アプローチから始まる恋愛6つ

アプローチというのはすべての恋愛の最初にステップだと言えます。

しかしその方法や心理は多岐にわたり、なかなか複雑なものですよね。

ただし、その一部を知っているかいないかで、その後の恋愛に発展するかどうか大きく変化するものです。

そこで今回はアプローチと恋愛についてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


アプローチと恋愛

 

アプローチとしての恋愛メールは量より質を重視する

メッセージの内容が薄い、ネタに欠けた内容を何回もやり取りしていると【この人とのやり取りは面白くない】と思われてしまいます。

頻度は低めでも質が高いメッセージを送ることによって、相手があなたに抱く印象は高くなります。ベストな時間帯でも話しましたが、あまりメッセージの返信が遅いと相手も盛り上がりません。

これは初心者は難しいところですが、相手が盛り上がる内容や返信の頻度はどれがベストなのか模索して経験値を積んでいくほかありません。

何より優先したいのは、メッセージの質です。相手がすぐ返事したくなるような内容を心がけることが仲良くなる第一歩です。
出典 メールでの効果的なアプローチ方法とは?

 
人によっては好きな人ができるとつい積極的にアプローチをしてしまいがちです。

もちろん相手によってはそれでも効果があるときもあるでしょう。しかし多くのケースではそのガツガツさに引いてしまい、結果として上手くいかないことが大半です。

これは直接的なアプローチでもそうですし、メールやLINE(ライン)でも同じことが言えます。

まずは好きだという感情を自制することが、その恋愛を上手くいかせるための第一歩だと言えるでしょう。
 

アプローチしたくなる恋愛サイン

自分を触らせることは思いの他有効です。

「最近体重やばい」などと言って、お腹を触らせたり、「少しは筋肉あるよ」と言って、腕をさわらせたり、自分の体を触るのに抵抗がない場合は脈ありサインの1つです。

ちなみに女性の体に触らせてくれるのは、かなり脈ありですが、一歩間違うと「キモい」レッテルをはられますので、恋愛初心者の方は、相手の女性に触らないことをお勧めします。

一番引かれる要素で第一位は「体に触られた」と言うのが、常にトップに君臨しています。
出典 脈ありサインの見分け方

 
多くの人は脈ありサインがあるからこそ、アプローチをしたくなる生き物です。

なので、アプローチをして欲しいのなら、体の一部分を触らせるのもいい方法ですし、相手のを触って、意識させるのもいいでしょう。

これはアプローチさせる側でも、アプローチする側でもどちらでも大きな効果を得ることができるので、チャンスを見つけては積極的に活用したいテクニックだと言えるでしょう。

スポンサーリンク


アプローチから始まる恋愛方法

女性も同じかもしれませんが、男性は「微妙な関係」の異性に対して恋愛感情を持ちやすいものです。

具体的に言えば、とても仲の良い女友達に対しては恋愛感情が生まれにくいのですが、たまに会って話をする「女性の知り合い」には、キュンキュンしてしまうものです。

あなたがもし、相手の男性とそれほど親しい関係でなければ、まずは会う回数を増やすことから始めてください。

ポイントは「あなたに会いに来た」感を(今はまだ)出さないこと。偶然を装って、「何か最近良く会うな」と相手に思わせてください。
出典 意中の男性を振り向かせる!「ちょうどいい」アプローチ方法

 
これは女性向けに書かれているものですが、女性でも男性でもどちらでも使える方法です。

恋愛対象として意識させるには、友達になってはいけません。

特に女性は一度友達になってしまうと、その男性を恋愛対象として見ることはありませんので、恋愛にはなりにくくなってしまいます。

これではアプローチどころではありませんよね。

なので、希少性を有効活用して、意識させるようにしましょう。この方法は先述でお伝えした量より質の考え方と全く同じだと考えていいでしょう。
 

恋愛アプローチするときのメール頻度は相手に合わせる

私がアプローチをする場合、メールか電話は、一日空けずに送ります。が、あくまで相手に会わせることが第一。頻度、長さ、返信速度を相手のペースに合わせます。

また、三週間後に遊びに行く約束をしたのなら、それまでに誘うことはしないですね。それはがっつきすぎと思います。

予定が入っていて、3週間後と決めたのですから、それを破るようなまねはおかしいと思いますね。
出典 気になる異性へのアプローチ頻度について

 
基本的には定期的にメールやLINE(ライン)を送るのがいいでしょう。しかしこれはあくまでも基本です。すべての人に対して有効であるわけではありませんので、注意しましょう。

特に相手が忙しい人だと、なかなかメールやLINE(ライン)のやり取りは難しくなりますし、お互いのタイミングが合わないなぁ、なんてネガティブな印象を与えてしまいます。

なので、まずは相手のライフスタイルを探るために様子見で連絡をとり、そこで連絡する頻度を決めましょう。

連絡の頻度に気を付けるだけで、相手に相性の良さをアピールすることができます。

スポンサーリンク


アプローチからの恋愛を求める男性の特徴

男性は好意を持てそうな女性、いわゆる「恋愛可能ゾーン」にいる女性が現れると、まずその人のことを知りたがります。相手の「情報」を受け取った上で、それでも好きになれそうかどうかを「頭で」判断する生き物なのです。

もちろん一目惚れなどの例外も存在しますが、「駆け引き」の初期における男性は必要以上に戦略家であるといえるでしょう。
お相手があなたの「情報」を集めていて、さらに以下の様な素振りをみせているのなら、それは本格的なアプローチへと繋がる段階かもしれません。
出典 男性が好きな子へアピールしたい時に取る行動8選!出会いがないとお嘆きのあなた、アプローチサインを見逃すな!

 
男性からのアプローチというのは比較的分かりやすいものです。

最初のアプローチとして一般的なのが、相手のを知りたがることです。これは女性でも同じかもしれませんが、相手にまるっきり興味がなければ、いろいろ聞き出そうとはしませんよね。

女性は恋愛話が好きなものですが、男性は気になる人の恋愛話以外はあまり聞きたくないものです。

なので、恋バナ関係でいろいろ聞いてくるかどうかで脈ありかどうか判断できることでしょう。
 

男性心理の恋愛アプローチはしつこい

漠然と「今度お茶しようよ」と誘われてしまうと、こちら側は行きたくない場合に断る理由に困ってしまいます。日時を指定することによって、「行きたいのだけれど、その日だけは無理なんだ。」と断りやすくなるのです。

このようにわざわざ断りやすい誘い方をするのは、次のデートの成功率を高めるためです。「無理強いをしない男性」という印象を与えることで、女性の警戒心を和らげ、次に繋げやすくしているのです。

こういう誘い方をする男性は、必ずまた同じ方法でデートに誘ってくると思っておいたほうが良いでしょう。次の一手を生かすための布石として、最初の一手はあえて捨てているのです。
出典 男性からの最初のアプローチのサインを見抜く方法

 
いかがでしょうか。

最後は男性心理の恋愛アプローチで締めましたが、こちらも基本は男性、女性問わず覚えておきたい内容です。

今回はアプローチについて色々お伝えしましたが、アプローチに関しては男女に大きな違いは見られないものです。どちらかというとその人性格によるものが大きいでしょう。

なので、男性だから・・・、女性だから・・・と思わず、アプローチに関してはすべて参考にしてみてください。

きっと良い恋愛ができるキッカケになるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク