結婚式の髪型を自分で簡単にアレンジする方法

 
結婚式の髪型って悩みますよね。

かなりの数の結婚式に出席している人も少なくないでしょう。

洋服と靴、アクセサリーは2,3セットを着回しすれば良いのでお金はさほど困らないものですが、
一番頭を悩ませるのが髪型。

今回はちょっとしたことで印象を変えるテクニックをご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


結婚式の髪型

 

結婚式にゲストで参加する人はウィッグで髪型をアレンジ

 
ある時はショート、ある時は自分でアレンジ。

周りも美容院でセットしてくる様な人はいない場合はそれで間に合っている、
という人も多いでしょう。

ショートだと何もしなくて良いのですが、なんか物足りない・・・。
自分のアレンジは少し野暮ったくなる・・・。

と、後から写真を見ては失敗したと思うこともしばしば。

ある時、友達が出席して写真を見せてくれたときに、いつもとは違う長い髪に驚いたことがあります。

ウィッグでした。

すごく自然に仕上がっていて、ウィッグを付けていることが分かりませんでした。

その友だちの姿をみてさっそく自分も購入し、
結婚式に付けて出席しました。

ウィッグをつけた姿を自分で鏡を見た時はイケてると思いましたし、
周りからの評判もかなり良かったです。

女性からも褒めてもらえましたが、
特に上司ウケが良かったのには驚きました。

普段と違うってこんなに褒められるんだぁ、
と感動すら覚えた位です。

私が購入したのはロングタイプ。

自分の髪をポニーテールし、
ウィッグにバレッタが付いているので、
それで挟むだけなのでとっても簡単です。

こんな素敵な仕上がりになるし、常に好評なので、
もっと早くに知りたかったですね。

スポンサーリンク


新婦の結婚式の髪型

 
結婚式でのヘアは、ドレスの次に重要といっても過言ではありません。

特にウェディングドレスが真っ白なので、多少その形に変化はあるものの、
個性を出そうと思ったら髪型を個性的にするのもいいかもしれませんね。

まずは白ドレスですが、やはり定番の夜会巻きヘアをベースにするとティアラとの相性は抜群。

また、チャペルでもスッキリまとめた髪の方が
皆に見られるのは後ろ姿なのでうなじが綺麗にみえます。

また、人それぞれ好みはあるかもしれませんが、
前髪については横に流すのが1番ベールに馴染むと個人的には感じるのでぜひ試してみてください。

挙式から披露宴で変化をつけたければ、
アップした髪をおろして花冠をつけるのもいいかもしれません。

ただ、時間がかかってしまうというデメリットがありますが、相手に与える印象をガラッと変えることができ、新鮮に感じる人もいるでしょう。

時間をかけたくない人で印象を変えるには、
ティアラから大ぶりの花に変えるという方法もあります。

次にお色直し後のヘアですが、
白ドレスでアップしていたらダウンしてみたり、ダウンからアップにしたら変化はもちろんでます。

カラードレスの場合、その人の個性を出すチャンスなので、
是非個性的なヘアにしてほしいところです。

ゲストとして参加してよかったなと思ったのは、
やはりドレスにあったヘア飾りをつけていることでした。

花が定番ですがオブジェっぽいのをつけたり帽子みたいなのをかぶってる人もいました。

和装であればやはりアップして花が定番ですが、
かんざしを刺しているのも素敵ですね。
 

結婚式の髪型は自分で簡単にできる

 
いかがでしょうか。

新婦でも、ゲストでもやはりいつもとは違った印象を与えたいものです。

ヘアレンジは最適の手段といえるでしょう。

しかし自分で簡単にお金をかけずにやるとなると難しく考えてしまう人もいますが、
そんなことはありません。

ご紹介したようなアイテムを活用することで簡単にヘアレンジできる、
もしくはそれと同等の良い印象を与えることができます。

髪型に悩んだり、手軽に済ませたい人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

その評判がやみつきになるかもしれませんよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク