恋に恋してる女の子の特徴と恋に恋するのを直したい人がやるべきこととは?

あなたは今、恋に恋してる状態ではないでしょうか。

恋に恋してると言われるとあまり良いイメージを持つ人はあまりいません。

あなた自身もそうだとは思いたくはないですよね。

なのでまずは本当に恋に恋してるかどうか確認する必要があります。

そこで今回は恋に恋してる女の子の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

また、もし恋に恋してる状態をやめたい人の治し方についてもご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

《目次》

スポンサーリンク


恋に恋する状態とは?

 

恋に恋する状態とは、相手のことをあまり知らないのにも関わらず、恋心を抱いている自分に酔ってしまうことです。

本当の恋との違いは、自分をベースに考えているか、相手を中心に考えているかの違いです。

わかりやすく言えば、恋に恋してると状態の人は、あの人と上手くいったらアレやってコレやってと自分のやりたいことを第一に考えてしまう人です。

もし相手のことを本当に好きで大切にしたいと思っているのであれば、自分のことよりも相手のことを最優先で考えるはずでしょう。

他にも様々な特徴があるので具体的に見ていきましょう。

 

恋に恋してる女の子の特徴

 

自己愛が強く、恋する自分に酔ってしまう

 

自己愛が強いというのが、恋に恋する女性の特徴の一つでしょう。

ふつうの恋愛は、特定の相手に恋愛感情を抱き、その人のことを深く愛するものですが、恋に恋する女性はそうではありません。

「特定の男性のことが好き」なのではなく、「恋愛している自分のことが好き」なのです。

恋する女性は美しいと言いますが、女性は実際に恋愛感情をもつことによって、女性としての魅力や輝きを増すものです。

つまり、恋に恋することによって、女性はより女性らしい輝きを持つことができるといっていいでしょう。

恋に恋する女性は、そのように輝きを増している自分を認識することによって、自己愛を満足させているわけです。

いわば自己完結型の恋愛ということになりますが、自己完結して満足感を得られているのですから、むしろ特定の男性は必要ないという言い方もできるに違いありません。

また、自己愛の強い女性は女優気質なところがあります。

恋に恋している自分を、まるで恋愛ドラマのヒロインのように感じ、恋する自分に酔っているということができるでしょう。

ヒロインである自分に酔い、女としての魅力を増している自分に酔い、自己愛を満足させているのが、恋に恋する女性の心理的特徴なのです。

スポンサーリンク


臆病な性格で傷つきたくない

 

恋に恋する女性は恋愛体質でありながら、ほんとうの恋愛をすることには消極的ですが、その原因はおくびょうな性格にあります。

ある特定の男性に恋心を抱き、自分からアプローチしたとしましょう。

うまくいって交際することになればいいですが、そうなる保証はどこにもありません。

自分から告白したものの、男性に断られる可能性もあります。

そうなれば、自分の心は深く傷つくことになってしまうでしょう。

おくびょうな性格の女性は、それが怖くてしかたないのです。

また、たとえ告白がうまくいって交際することになったとしても、そのあとで、彼氏からフラれてしまうというリスクもあります。

その時、こちらが彼氏に強い恋愛感情をもっているとすれば、心に負う傷はさらに大きくなるに違いありません。

それを想像すると、おくびょうな女性は、とても特定の男性を対象とした恋愛に積極的になることはできないのです。

過去に大きな失恋した経験がある場合も、おくびょうになって恋に恋するようになることがありますが、多くの場合、おくびょうな性格のために、特に大きな失恋体験はなくても、リアルな恋愛に消極的になると考えていいでしょう。

「傷つくのが怖い」というのが、恋に恋する女性の特徴ということになります。

スポンサーリンク


男性の理想が高く、理想にこだわりすぎる

 

男性の理想が高すぎるというのも、恋に恋する女性の特徴といっていいでしょう。

ふつうの女性は、理想の男性像は持ちながらも、それはそれとして、理想像とは違う男性と恋愛関係になれるものです。

たとえば、ある俳優のような男性が理想という場合でも、その俳優とはまったく似ていない男性を彼氏にする女性は少なくありません。

多くの女性は、理想は持ちながらも、現実と折り合いをつけて恋愛すると考えていいでしょう。

恋に恋する女性は違います。

人一倍高い理想を持つ上に、その理想にこだわりすぎるのです。

そのため、気になる男性が現れたとしても、「理想のタイプじゃない」と判断し、それ以上強い恋愛感情を持つことはありません。

かなり、理想に近い男性であっても、「理想とは違う」と、NGの判断をしてしまうのです。

恋に恋する女性は恋愛体質でありながら、そのように現実の男性を「NG」と判断してしまうため、現実的でない自分一人の恋愛の世界に生きることになってしまうと考えていいでしょう。

現実世界で自分の前に現れる男性を、「この人もダメ、あの人もダメ」と判断してしまうのです。

男性の理想が高く、それにこだわりすぎるため、特定の男性と恋愛関係になれないのが、恋に恋する女性の特徴ということになります。

スポンサーリンク


自分が置かれている状況が理解できていない

 

恋に恋する女性は、自分の置かれている環境や状況を全く理解していません。

例えば自分の年齢が30代後半なのに、10代の女の子の彼氏を簡単に奪えると思っていたり、年下の高スペックな男性が自分のことを好きになってくれると信じています。

周囲の友人が結婚していたり、子供がいるような年齢になっていても、他の人と自分は違って自分だけは高校生ぐらいで外見の劣化が止まっていると勘違いしています。

そのため「私はまだまだ大丈夫。自分はモテる。ちやほやしてもらえる」と疑いません。

自分の現実を直視せずに、今のままの自分でも、少女漫画やドラマにでてくるような素敵な男性が自分のことを好きになってくれる、いつかは告白してもらえると考えています。

根拠のない「私は大丈夫」という自信があるので、自分の年齢には合わないような若い服装やメイクでも、「普通の同世代の人は似合わないだろうけど、自分だけは似合っている」と信じています。

何歳になっても、歳に合わないファッションや、いつまでも学生のような恋愛観を持っているので、次第に周囲の同世代からは浮いてしまいますが、浮いているという現状にも気付かないままです。

スポンサーリンク


辛いことがあると妄想の世界に逃亡する

 

恋に恋していると、常に頭の中では妄想上の恋愛でいっぱいになります。

そのせいで現実世界よりも、妄想の世界がメインになったり、現実世界で嫌なことがあるとすぐに妄想の世界に逃げてしまいます。

例えば職場で自分のミスで叱られたり、友達から嫌なことを言われると、ショックで落ち込んだり反省するのではなく、素敵な恋愛ドラマや少女漫画を読むことで現実逃避をして気分を落ち着かせます。

トラブルを起こしても反省しないため、問題に対して根本的な解決ができなかったり、同じミスを何度も繰り返します。

何度同じミスをしても、またすぐに妄想の世界で現実逃避を行うので、周囲からは問題がある人向上心がない人と評価されることも少なくありません。

このタイプの女性の家には少女漫画が沢山あったり、恋愛ドラマがDVD-BOXで揃えてあったりします。

周囲にはそういう妄想癖を隠していることが多いのですが、趣味を絶対に教えてくれなかったり、どんなに親しい人でも家に呼ばない、よくボーッとしている、持ち物を見ると高い買い物をしている感じではないのに、趣味にお金をつぎ込んでいるのであまりお金がなさそうなどの特徴があります。

スポンサーリンク


実は恋愛経験が少ない

 

恋に恋してしまう女性は、恋愛に対する期待値が高くなったり、男性に対する目が厳しくなりがちです。

そのため、理想の男性と現実の男性の違いに悩んでしまい、現実の恋愛には臆病になってしまいます。

ドラマや漫画で得た知識で、さも恋愛経験豊富なフリをしたり、友人の恋愛相談を得意そうに聞いてあげたりしますが、友人から「いつも相談にのってもらってばかりで申し訳ないから、〇〇ちゃんの恋愛相談も聞くよ」と言われると、何も具体的に話せる内容がありません。

ついつい強がって「私はいいの」「うまくいってるから大丈夫」「今は恋愛に疲れてお休み中なの」と言ったりして、自分の本当の恋愛経験のなさを誤魔化します。

友達同士で彼氏から貰った物や、デートの話になると、本当は行ったとない場所や貰ったことがない物の情報を、ネットや雑誌の知識を総動員して、できるだけリアルに自分の恋愛話として話します。

架空の話ばかりしていると、そのうち感の良い人だと「あれ?おかしいな」「本当に彼氏がいたことあるのかな?」と気付いて疑われるのですが、本人は恋愛経験が少ないため、自分がおかしいことを言っていることに気付かないままです。

スポンサーリンク


恋に恋する状態を直したい・やめたいときの対処法

 

どんな人と恋をしたいのが具体的に考えてみる

 

恋に恋している状態のときは、ただ漠然と「恋がしたい」という気持ちであることがほとんどです。

ですから具体的に相手を想像することで「恋に恋する状態」をやめて現実を見ることができるようになります。

例えば職業は会社員とか自営業とか、顔や身長など、できるだけリアルに想像してみましょう。

そしてその人とどんな風に出会ってどんなデートをするのか、という所まで考えます。

この時気をつけたいのが「自分の都合よいことばかり考えないこと」です。

恋愛をしたことがある人なら分かると思いますが、完璧な男性は残念ながら存在しません。

恋している相手も人間なので良い所も気になる所もあるのが普通です。

まるで夢物語のような恋愛を想像するのではなく、現実的な恋愛を想像してみましょう。

真剣に考えれば考えるほど、どんどん想像はリアルになっていきます。

すると現実味がでてくるので、恋に恋している状態をやめることができますよ。

恋は人とするものですから、恋に恋していても何も始まることはありません。

まずは現実的になって実際の相手を探すことが、そんな状況から脱出する対処法です。

スポンサーリンク


自分磨きをサボらない

 

自分磨きは女性にとってとても大事なことです。

恋に恋している状態では何も始まりません。

そんな時は一度、自分に矢印を向けてみましょう。

今あなたの矢印は、恋という漠然としたものに向かっていますから、その矢印を自分に向けるのです。

もっと痩せたいとか肌をキレイにしたいとか、髪のケアをしようとか、とにかく何でもいいので自分に目を向けることです。

痩せたいなら運動をしてみたり肌がキレイになりたいならスキンケアを変えてみたり、他にも自分磨きする方法はたくさんあります。

女子力をアップさせるために料理の腕を磨いてみる方法もそうですし、姿勢を正したりなんて小さなことでも大丈夫です。

恋に恋していると、まるで王子様のような素敵な男性が自分を迎えに来てくれるような気分になりますが、王子様も「自分のことに怠っている」人より「輝いている人」の方が好きなはずです。

いくら素敵な男性に出会えたとしても自分に怠っているとそんなチャンスも逃してしまうので、しっかり自分を磨いておきましょう。

そうすれば素敵な出会いがあったときに現実の恋愛が始まりますよ。

理想の相手を求めてばかりではなく、自分磨きもしっかりしましょう。

スポンサーリンク


恋愛から一度目をそらしてみる

 

恋愛することは確かに女性にとってとても大事なことです。

しかし一度恋愛から目を背けることで恋に恋している状況をやめることができます。

友達と遊んだり仕事を頑張ったり、趣味をみつけて没頭してみたり。

恋愛以外にも楽しいことはたくさんありますから、一度恋愛以外のことに集中してみましょう。

資格取得を目指して勉強してみても良いですし、ペットに愛情を注ぐのも良いですし、一人旅に出掛けてみるのも良いですね。

映画を見たりゲームをしたり、部屋の模様替えに凝ってみたり、美味しいレストラン探しやオシャレなカフェ巡りも楽しそうです。

一度恋愛から離れた方が冷静にもなりますし、きっとその方が実際に恋に発展する相手と出会ったときも上手くいきますよ。

他にことをしていれば恋以外のことを考える時間が長くなりますし、何か没頭できることが見つかるかもしれません。

楽しみが増えることはいいことですし、人生にハリがでてきっと楽しく過ごせるようになります。

そうなれば恋に恋している状態をやめることができますよ。

没頭できるもの、好きなことを初めてみましょう。

スポンサーリンク


恋に恋してるのは女性だけでなく男もたくさんいる

 

いかがでしょうか。

恋に恋するのは女性というイメージがありますが、男性もたくさんいます。

つまり性別はあまり関係がなく、それよりも大切なのはその状態であることをしっかりと自覚することです。

恋に恋しているのは決して悪いことではありませんが、そればかりだとただ相手が頻繁に変わるだけで、同じことの繰り返しになってしまいます。

1つの恋愛に対しての満足感や充実感も次第に薄くなってしまうでしょう。

相手がいないから何となく、寂しいからといった理由で恋愛をするのではなく、あなたが本当に好きな人とうまくいくように自分磨きをしたりするなど努力を重ねることで恋に恋してる状態から少しずつ改善されていくはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク