年の差恋愛のメリット・デメリット9つ

年の差恋愛のメリット・デメリットとはいったいどのようなものがあるでしょうか。

せっかく付き合うのですから、そのメリットを受け取りデメリットを上手に避けるようにして付き合っていきたいと思いませんか?

そこで今回は年の差恋愛のメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


年の差恋愛

 

年の差恋愛のメリット:世界が広がり、人間的に成長できる

 

年の差が大きければ大きいほど、流行のもの・価値観・生きてきた時代背景など、色々とギャップが生じてきます。このギャップをポジティブに生かせれば、年の差恋愛は非常に有意義なものになります。

今まで自分が接してきたものとは全く違う価値観に触れることで、自分の内面世界が大きく変わってきます。

これは、人間的に成長できるチャンスを与えられたとも言えます。

そして、「自分とは違うものを受け入れる」ということも自然にできるようになり、偏見のないものの見方ができるようになって、人としての器が大きくなっていきます。

年の差恋愛は、自分の内面を大きく成長させるきっかけになってくれるのです。

 

メリット:知らないことが知れる

 

恋愛相手が自分より年上な場合、今まで行った事のなかった場所に連れて行ってもらえたり、マナー、作法を教えてもらえたり、自分の力では知り合えなかった人々と知り合えて、新しい人脈が出来たり。

自分より年下の場合だと、最近流行っていることが知れたり、自分も若くなったような気分が味わえたり、年下の子を可愛がっているという優越感ひ浸れたり。

お互いに今までの自分にはなかった自分を発見できるところが歳の差恋愛の魅力の一つです。

スポンサーリンク


年の差恋愛のデメリット:共通の話題が少ない

 
歳の差恋愛で一番大変なことは、相手との話題。テレビにしろ学生の時にはやったことにしろ、とにかく話題がかみあわないことが多いのです。

自分にとってはだいぶ昔の話が、相手にとっては最近の話になってしまったり、相手に合わせたはずの話題が浅い知識のせいで間違っていて、気まずくなってしまったり。

彼に合わせて「ガンダム好きなんだ!」と言ったのに、「ごめん、ガンダムは新しいから知らないんだ。宇宙戦艦ヤマト世代だから」なんてことがあったりします。

あまり気負わず、知らないことはお互いに知らないのだから教えあおう、という関係性が築ければ、お互いの信頼関係も増すでしょう。
 

年の差恋愛のデメリット:友人に紹介しづらい

 
自分と同年代の友人にとっては、歳が離れているあなたの彼氏、彼女はどう扱っていいのか分からない存在になってしまいそう。

タメ口なのか敬語なのか?からはじまり、どんなテンションで付き合っていいのか分からないはずです。

そんな友人に気を使って、みんなでワイワイ騒ごうよ!という会に自分の彼氏、彼女を連れて行くのをためらってしまったり。それが原因で友人との付き合いもおろそかになってしまうこともあるかもしれません。

歳のことは気にせずに、ありのままの自分を受け入れてもらえるように自然体でいれば、友人達も人となりを理解して付き合ってくれるようになります。
 

デメリット:結婚に対するビジョンが大きく違う

 
年の差恋愛でデメリットになることの1つとして、「結婚に対するビジョンの違い」が挙げられます。

かたや、年齢的に結婚を焦る世代・かたや、「結婚はまだまだ遠い未来の話」と思って、全く現実味を感じていない世代、といったように、結婚に対する考え方が正反対であることも多くあります。

これを解決するためには、何度も何度も冷静に話し合う必要がありますが、あまりのビジョンの違いに、いつまで経っても話が平行線のままという危険性もあります。

「結婚したい」と思っている側が強引に推し進めるわけにもいかず、非常にデリケートな問題の1つでもあります。

スポンサーリンク


デメリット:周りの目線を気にしなければならない時がある

 
年の差恋愛のカップルが歩いている時、周りから少々誤解を受けることがあります。

例えば、「こんな若い子を騙したのかしら」と思われてしまったりすることもありますし、そうかと思えば、カップルではなく親子に間違えられてしまうということもあります。

なので、他人からの目線を気にしがちな人にとっては、このようなことが年の差恋愛におけるデメリットの1つになってしまうこともあります。

人の目を気にしない強さが必要かも知れません。
 

年の差恋愛は自分と違う考え方にふれられる

 
年の差恋愛のメリットとして、年齢が離れている相手と付き合う事によって、自分や自分の年代とは違った考え方にふれる事が出来るという事があります。

自分だけでは思いつかないような考え方にふれられる事で、自分自身の考えの幅も広がる事になるでしょう。

しかし、時と場合によってはその考え方があまりに違いすぎてしまうという事があります。それが年の差恋愛の考え方におけるデメリットとなりますが、考え方の違いの溝が埋まらず、それが結果的には別れにつながるという事もあるのです。

自分と違う考え方にふれる事が出来るのが、年の差恋愛のメリットでありデメリットでもあると言えるでしょう。
 

相手を理解しようと努力する

 
年の差恋愛の場合には、やはり同年代のカップルに比べて色々違いがありますから、お互いに理解を深めようと努力するという事があります。

その為、相手の事を思いやり、相手に対して理解しようと一生懸命になるのがメリットと言えます。

ただ、その努力が必ずしも実るというわけではありません。いくら努力しても分からない・分かり合えないという事もあり、それがデメリットとなるのです。

年齢差があるから分かり合えないのはある意味当然の事であり、ある程度は仕方ないと達観しておかないと、思いつめてしまい苦しくなってしまいます。

相手を理解しようとする姿勢自体はメリットと言えますが、分かり合えないと思いつめるようなデメリットの部分も含んでいるのです。

スポンサーリンク


趣味やレジャーなどが違いすぎる

 

年の差恋愛の二人がデートで困るのは、年齢差があるためにお互いの趣味やレジャーの好みが違いすぎてしまうという事です。

例えば一緒にカラオケに行ったとしても、好みの歌というのは年代によってかなり違います。

お互いの趣味や好みを知る事で、新たに好きなものが増えるとしたらメリットといえますが、心から楽しめないようでしたら年齢差が逆にデメリットとなるでしょう。

年齢差による好みの違いはお互い気になりますが、上手に相手の好きなものを取り入れて、楽しいデートを実現していくようにしましょう。

 

年の差恋愛を楽しもう

 

いかがでしょうか。

今回は、年の差恋愛のメリット・デメリットについて、お伝えしました。

せっかく付き合った二人なのですから、是非お互いの年齢さによるギャップを埋めるようにして、素敵な恋愛を続けていけたら良いですね。

何よりも大切なことは年の差をきにするよりも、お互いの独自の空気を生み出し、とことん楽しむことですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク