恋と愛の違い9つ

恋と愛の違いとはいったいなんだろう・・・と時折考えることはないでしょうか。

漠然としたイメージはあるけれど、具体的な例を出したり、ちゃんと言葉にするのはかなり難しいですし、こんがらがってしまうこともありますよね。

そこで今回は恋と愛の違いをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


恋と愛の違い

 

自分の欲を満たそうと無理をするのが「恋」・相手の幸せさえあれば自分も満たされるのが「愛」

 
「もっと会いたい」「もっと連絡が欲しい」「もっと愛して欲しい」など、自分の欲を相手にぶつけて満たそうとするのは「恋」です。

誰かを好きになり始めの頃には、この「恋」の状態を誰もが経験することになります。しかし、人間の欲には際限がありません。

相手に対して「もっともっと」と要求してしまい、それが満たされなかった時は1人で苦しんでしまうのです。「恋」というのは、欲にぐるぐる巻きにされて非常につらい状態です。

しかし、それを乗り越えて「愛」の世界に行ってしまうと、自分の欲などどうでも良くなります。相手が幸せそうにしていれば、それだけで満足なのです。

「愛」の境地へひとたびいってしまえば、心が安らかになります。
 

常に何かと不安が付きまとうのが「恋」・安心感に満たされているのが「愛」

 
「浮気をされたらどうしよう」「恋人が自分から離れて行ってしまったらどうしよう」と、常に不安と隣り合わせの状態は、「恋」です。

恋の段階では、自分の欲を相手に満たしてもらうことばかり考えるため、「もし思い通りにならなかったらどうしよう」という不安が、いつも付いて回るのです。

「恋」の状態を長く引きずると、精神的に不安定になりやすくなります。

しかし、「愛」の境地に行くと、相手がどんな反応をしようと、全く関係なくなります。ただ傍にいるだけ、ただ恋人を愛しているだけで幸せなので、常に安心感に満ちているのが「愛」です。

スポンサーリンク


裏切りという概念が存在するのが「恋」・存在しないのが「愛」

 

恋人の気持ちが自分から離れて行ってしまう、ということは、残念ながらよくあることです。これを「裏切られた」と感じて恨みの感情に苦しむのは「恋」です。

しかし、たとえ恋人が自分から離れて行っても、「きっとそれまでの縁だったのだ」と潔く認め、去りゆく恋人が幸せであるように祈ることができるのが「愛」です。

心の底から相手を愛していると、どんな形の別れが来たとしても、「裏切られた」とは思わなくなるのです。「愛」には、被害妄想が存在しないのです。

 

恋と愛の違いは自分中心か、相手中心か

 

恋をした時自分の事ばかりを考えがちです。

相手に対して自分はどう想われてるか、また相手に好いてもらいたい、愛されたい。そのような感情をもっている時は恋をしている時でしょう。

世界が薔薇色に見えて相手の事ばかり気にかけてしまう、相手も自分の事を特別に思ってほしいと頭の中でぐるぐる考えてしまいがちです。

それが愛に変わると相手が幸せならそれで良い、相手に幸せを感じてほしい、相手の喜ぶことをしたいと考えるようなり、そのようになったら、相手に対して愛情をむけている状態になります。

例え相手が自分に好意を与えなくても、相手が幸せならそれで良いという心から思えた時が愛と恋の違いですね。

スポンサーリンク


恋と愛の違いは相手に尽くすか、自分が尽くされたいか

 

恋している最中は、自分と相手は対等でいたいもしくは相手が自分に尽くしてほしいと考えます。

自分のために何かをしてほしい、と考えている間は恋しています。だからこそ、意中の相手が貴方に何かをしてくれると、貴方は凄くうれしくなるし満たされるでしょう。

愛してしまうと、相手が喜ぶことこそが自分の幸せになってしまいます。

自分が相手に与えることで、相手が喜んで褒めてもらえたらその時心が満たされて、また相手に褒められたいとなりがちです。

だからこそ相手が困ってしまうと、慌ててしまいがちで、愛情が空回って悲しくなることが多いといえます。

 

恋と愛の違いは必要とされるか、必要としたいか

 

相手に自分が必要とされたいと思う間は恋です。

自分の事を大事にしてほしい必要としてしてほしいと考えてしまっている間は恋をしており、自分が相手の事を必要なのだ、だから大事にしたいと考えだしたら愛情となってより深く意中の相手を好きになり、大事にしていけます。

大事にしようとする気持ちこそが愛と恋の違いです。

もし好きな相手が出来たら、大事にしていきたいと思う気持ちを持っていければ愛城に代わり、その時愛と恋の違いが理解していきます。

スポンサーリンク


相手の意見と自分の意見を尊重

 

恋愛は恋と愛が隣り合わせで成り立っているものですが、恋と愛は別物です。

自分の欲を押し付けても良いのが恋で、お互いの欲を尊重するのが愛です。

例えば、私は貴方とずっと居たいという欲があって、束縛をしてまで一緒に居ることが恋なのです。恋と言うのは好きなだけということです。

しかし、相手のことも尊重し、自分の要望も言った上で折り合いをつけて関係を持つことで、愛と言えるのです。

相手の要望を受け入れ相手が満足した結果、自分が幸せを感じることが出来るようになれば、愛していると言えるでしょう。
 

空気を読める仲

 
自分の言いたいことを言って満足してしまうのが恋です。

絶対にこれだけは言いたい、言わなければ気が済まないと相手の心境も考えずに言って、喧嘩になってしまったりギクシャクしてしまうのです。

それとは逆に顔色ひとつ見ただけで、今大体どんなことを考えているなと推測出来るのが愛です。

一言話しただけで、なんか機嫌良さそうだな、機嫌悪そうだな、元気がないなと察することが出来れば、相手も言わなくても解りあえる仲になれるなんて、愛し合っているなと思えるきっかけになるのです。

しかし、恋があっての愛なのですから、積み重ねなければ顔を見て解ることも出来ません。

それに所詮他人なのですから、愛があっても、大体の軽い感じでしか相手を察することしか出来ないので、大体わかれば良いのです。深く解ろうとしても今度はありがた迷惑に受け取られてしまいます。
 

相手の悲しみも幸せも共有出来るか

 
相手に、幸せなことが起きたときに良かったね。と流してしまうのが恋で、自分のことのように大喜びするのが愛です。

恋の場合は、自覚がなくても、自分が主なのです。愛は、悲しみを自分を犠牲にしてまで思いやれる事です。

自分がどうなっても助けたい、どうにかしたいと思えるのが愛なのです。極端に言えば、恋は友達、愛は家族と例えられるのではないでしょうか。
 

恋と愛の違いは明確

 
いかがでしょうか。

恋と愛の違いについて悩む人を良く見かけるものですが、くよくよ悩んでいる人は恋しかしたことがない人だと言えるでしょう。

こうやって実際に言葉にして、恋と愛の違いを伝えるのはなかなか難しいものですが、実際に体験すると、「あっこれは愛なんだな」と感じる瞬間が必ず訪れるものです。

その時の感覚を得れば、もう二度と恋と愛の違いはなんだろうと悩むことはありません。

自分本位ではなく、もっと相手の立場になって関係を深めていってはいかがでしょうか。すぐに違いがわかるようになるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク