美肌になるには | 美肌になる方法や基本6つ

美肌になるにはどうすればいいのだろう・・・と誰しもが思うものですよね。

それは女性だけでなく、男性も例外ではありません。

しかし、美肌になるにためにやっていることが、実はそうではなかったということも決して少なくありません。

やはり基本をおさえることから美肌への道はスタートします。

そこで今回は美肌になる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美肌になるには

 

美肌になるには食事をきちんとバランスよく栄養を取れるよう心がける

 
まめに肌の状態を気にしているにも関わらず、なかなか綺麗になれないという女性は意外と多いようです。

食事がジャンクフードばかりであったり、あるいは菓子や清涼飲料水を好んで摂取していたりすれば、当然のように肌は荒れます。

食生活が影響するのはボディラインだけだと思っている女性が多いのかもしれませんが、しっかり肌にも影響しています。

肉・魚・野菜をバランス良く摂取すること。

そしてそれはできるだけ安心な食材であること(できるだけ無農薬や低農薬を)。

どっさり調味料を入れた濃い味ばかりを食べないこと。

肌だけでなく、健康にもボディラインにも良いので、良好な食生活を心がけるようにします。
 

帰宅後は丁寧なクレンジングをすることが美肌の秘訣

 
メイクは肌にとって非常に良くないことです。

ですが、やはりメイクをしないわけにはいかないので、せめてクレンジングはできるだけ早く、そしてかつ丁寧にするよう心がけます。

アイメイクは専用のリムーバーで優しくオフします。

疲れているからちょっと面倒くさいなーという日には、市販のウェットティッシュタイプのリムーバーを利用します。

普段はハーブの保湿成分たっぷりの自然派製品をコットンにたっぷり含ませてオフします。

顔全体は、リキッドタイプのクレンジングを利用します(毛穴の汚れを残すのは怖いので、さすがにウェットティッシュタイプのクレンジングは使いません)。

オイルタイプのクレンジングの方が毛穴の汚れを落としやすいのですが、オイルタイプは肌の油分を奪ってしまうので、肌質に合ったものを選ぶようにします。

一定年齢以上の女性や、乾燥肌の女性はリキッドタイプが安心ですね。

スポンサーリンク


美肌になるために安い化粧水をたっぷりと使う

 
高級な化粧水を節約して使うのではなく、安い化粧水を惜しみなく使うようにします。

たっぷり化粧水を馴染ませて、しっかり保湿することが何よりも大事です。

湯上がりは化粧水が最優先、安い化粧水をばしゃばしゃと付けます。

着替えなどは化粧水後に行いますが、着替えの最中に乾燥しそうになればすぐに補います。

とにかく乾燥させないことが重要です。

服を着て落ち着いたら、お手入れの続き。

ここで高級な化粧水を使うというのもひとつの方法ですが、しっかり保湿されていれば必要を感じることは少ないはずです。

自分の肌質に合った乳液・クリーム等を馴染ませるようにします。
 

洗顔を丁寧におこなう

 
毎日お化粧をしていると、ファンデーションなどの化粧品が毛穴につまり、その汚れのせいで化粧水の入りが悪くなります。

そのため、先述でもお伝えしたようにクレンジング、洗顔は毎日丁寧に行う必要があります。

ただ、洗顔もクレンジングもむやみやたらにこすって洗うのでは、肌への摩擦、刺激が肌への負担となり、逆に肌荒れを招いてしまうこともあるので要注意です。

クレンジングはオイルのものが今は沢山でまわっていますが、オイルクレンジングは毛穴をつまらせるおそれがあるので頻繁に使わないほうがよいです。

クリームやジェルのクレンジング、またはふき取りクレンジングでさっとおとすのが一番肌への刺激が少なくすむでしょう。

洗顔に関しては泡立てが重要です。

ふんわりと弾力のある泡をつくり、くるくると円を描くようにやさしい力で少しずつ汚れをおとしていくと、毛穴の奥のよごれまでしっかりと落とすことができます。

スポンサーリンク


日焼けをしないようUV対策をするのが美肌への一歩

 
紫外線は女性の肌の敵です。

肌は一度浴びた紫外線を記憶し、やがて時間をかけてシミをつくります。

シミができてからでは、消すのはとても大変ですので、日ごろから紫外線を浴びないように手袋や帽子、日傘などを用意しておくことをおすすめします。

また、顔は特にシミができやすいですので、UV対策用のクリームをしっかりぬり、最後にパウダーを厚めにはたきましょう。

パウダーは日焼け止めの効果が大きいのでおすすめです。
 

美肌になるには肌を乾燥させないようにする

 
肌が乾燥していまうと、キメがくずれ、若々しさが失われます。

そのため乾燥は大敵です。

秋~冬にかけては全体的に空気が乾燥していますし、夏でもクーラーをきかせている部屋は乾燥しています。

肌の水分が一旦奪われてしまうと潤いを取り戻すには時間がかかりますので、お化粧の下に保湿効果のある下地をぬったり、ワセリンをぬったりして乾燥させないように対策をするとよいでしょう。
 

美肌になる方法を確立しよう

 
いかがでしょうか。

美肌になるには様々なことに気を配らなければいけません。

食べ物や食事に気を付けたり、めんどくさがらずにメイクを落としたり、運動したり、ストレスを溜めないようにしたり・・・と大変ですよね。

それをしなければいけない!という気持ちが継続につながればいいのですが、そうではなく、それ自体がストレスになってしまうと逆効果になってしまいます。

なので、まずはあなたができることから1つずつトライしていきましょう。

また、他の人が美肌になるためにやっていることがあなたにも当てはまるとは限りません。

多少、時間がかかるかもしれませんが、きちんと肌のコンディションを確認しながら、いろいろと試してみることが、美肌になる方法です。

一度、その方法を見つけたら、それは一生ものになるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク