年下彼女との付き合い方9つ

年下彼女との付き合い方に悩みを抱えている人は決して少なくありません。

年下の彼女と上手に付き合うには、こちらがしっかりイニシアティブを握ることが必要です。

でh、具体的にどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は年下彼女との付き合い方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


年下の彼女との付き合い方

 

ある程度のわがままを許し、甘えさせてあげる

 
まずは、相手に甘えさせてあげることが必要です。「甘えやすい環境づくり」と言ってもいいでしょう。

そのためには、ある程度のわがままを許してあげる包容力が必要になります。

すべてこちらがリードして、「こうしろ、ああしろ」と指示したり、「これはだめ、あれはだめ」と束縛してしまうのは、包容力に欠けたやりかたです。

それでは年下の彼女は欲求不満になるだけです。

ですから、彼女のわがままを認めてあげる。こちらが精神的に優位に立っていればこそ、そうした寛容な対応ができるのです。

広い心を持ち、彼女をこちらの手のひらの中で遊ばせてあげることができれば、彼女は生き生きと恋愛を楽しみ、こちらも満足することができるでしょう。
 

わがまますぎた時には厳しく対応する

 
ただし、なんでも許せばいいということではありません。

彼女のわがままがちょっと度を越えていたり、何となく調子に乗りすぎていると感じたときには、厳しい対応も見せましょう。

強く叱責したり、指導するという方法です。

なんでもかんでも許してしまうと、イニシアティブを握っているつもりが、相手本位の付き合いになってしまいます。

そうならないために、時にはしっかり「年上の男性」であることをアピールしなければなりません。

強く叱責して、彼女が泣いてしまったら、大きな懐でしっかりと抱きしめてあげる。そのことによって、恋愛関係はいっそう深化するはずです。

スポンサーリンク


悩みや相談を真剣に聞き、親身になってアドバイスする

 
もう1つは、彼女のための有能なカウンセラーになってあげるという方法です。

年下の彼女から、仕事や学校、家族や人間関係の悩みやグチを聞かされることもあるでしょう。そんな時は、真剣に彼女の話を聞いて、適切なアドバイスをするのです。

こちらの愛情の深さとともに、人生経験の豊かさをアピールするわけです。これが上手にできれば、彼女は「さすが大人! 頼れる!」と感じることでしょう。

どんなささいな悩みやつまらない相談でも、真剣に対応してあげるのがポイント。

「そんなこと、どうでもいいだろ」といった、おざなりな対応は絶対にNGです。
 

デートの時はおごる等して経済的余裕を見せる

 
年下彼女というものは得てして「年上男性というものはお金を持っているものだ」と考える傾向にあります。

これは年齢差が広がれば広がるほど、その考えは強くなります。

しかし実際は年上といっても、必ずしもたくさんのお金を持ち合わせているとは限りません。

流石にデートが毎回割り勘というのでは、年上として面目が立ちませんが、何も毎回奢る必要はありません。

奢るときとそうでない時のメリハリが重要です。

たまに奢って、たまに割り勘で・・・という事を繰り返していると、次第に彼女はデート中「今日はご馳走してくれるのだろうか・・・」という事ばかり考えるようになります。

そういった事態を避ける為にもルールを決めておく事が大事です(これは彼女に宣言するわけではなく、自分の心の中で決めておくだけで問題ありません)

「食事」⇒「奢り」「その他(映画やカラオケなど)」⇒「お互い自分の分を支払い」といった感じでルールを決めてそれを繰り返してれば、彼女の方から自然とその法則に気づいてくれるはずです。

経済的余裕とは、いかにお金を使うかではなく、いかに男女間の金銭問題をスマートにこなせるかという事です。

スポンサーリンク


話をしっかり聞く

 
とにかく話を聞きます。

内容はどんな事でも構いませんが、上手いこと相槌を入れて会話を広げましょう。

彼女の話が盛り上がってきたら、そこからは更に相槌とリアクションに徹します。

「話を聞いてくれる」⇒「相談にのってくれる」と勝手に彼女の方から勘違いをしてくれます。的確なアドバイスは必要ありません。

話を聞いてもらうのが彼女の目的であり、変にアドバイスをしようとして彼女の会話の流れを止めると彼女は逆にあなたに対してストレスを感じてしまいます。
 

決断力を持つ

 
デートでのお店選びの決断を迫られるような事がきっと多々あることでしょう。

その時にあなたがお店の決定に悩み、うろたえてしますと彼女はそんなあなたにガッカリします。

そういった場合の対処方として、あらかじめ、二人の「定番」を決めておくとよいでしょう。

次にいくお店に迷った時⇒「いつものお店」やる事に困った時⇒「家で映画鑑賞」といった具合に定番を決めておけば毎回のデートプランに悩ませれる事もありません。

ただし、あまりに乱発するとマンネリに感じてしまうので注意しましょう。

たくさんのお店を知っている、たくさんの遊びを知っているとう事も年上の魅力の一つなので、そういった情報は友達などにリサーチをして、事前に情報をストックをしておくのがいいでしょう。
 

人目を気にしない

 
最近では歳の差があるカップルは多くなってきています。

歳の差があるから上手くいかないことはありませんし、むしろ上手く付き合うことができている人も多くいます。

その人たちが上手くいっているのは理由があります。それが人目を気にしないことです。

年下彼女と付き合っていると、どうしても周囲の目が気になるという男性は多くいますが、上手に付き合うためには、あまり気にしないほうが上手くいきます。

年が離れていればいるほど、最初の頃はどうしても気になるのが普通です。

しかし、気にするほど周囲はあまり見ていないものです。

必要以上に気にすると、付き合っている彼女のほうが心配することになりますので、人目を気にしないようにすることがポイントです。

スポンサーリンク


疑わないこと

 
年下の彼女を持つといろいろと心配するのは当たり前のことです。

しかし、彼女に近づく男性にいちいちやきもきしていると、長続きしないのです。

彼女が若いからということで、いろいろと拘束しようとすると、むしろ彼女に嫌われることにもなりかねませんので、疑わないことが大切です。

年上の自分を選んだことに対して自信を持ち、相手を信じることが必要です。
 

包容力を忘れない

 
年下の彼女が年上の男性に求めているものは、包容力です。つまり心の大きさです。

大きな心で包容されるのを年下の彼女は求めていますので、変に束縛しようとすると幻滅されてしまいますので、心配の種はいろいろあるはずですが、平静を保つのです。

無理して年上ぶることも必要ありません。落ち着き、じっと構えるぐらいが一番いいのです。

年下の女性と付き合っていると、彼女からいろいろ口うるさくいわれることもありますが、大人の対応が必要です。

間違っても「若いから」という発言はしないようにすることが大切です。

時として相手は馬鹿にされていると感じることもあります。そうならない為にも、心を広く寛大に振舞うことが上手くいく最大のポイントなのです。
 

年下彼女の呼び方は名前が基本

 
いかがでしょうか。

年下彼女というのはやはり可愛いものです。そんな彼女が男性のためにあれこれしてくれたりしたら、その気持ちはなおさらでしょう。

また、多くの人が悩んでいるのが、年下彼女の呼び方です。「○○ちゃん」と呼んだほうがいいのか・・・と考える人もいますが、呼ぶときは名前が基本です。

なぜなら年下彼女はそれを望んでいることが多いからです。

女性としては男性から名前を呼ばれたいという気持ちがあるので、その気持ちを察して、恥ずかしがらずに名前で呼びかけるようにしましょう。

ふと名前で呼んだときは年下彼女を胸キュンさせることができるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク