女性らしい仕草9つ

女性らしい仕草とは、いったいどのような行動を表すのでしょうか。そしてどのようなものだったら、女性らしい仕草と思われるのでしょうか。

おしとやかな女性らしい仕草がしっかりできると男性だけでなく、女性からの印象も抜群によくなるものです。

そこで今回は女性らしい仕草をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


女性らしい仕草

 

小さいくしゃみ

 
くしゃみには「唾液が飛び散る」「菌をまき散らす」などの汚いイメージが付きまといます。

しかし、くしゃみは生理現象なので、止めようと思っても止めきれない事が多々あることでしょう。

そこで、エチケットを考える女性らしいしぐさの一つに「小さいくしゃみ」があります。

ハンカチなどで口を覆い、なるべくくしゃみの際に出る音を小さくするのがポイントです。

その努力によって出るくしゃみの音は可愛らしく、周りに対する配慮も伺えますので女性らしいといえるでしょう。
 

脇をしめて、背筋を伸ばして文字を書く

 
ぱっと聞いただけでは状況が分かりにくいですが、机に向かって文字を書いているときを考えてみてください。

背中を曲げて脇をしめずに机にへばりつくような姿勢になっている方はよく見かけますが、その姿勢では、女性らしいとはとても言えません。

やはり、背筋をぴんと伸ばして伏し目がちに文字を書いている女性は美しく、女性として魅力のあるように見えます。

今一度、皆様が文字を書くときの姿勢を思い返してみてください。

姿勢よく、脇が閉まっている女性のシルエットは、女性特有の緩やかな背骨のカーブが強調されて非常に女性らしくみえます。

スポンサーリンク


耳に髪をかける仕草

 
今や定番となりましたが、耳に髪を書ける動作は大変女性らしいと言われ、人気が衰えません。

髪に耳を書ける仕草は、簡単でありながら最高に女性らしいしぐさなので、すぐに生活に取り入れることができるでしょう。

耳にかけるときの指先を少し意識します。卵を持つようにゆるく握った手のひらをつくり、髪には指先だけで触れます。

サッと髪に触れるのではなく、ゆっくりと猫をなでるように、自分の髪の毛を触るのがポイントとなります。

髪を触るときに限らず、ゆっくりとした動作は女性らしさを感じさせます。

たとえば、物を落として拾うときや、人に物を渡すときなどにゆっくりとした動作を心がけてみてください。
 

丁寧な物腰の仕草

 
女性らしいと思われる仕草の代表的なものとしては、丁寧な物腰の仕草でしょう。

たとえばドアを開け閉めする時にも、音をたてずに丁寧にするというだけで、周囲の人はその仕草を丁寧な物腰で女性らしいと感じるでしょう。

ひとつひとつの動作をあまり音をたてずに丁寧に行う事で、印象は良くなり女性らしさを感じさせる事ができるのです。

意識してがさつな動きをせずに丁寧な動作を心がける事で、女性らしい仕草を身につける事ができるのです。
 

物を渡す時に手を添える仕草

 
女性らしい仕草のひとつに、物を渡す時に手を添えるという仕草も女性らしさを感じさせる仕草といえるでしょう。

たとえば書類や資料を渡す時にそっと手を添えて渡すようにするだけで、女性らしさが一気に上がり、良い印象を相手に与える事ができます。

手を添えるという仕草はたいした動きではないかもしれませんが、相手に与える印象の良さを考えると、女性らしい仕草として身につける価値がある仕草といえるでしょう。

そっと手を添えて物の受け渡しをする、その仕草は女性らしい仕草として非常に効果的だといえますので、是非自分の動作の中に取り入れるようにしてみましょう。

スポンサーリンク


立っている時に両手を揃える仕草

 
人が動く時に手の動きがぞんざいにしてしまいがちですが、そういう手の動きは女性らしいとはいえません。

たとえば、朝の朝礼や上司のデスクに呼ばれて話を聞く時に、手の動きはどうなっているでしょうか。ぶらぶらしていたり、男性のように腕を後ろに回してはいませんでしょうか。

直立不動の姿勢のように、両手を下に伸ばした状態でも不自然ではありませんが、女性らしいとはいえないでしょう。

こういう時、両手を揃える仕草でいると、女性らしいと相手に感じさせる事ができるでしょう。

そっと両手を揃えて体の前に置く、そういう仕草をする事で、自分の動きの細部にまで気を配っているといえますし、女性らしい仕草といえます。

手の動きは意識していてもついついおろそかにしてしまいがちですから、そこを丁寧に手を揃える事で、女性らしい仕草と感じてもらう事ができるでしょう。
 

両脚を揃える

 
着物を綺麗に着こなしている姿と言うのは、男性からだけではなく、女性からも、「女性らしい仕草」を感じる事でしょう。

着物姿でいる時に、誰もが気を付けようと思うのが、がに股では歩かないようにすることです。これは「内股を離し過ぎない」、できるだけ「脚を揃える」という事です。

それさえ意識するだけで、歩いている姿が「女性らしい仕草」になります。

他に、立っている時、脚を揃えた後に、軽く片足を引いた時や、脚を揃えて椅子に座り、膝が椅子よりも高かった時に脚を斜めに置きなおした時の仕草などに「女らしさ」を感じる事でしょう。

それは普段、洋服をきている時も同様で、脚を揃えようとすることに気を配った仕草と言うのには、日本の「女性らしい仕草」を見ることができます。

スポンサーリンク


手を添える仕草

 
箸を使う時、利き手で箸を取り、そのまま使うよりも、利き手で箸を持ち上げて残った方の手を添える。

または箸を持ち直す時、コップを持っていても、時折、片方の手を添えてみると、「女性らしい仕草」になります。

これは、力の無さというよりは、物事を丁寧に扱っている、そんな気配りに「女性らしいしぐさ」感じられるのではないのでしょうか。
 

斜めを意識する

 
男性が、斜(しゃ)に構えるというと、身構えるという感じになりますが、女性は、立っている時に正面を向くよりは、若干、斜めになるほうが「女性らしい仕草」になります。

それは、相手に「一歩引いた女性」というイメージを持たせることと、少し斜めになるだけでも、女性特有の曲線的な立ち姿になるからでしょう。

また、少し身体が斜めになっている事で、動きにねじりが加わり、それが柔らかい動きをする「女性らしさ」に結びついていくからです。

日本における「女性らしい仕草」の根底に、着物姿、茶道や華道などの日本の文化があります。それらに通じるのは、東京オリンピック招致の際に使われた、「おもてなし」という言葉に代表される、日本人の気配りであり、それこそ「女性らしい仕草」の基本と言えます。
 

女性らしい仕草は細かいところで出す

 
いかがでしょうか。

女性らしい仕草とはどのような仕草かという事についてお伝えしました。

女性らしい仕草を取り入れる事で、仕事もできつつ余裕のある女性らしさを感じさせる事ができるでしょう。

簡単な動きのものが多いですから、是非そういう仕草を取り入れるようにしてみましょう。

そして手の動きや位置、足の揃え方など、女性らしい仕草というのは細部を気にするかどうかで印象やイメージが大きく変わるものです。

細かいところなんて気にしてられない!と思う女性がほとんどですが、しっかりと女性らしい仕草をしている人は、このようなところを意識しているのが現実です。

むしろ誰もやらないからこそ、できる女性の印象が良くなると言ったほうがいいかもしれませんね。

手っ取り早く女性らしい仕草を身に着けたいのなら、こういったところを意識しておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク