「ダサい」と思われてしまうのです。
 

ダサいセンスを磨くには

 
ファッションには、「自分の外見を把握しそこから計算するセンス」「ファッションに興味を持つこと」「客観性」が不可欠な要素です。

これらを無視すると、たちまち「私服がダサい女」の烙印を押されます。

日頃からファッションに親しみ、自分に似合う洋服はどんなものかを見極めることで、私服のダサさから脱却することができるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク