妻の小言への対処法6選

あなたは、妻から小言を言われていないでしょうか。

毎日一緒に暮らしている妻から、あれこれ小言を言われてしまうとうんざりした気分になるでしょう。

正直顔を見たくないという気持ちになるかもしれません。

その気持ちを放っておくと、もしかしたら後々大きな問題になりかねません。

そこで今回は、そんな妻の小言に対する対処法についてお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


妻の小言への対処法

  • 妻に反論せずに、会話を大切にする
  • 妻の言う通りばかりにならない
  • ある程度聞き流す
  • 小言で言われることを改善してみる
  • 小言が辛いということをはっきり伝えてみる
  • 外出したりして気分を変える

 

妻に反論せずに、会話を大切にする

話し合うことで、その間の妻の小言を押さえ込むことができたわけです。重要なポイントは妻に反論しないこと。反論するとそこから言い合いに発展するので注意しましょう。

出典 妻の小言を封じ込める効果的な方法

結局のところ、夫婦の会話が不足していたという一言に尽きるわけです。筆者が共有できる会話をするという努力を怠っていたということに途中から気づきました。付き合い始めた当初は難なくやってきたことが、長年を経て面倒になっただけなのです。

出典 妻の小言を封じ込める効果的な方法

一緒に悩むような会話にするというだけで、妻の小言はなくなるものだということに気づかされました。

出典 妻の小言を封じ込める効果的な方法

スポンサーリンク


妻の言う通りばかりにならない

奥様は几帳面で少し神経質な方なのかな?
自分の思い通りのやり方を通したいタイプなのでしょう。
本来ならそういうタイプは全部自分でやってしまったほうが楽なんですが、それだと不公平な気がして納得いかないのでしょうね。

出典 新婚早々なのに妻の小言ばかり・・・(T-T)

今のうちにしっかり自分の意見を言い返せる関係を築いておかないと、出産後はお金を運ぶだけの役割になってしまいます。
奥様は「夫を躾けている」つもりなんだと思いますが、新しい家庭というものは妻だけのものではありません。
片方だけが居心地よいものであっても仕方ないのです。

出典 新婚早々なのに妻の小言ばかり・・・(T-T)

ある程度聞き流す

 
妻の小言は本当に煩わしいですが、よく聞いてみるとそれほど重要なことを言っているわけではありません。

小言というスタイルではありますが、妻の日常的に感じている不満をただ旦那に向けてぶつけているだけという場合もあるのです。

そういう時は、妻は小言を言う内容を改善してもらいたいと思っていながらも、実は小言を言うという行為で気持ちをすっきりさせているかもしれないのです。

そうすると、旦那がそのことにいちいち反論したりいろいろ説明をしたいと思っても、あまり意味がないことなのです。

妻はただ小言が言いたいだけということを理解して、ある程度聞き流すことも一つの対処法です。

また小言が始まったな・・・と思っても、ある程度は聞き流してあげることも、二人で生活していくための手段といえるのです。

スポンサーリンク


小言で言われることを改善してみる

 
妻の小言の内容を聞いてみると、意外と簡単に改善することも多いはずです。

たとえば靴下を丸めないで洗濯機に入れてほしいとか、寝間着をちらかしっぱしにしないでほしいとか、そのような単純なことだったりするのです。

そういう簡単なことなら、一度その小言で言われていることを、改善するように努力してみるということも一つの対処法です。

靴下を丸めて洗濯機に入れないというようなことは、ちょっと意識すればできることでしょう。

妻の立場からしても、少し意識すればできることをやらないのが、また腹が立つ理由でもあるのです。

そんな妻に対して少しでも努力していることを態度で見せるのは、彼女の気持ちを落ち着かせるためにとても効果的です。

「あら、あの人ちゃんとやってくれているじゃない」なんて、見直してくれるかもしれません。

そんな風に思ってくれたなら、きっと妻の小言も少なくなるかもしれないのです。

妻の小言にうんざりしたら、言われていることをとりあえず改善するように頑張ってみるようにしましょう。

きっと彼女の顔に笑顔が広がるかもしれないのです。
 

小言が辛いということをはっきり伝えてみる

 
小言をずっと言われていると、気持ちが滅入ってしまいます。

いつも顔を見ればあれこれ言ってくるような関係だと、正直一緒にいたくなくなってしまいます。

そういう時の対処法として、妻に小言ばかり言われるのは辛いということを伝えてみましょう。

「君のいうことも分かるけれど、常に小言を言われるのはしんどいんだ」とはっきり言うことで、妻ももしかしたらハッとするかもしれないのです。

小言を言うということは、そのことを改善してほしいという希望があるだけでなく、旦那に対しての不満を垂れ流しているだけかもしれないのです。

しかし、それが度を過ぎれば、当然相手も我慢できなくなりますし、良い人間関係といえないでしょう。

自分も改善するように努力するけれど、君も少し小言が多くてうんざりするということを、上手に妻に伝えてみましょう。

「妻の要望は聞くけれど、単なる小言は聞きたくない」ということを、相手に伝えることで不必要な小言を減らすことになるかもしれないのです。

スポンサーリンク


外出したりして気分を変える

 
妻の小言に対処する方法として、気分を変えるために外出するという方法があります。

たとえば二人で部屋の中にじっとしているから、つい彼女も小言を言いたくなってしまうのかもしれません。

一緒に買い物などに出かけて、ちょっと気分転換をするようにしてみると、意外と小言を言わなくなるかもしれないのです。

また、小言を言うということは、心の中に不満がたまっているということでもあります。

その不満をすべて解決するのは難しいでですが、一緒に外出したりカフェでお茶してリラックスすることで、気持ちが明るくなるということがあるのです。

気分が明るくなれば、小言を言うことも少なくなるでしょう。

また、二人で楽しい体験を共有すれば、そういう相手に対して一種の攻撃でもある小言という行為は減るかもしれないのです。

そして、どうしても妻の小言が収まらないなら、何らかの用事を見つけて、自分一人でも外出したりして距離をとることも大切です。

一緒にいれば、言いたい気持ちがわいてきて、妻自身も小言をやめたくてもやめるきっかけがつかめないのかもしれません。

しかし、相手が目の前から一時的にいなくなることで、ちょっと落ち着くことができるでしょう。

「言いすぎちゃったかな・・・」と、旦那がいなくなった部屋で、もしかしたら反省しているかもしれないのです。

そういう気持ちになってもらうためにも、あまり小言が多い時には一度離れてみるのもおすすめです。
 

妻の小言へのストレスは対応でなくせる

「ごろごろしてないで、ちょっとは家事、手伝ってよね!」「少しは子供と遊んでくれない?」

そんなワガママや小言に対しては、「疲れているんだ・・・」は禁句です。

出典 疲れる妻のワガママや小言をうまくかわす方法

家事に協力してくれと言われたら、「じゃあ、日曜日にお昼ご飯、僕が作るから。」「お皿洗いはやっておくよ。」というように、自分ができる範囲で家事を手伝うことを約束したほうが、面倒なケンカに発展しなくて済みます。

出典 疲れる妻のワガママや小言をうまくかわす方法

いかがでしょうか。

以上、妻の小言への対処法についてお伝えいたしました。

妻の小言は場合によってはかなりプレッシャーともなります。

上手に対処して、二人の仲をよりよい健全なものにできるようにしてみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク