美人になりたい人がやるべきこと4つ

美人になりたい・・・。

女性なら誰でもそう思うものです。

しかし、美人になるというのは簡単なことではない、と思うものです。

自分は元々そんなに綺麗な顔立ちでもない、美人とは言えない。

そう思って「美人な自分」を諦めている人がたくさんいます。

しかし、本当に美人になることは不可能なのでしょうか。

美人と思われる女性とはどんな女性でしょうか?

思い浮かべてみましょう。

美人な女性には共通する「要素」があります。

そこを理解し、その要素を自分に取り込めば、美人になれるのです。

そこで今回は美人になりたい人がやるべきことについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美人になりたい人がやるべきこと

  • 美肌
  • 自分に合ったメイク
  • 髪の毛にツヤをだす
  • 清潔感

 

美人になる要素1:美肌

世の中では『美白』や『美肌』なんて呼ばれていますよね。肌が綺麗なことも美しくなるための要素です。だからといって必ずしも『美白』にこだわる必要はありません。

外国人セレブのようにこんがり焼けた小麦色の肌を美人という人も多くいるのです。肌の色は生まれつきのものもありますので、色よりも健康的な綺麗な肌を目指しましょう。

出典 美人になりたい!綺麗な人を参考にして美人の顔や体の特徴を知る

美人だな~、と惚れ惚れする女性を思い浮かべてください。

例えば、化粧品のポスターでニッコリと笑みを浮かべる女性。

整髪料のコマーシャルで綺麗に微笑む女性。

そんな女性が何故美しく見えるか?その共通点がお分かりになりますか?

化粧品のポスターの女性は髪をピッとまとめ、顔を強調しています。

顔立ちが美しいのもありますが、それ以前に美しさを感じるのは彼女の「お肌」です。

整髪料のコマーシャルの女性も、美しい髪を際立たせるために美しい「お肌」をきらめかせています。

そうです、美人の要素でもあり条件でもあるのが「美肌」なのです。

どんなに美しい顔立ちをしていても、お肌が荒れていたりニキビだらけでは「美人」には見えないのです。

完璧な美人でなくても、美肌を持っているだけで「美人っぽく」見せることは可能なのです。

美しい肌にこそ映えるお化粧をし、そのお化粧を際立たせるのが「美肌」と言えます。

美人に近づきたいのであれば、日々のお肌のお手入れを念入りに行いましょう。

陶器のように白く美しく、艶やかな肌が何よりも美人に近づく第一歩と言えます。

スポンサーリンク


美人になる要素2:自分に合ったメイク

ファンデーションをつける際には、あくまで「薄く」という事が重要です。 綺麗に見せようと何度も重ねて塗ってしまえば厚く塗った部分のシワが目立ち、かえってマイナスの印象になってしまいます。 美人になりたいからこそあえて薄くファンデーションを塗ると、内側から輝く透明感を引き出せますよ。

また、ファンデーションはパウダリーよりもリキッドの方がおすすめです。 リキッドにすると、みずみずしくツヤのある肌を手に入れることが出来ますよ。 その上から優しくお粉を乗せていきます。 ブラシを滑らせるように乗せれば、ふわふわなマシュマロ肌の完成です。

出典 ちょっとだけ美人になりたい私が覚えた5つのメイク術

自分のお顔をよく知り、上手にメイクしている人は自分を美人に演出するのが得意です。

お顔のコンプレックスをよく知り、そのコンプレックスをうまくカバーするメイクをしています。

鼻が大きければ、鼻に視線が行かないように目元を際立たせるメイクをする。

顔が大きいなら、上手にシャドーを入れ、髪型で顔のシルエットをうまくカバーする。

また、そのコンプレックスを逆に可愛らしく見せてしまうようなメイクの技を持つ女性もいます。

例えば、目は大きいのに目と目が少し離れているのでバランスが悪く、美人顔ではない、という場合。

目と目が離れている顔立ちは童顔に見えることをよく知り、それを活かしてメイクをします。

童顔に見える顔立ちなので、そこを生かして優しくふんわりと若々しい印象のお化粧で美人を演出するのです。

童顔の顔立ちに大人っぽいメイクをしてもイマイチしっくりこないため、美人には見えないと知っています。

芸能人で言うと、「永作博美さん」をイメージして頂ければ雰囲気がわかると思います。

自分の顔立ちをよく知って、コンプレックスをうまく隠したり、その雰囲気を生かした美人顔を作れるようなメイクを取り入れましょう。

スポンサーリンク


美人になる要素3:髪の毛にツヤをだす

昔から髪の毛が綺麗なことが美人の第一歩と言われています。

たしかに街で見かけても、髪型や髪色、そして髪の傷みをしっかりケアして、ヘアスタイルだけじゃなく髪質までも綺麗にしていますよね。髪の毛も顔の一部と考えれば欠かせないポイントです。外国人風なあの透明感のある髪の毛を目指そう!

出典 美人になりたい!綺麗な人を参考にして美人の顔や体の特徴を知る

美人になる要素4:清潔感

 
遠くから見て「あ!あの人美人!」と思う女性はあなたの目にどんな風に映りますか?

白いシャツにブルージーンズ、綺麗でつややかヘアスタイル。

洋服にシワはなく、ぱりっとしている。姿勢もすごくいい。

こんな女性ではないでしょうか?

美人というのは顔が全てではない、ということを知りましょう。

全体的なシルエット、他人に与える雰囲気、ここに「清潔感」を感じさせる人は「美人度」が高いのです。

常に自分に気を抜くことなく、ファッションや身だしなみに気を使うようにしましょう。

洋服はきちんとした印象を与えるようシワを伸ばします。

ヘアスタイルはツヤを重視し、ヘアカラーをしている場合は明るすぎないように気をつけます。

今時、ひどく明るい茶髪の女性は「美人」には見えません。

美人は「黒髪」か「栗色」の暗めのトーンの髪が似合います。

ヘアカラーがムラになっていたり、根元が黒くて毛先が茶色い、という状態は論外です。

そして「姿勢」も大切です。

凛とした美人はいつも背筋が伸びていており、首もすっと伸ばしています。

姿勢が悪く、猫背。いつも首が前に出ていておばさん臭い。

こんな状態ではとても美人とは言えないのです。

美人度を上げるために、身なりもシルエットも「清潔感」を感じられるような女性を目指しましょう。
 

美人になりたい人は意識を変えることから始めよう

 
いかがでしょうか。

美人になるのは難しい、そう思っていませんでしたか?

なぜそう思っていたのか?というと、顔立ちが美人じゃないから、ですね。

しかし、美人というのは顔だけで決まるわけではありません。

顔立ちは変えられないものです、ですから自分で美人の雰囲気を演出する努力が必要です。

パッと見たときに「美人!」と思われる4つの要素を知っていれば、自分を変えられます。

「何か最近綺麗になった?」と言われるような、「自分なりの美人」に変身してみましょう。

ちょっとしたことを気をつけ、常に意識を持つだけで女性は美しく変わることができるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク