旦那と別れたい時にやるべき7つのこと

旦那と別れたい・・・なんてあなたは考えていないでしょうか。

「もう、こんな男といっしょに生活するのはいやだ」とか「ほかに好きな男性ができた。その人と新しい人生をスタートさせたい」といった理由で離婚を考える女性も少なくないでしょう。

そう思った時、すぐに旦那に離婚の話を持ちかけるというのは、うまいやりかたではありません。

旦那に話をする前に、じゅうぶんな準備をしておくべきです。

上手に離婚するために、また、後悔しないために、「旦那と別れたい」と思った時に、妻がすべきことがあります。

そこで今回は旦那と別れたい時にやるべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


旦那と別れたい

 

プロのカウンセラーのアドバイスを受ける

 
「別れたい」と思ったとき、最初にすべきなのは、第三者の意見やアドバイスを求めることです。

こうした問題は、自分一人で考えていても、なかなかうまい方法は思いつかず、時として間違った選択をしてしまいがち。

早急に結論を出して突き進んだあげく、離婚してから後悔するというケースが少なくありません。

そうならないために有効なのが、第三者の存在です。

ただし、身近な人に相談しても、思うようなアドバイスはしてもらえないでしょう。

そこでおすすめなのが、プロのカウンセラーです。

プロならば、大変多くのケースを見てきている、いわば「離婚問題のオーソリティ」なのですから、こちらの事情をよく勘案した上で、適切なアドバイスをしてくれるにちがいありません。

まずは、専門家の意見を聞くこと。

そこからスタートしましょう。
 

離婚経験者にヒヤリングする

 
プロの話を聞く一方、もし、周囲に離婚経験者がいるなら、その人から体験談をヒヤリングするという方法も有効です。

離婚経験のない人にいくら相談しても、プロのような適切なアドバイスは受けられません。

しかし、経験者は別です。

事情はそれぞれに異なりますから、その人の経験談をそのまま自分のケースに生かせるというわけではありません。

しかし、実際に離婚する際に生じる問題点や、注意すべきポイントなど、かなり役立つ話を聞けるはずです。

スポンサーリンク


自分の気持ちを再確認する

 
プロと経験者からアドバイスをもらったら、その段階で一度、自分の気持ちを再確認することをおすすめします。

人間というのは気まぐれな生き物、心は刻々と変化しています。

「もう、別れるしかない」と思って行動を開始しても、時間が経つうちに気持ちが変化することは大いにありえるのです。

それを無視して、最初の「離婚」という選択に固執してしまうと、後悔することになりかねません。

ですから、一度立ち止まって、「本当に離婚したいのか。気持ちは変わっていないのか」と自問してみましょう。

もし気持ちが揺らいでいるなら、先へ進まず、しばらく自分で冷却期間を置くことをおすすめします。
 

「離婚プロジェクト」を立ち上げる

 
その段階で、気持ちがまったく変わっておらず、離婚という選択が揺るがないものであれば、先に進みましょう。

いよいよ、離婚へ向けての具体的な行動をスタートさせるのです。

自分がイニシアティブを握って上手に話をすすめ、有利な離婚を実現するためには、行き当たりばったりなやり方ではうまくいきません。

ぜひ「離婚プロジェクト」を立ち上げましょう。

「離婚成立」というゴールを目指して、大まかなタイムスケジュールを作るのです。

「いつまでに離婚を成立させる」という目標を立てておいたほうが、話を進めやすくなりますし、モチベーションも上がります。

あくまでも、自分に有利な形で離婚を成立させるのが目的なのですから、しっかりしたスケジュールを組んで、そこからスタートしましょう。

スポンサーリンク


弁護士に相談する

 
自分なりのプロジェクト計画ができたら、次は弁護士に相談しましょう。

離婚を考えている理由の説明はもちろん不可欠です。

それを説明した上で、どうしたらスムーズに、同時にできるだけ自分に有利な形で離婚を成立させられるのか、具体的なノウハウを聞いてみましょう。

二人の共有財産はどれくらいあるのか。

旦那に慰謝料を請求することは可能なのか。

子供がいるなら、親権はどうしたいのか。

養育費はどれくらい必要なのかなど、具体的に弁護士に質問し、おおよその金額まで決めておくといいでしょう。
 

証拠収集

 
もし、旦那の側に浮気や暴力、浪費癖などの問題があって離婚を考えているなら、慰謝料請求のために証拠集めをする必要があります。

これも、前項同様、弁護士に相談して、どういう証拠を収集すれば有利に協議を進められるか、レクチャーしてもらいましょう。

場合によっては、興信所に調査依頼をする必要も出てきます。

ですから、こうした理由で離婚を考えている人は、事前に作るスケジュールに、かなりの余裕を持たせておくといいいでしょう。

 

最後にもう一度、旦那と別れたいか気持ちを自己確認する

 
ここまでくれば、準備万端。

いよいよ、旦那に離婚話を持ちかけることになります。

ですが、その前に、もう一度立ち止まってみましょう。

旦那に話をするのは、いつでもできます。

この段階になっても、気持ちは揺るがないのか。

離婚という選択肢しか、自分の心の中には存在していないのか、自己確認しましょう。

これが最後の確認です。

少しでも迷いが残っているようなら、結論は先延ばしにしましょう。

一度口にしてしまえば、話を前に進めるしかなくなります。

「本当に、いいのか」と自問し、「100%、それでいい」と答えられたときのみ、旦那に別れたいことを伝えることをおすすめします。
 

旦那と別れたいなら揺るぎない気持ちが大切

 
いかがでしょうか。

旦那と別れたいと考えている女性がするべきことを7項目紹介しました。

まだるっこしいやり方と感じられた方も少なくないでしょう。

しかし、人生における大変重要な決断です。

くれぐれも後悔しないように、慎重に吟味し、判断してください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク