年下男子へのアプローチ方法9選

年下男子にはたくさんの魅力があふれています。

時には無邪気で、時には頼りがいのある男性になる人が身近にいると、どうしても好意を持ってしまうものです。

しかし、女性の方が年上となると、なかなか積極的に行動できない人がとても多くいます。

アピールしたいけれど、いい歳した女がキャッキャッしているなんて知られたら恥ずかしい・・・と葛藤しているうちに、その男性はあなたではない別の女性と恋人関係になってしまうかもしれません。

チャンスをみすみす逃してしまうのは本当にもったいないことです。

そこで今回は、年下男子にアプローチする効果的な方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


年下男子へのアプローチ方法

 

親しみやすさをアピール

 

まず、年下男子に対してアプローチする場合は、親しみやすさのアピールをすることから始めましょう。

社会人であれ学生であれ、男性は年上の女性には遠慮があるものです。

たとえ異性としての意識を持っていたとしても、「先輩後輩」という関係性が優先されてしまうのが普通の感覚でしょう。

そのため、「近寄りがたい」とか「話しづらい」ということになりがちなのです。

相手のそうした遠慮を軽減するためには、こちらから距離を縮める努力をする必要があるでしょう。

常ににこやかに接するのが基本。

そして、こちらから積極的に挨拶したり話しかけたりして、少しずつなじんでいくのが、アプローチの第一段階です。
 

年下男子をランチに誘う

 
そうした環境作りができたら、自然なタイミングでランチに誘ってみましょう。

なぜ、ランチなのか。

「お茶に誘う」という方法もありますが、2人でお茶するというのは、相手に警戒心を抱かせかねません。

「何か、特別な話があるのか」と思われてしまうからです。

また、女性からいきなりディナーやお酒に誘うのも、おすすめできません。

その点、ランチであれば「たまにはいっしょに、どう?」と気軽に誘うことができますし、警戒されることもないでしょう。

もし、2人きりでは誘いにくいという場合は、同性の友人に頼んで、3人でランチというところから始めるのもいいでしょう。

スポンサーリンク


年下男子からの逆アプローチを待つ

 
さて、ランチを一度いっしょにできたら、少しインターバルを取るのがポイントです。

相手からの反応を少し待ってみましょう。

つまり、相手から逆アプローチしてくる可能性に賭けるのです。

半月から1か月が、適度なインターバルです。

もし、その間に彼氏からの誘いがあれば、大成功。

女性にとって理想的な展開になったわけです。
 

年下男子からの逆アプローチがなければ、こちらからディナーやお酒に誘う

 
しばらく様子を見ても、相手からのアプローチがなかったら、あなたの方からアプローチをするしかありません。

思い切って、ディナーやお酒に誘うのです。

相手が年下の場合、こちらに好意を持っていても、遠慮して積極的になれないケースが少なくありません。

ですから、こちらから積極的に行くのです。

そして、相手の様子から「脈あり」と思えたら、ディナーやお酒の機会を数回重ねたのちに、告白するといいでしょう。
 

年下男子の相談に乗ってあげる

 
年下男子にアプローチするには、彼らが困っていそうな時に相談に乗ってあげるのも良いでしょう。

1人で悩んでいそうな様子を見たら、「どうしたの?」と優しく声をかけてあげてください。

しかし、ここで1つだけ注意したいのが、「押しつけがましくならないこと」です。

「どうしたの?」と、彼を気に掛けていることだけをアピールしたら、後は放っておくことがポイントです。

年下とは言え、相手は大人です。

あまり年上の女性からごちゃごちゃうるさいことを言われると、まるでお母さんに小言を言われているように感じてしまうのです。

なので、「もし困ったことがあればいつでも言ってね」と、余裕のあるアプローチをしましょう。

スポンサーリンク


年下男子にちょっとしたことを手伝ってもらう

 
年下とはいえ、男性は、女性にカッコイイ所を見せたいと願っている人がほとんどです。

なので、「自分は年上だから」と肩肘を張らずに、何か困ったことがあった時、意中の年下男子に手伝ってもらいましょう。

最初は相手も緊張しているかもしれませんが、喜んでやってくれるのではないでしょうか。

「自分は、年上女性の役に立てる」という満足感も、彼の中に植え付けてあげることができます。

そして、手伝ってもらった後は、笑顔でお礼を言うのを忘れないようにしましょう。

「あなたにやってもらったことが嬉しかった」という気持ちを、きちんと彼に見せることが大切です。

この笑顔も、アピールの1つです。
 

年下男子と個人的に連絡を取る

 
年下男子にアプローチするためには、個人的な接点を持つことも大切です。

「その他大勢の中の1人」とは思われてはいけません。

思い切って個人的にメールやLINEを送り、「最近どう?元気?」などと、さりげなくコミュニケーションのきっかけを振ってみましょう。

「ちょっと思い出したものだから」とあからさまに言ってしまっても構いません。

「年上の女性から、ちょっとでも思い出してもらえた」ということに対して、年下男子は、確実に何かを感じるはずです。

スポンサーリンク


年下男子を優しさで包み込む

 
年下の彼にアプローチするときは、年上の女性の良さを最大限にアピールするようにしましょう。

年齢の差をネガティブに思ってはいけません。

年上の女性が年下の男性にできることは優しさで包んであげることです。

何かやってあげるというよりかは、優しい言葉をかけてあげることが一番効果的です。

疲れているときは「おつかれさま」、頑張った時は「すごいね」と必ず声をかけましょう。

年下の男性は、「ちゃんと自分のことを見ててくれる、優しい女性だな」と思うはずです。

二人で会えるような関係までいったら、とにかく相手の話を聞き、悩みがあれば一緒に悩んであげることも大切です。

年上だからといってアドバイスを必ずしもしてあげる必要はありませんが、もしも過去に自分も同じように悩んだことがあるなら、その話をしてあげるので十分です。

彼はきっと、いろいろなことを話せて信頼できる人、と思うはずです。
 

無理に年下男子に合わせない

 
年下の彼にアプローチする際、彼に話を合わせてしまうのはよくありません。

年が違えば、見ているドラマ、好きな歌手、知っている事、知らない事は様々で当然です。

彼がどんなに好きなドラマで、その話を他の人としていて、話に入りたくても、「知らない」で良いのです。

ただそのときに機嫌を悪くせず、「知らないから教えてほしい」と言えるかどうかが大事です。

彼の話はもちろん関心を持って聞きましょう。

また服装も無理に若い子のような恰好をする必要はありません。

自分に一番似合う格好、大人な女性、それが年下の彼にとっても一番素敵に見えるはずです。

もしかしたら、大人の魅力に惹かれて、他の若い女性との良い意味での差になるかもしれないので、自分に似合う格好を大切にしましょう。

そのような誠実な態度でいれば、彼のほうは年齢を気にせずにあなたと一緒にいることができ、「歳の差なんて関係ない」状態に持ち込め、ありのままの姿を受け入れてくれるはずです。
 

年下男子にアプローチする方法のまとめ

  • 親しみやすさをアピール
  • ランチに誘う
  • 逆アプローチを待つ
  • ディナーやお酒に誘う
  • 相談に乗ってあげる
  • ちょっとしたことを手伝ってもらう
  • 個人的に連絡を取る
  • 優しさで包み込む
  • 無理に年下男子に合わせない

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク