別れたいときのメールやLINE(ライン)の仕方6つ

別れたいときのメールやLINEの送り方がわからない・・・といったことで悩んでないでしょうか。

多くの人はLINEやメールで直接別れを伝えようとしますが、残念ながらそれはあまり良い方法とは言えません。

それだったら相手の目の前で直接伝えましょう。

メールやLINEならではのコツは、別れたいのかな、嫌われたのかなと思わせることです。

そこで今回は別れたいときのメールやLINEの送り方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


別れたいときのメールやLINE(ライン)

 

絵文字やスタンプの使用をやめる

 
メールやLINEで気持ちを伝えるときに有効なのが絵文字やスタンプです。

文章の終わりには、絵文字やスタンプを使っている人は多いのではないでしょうか。

普段使っていたはずの絵文字が急になくなると、相手も驚くことでしょう。

LINEではスタンプだけで会話をしている、という人も、例えば「OK」を普段はスタンプで返していたとしても、そのOKを文字にして返しましょう。

毎回、黒文字だけのそっけない文章になれば、相手も何かしら勘付くはずです。
 

返信の間隔を長くする

 
上記に加えて、相手からメールやLINEがきてもすぐには返事をしないで、しばらく放置してみましょう。

ラブラブだったころは、相手からの返信が待ち遠しかったかもしれませんが、別れたいのであれば、メールやLINEをする回数を減らしてみましょう。

LINEの場合は、既読無視・既読スルーという言葉がありますよね。

既読になっているのに、なかなか返事がこないというのは、相手を「どうしたのかな?」と不安にさせることでしょう。

メールの場合は、読んだか読んでいないかは分かりませんが、返信するまでの時間を何時間も開けてみましょう。

このような状態が1度ではなく、毎日のように何度も続けば、相手も「自分とは話したくないのかも」と思うようになるかもしれません。

自分から別れを告げたくない場合や、相手に飽きたけど、急に別れは告げにくい・・・という場合には、相手に勘付かせるように仕向けましょう。

スポンサーリンク


自分から話題をふらないようにする

 
ラブラブだったころには、話がつきなかったかもしれません。

ずっと話をしていたくて、会話が途切れないように気を使っていたかもしれませんが、別れたいと思っているのであれば、自分からは話題をふらないようにしましょう。

相手の話に、「うん」「へぇ~」等と短文にそっけない返事をすれば、会話は続きようがありません。

会話の機会を減らして、自然消滅もありうるかもしれません。

はっきり別れたということをお互いに認識したい場合は、最後にはしっかり別れを告げるようにしましょう。
 

既読無視・既読スルーを徹底する

 
既読をせずに返信をしないと、ただ単にメールを見ていないんだと思ってしまうかもしれないので、既読して内容を読んだけど、興味がない・すぐに返信しなければいけないほどの内容ではないと思わせることです。

相手が怒って「なんで既読しているのに返信しないの?」と言うと、「忙しいから」など、短く少し冷たく返信することで、相手はプライドを傷つけられるので、自ずと自分に対して優しくしてくれる人を求めるようになります。

酷いやり方ではあるかもしれませんが、相手から心が離れるように仕向けるには分かりやすい方法です。
 

事務的な文章でのLINEを心がける

 
今まで絵文字やスタンプを使っていた人は、返信するときには一切使わないように切り替えましょう。

「なんで絵文字やスタンプないの?」と言われても「別に特に理由はないけど」と言ってしらを切りとおすことです。

相手が「私・俺に興味なくなったから」と思わせること。

メールの文章自体が「別に」だけなどでは、あからさま過ぎるので、文章自体は普通のテンションでメールを送るようにしないと、逆上されかねないので注意してください。

スポンサーリンク


共通の友達からきたメール・LINEの内容に格差をつける

 
それでも分かってくれない鈍感な人には、お互いの共通の友達に送るメールやLINEに対しては文章はテンション高めで、スタンプや絵文字は駆使ししましょう。

それをあえて相手の前でやることで「自分はそんなに大切とは思ってくれない」と感づかせることが大事です。

「なんで私・俺にはメール内容が冷たいの?」と聞かれても「そう?」とだけに言っておけば自然と相手が自分から離れていくのは時間の問題でしょう。

そこまでするならストレートに言えばと思うのですが、もし、本当に別れの言葉を切り出す時も突然言うと相手が感情的になってしまう恐れがあるので、薄々もう自分には興味がないということをしっかり分からせることで、別れ際もそこまでもめずに別れやすい状況になるでしょう。
 

別れたいときのメールやLINEは露骨にやる

 
いかがでしょうか。

別れたいけれど、できえば相手から伝えてほしい、自分からは言いたくない、なんか気分が乗らない・・・といったように複雑な気分になったりするものです。

そんなときに便利なのがメールやLINE(ライン)でさりげなく別れたいアピールをすること。

しかし多くの人は残念ながらあまりうまくいっていないのが現状です。なぜなら途中でかわいそうだと感じたりして、優しくしてしまうからです。

これでは別れることはできません。こんな中途半端なことをするぐらいならさっさと直接伝えて別れたほうがすっきりするはずです。

もしメールやLINEで別れたいのなら徹底的にやることを忘れないでおきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク