女ストーカーの対策5つ

ストーカー事件の被害にあっているのは女性というイメージが強いですが、実はストーカー被害に遭っている男性も少なくありません。

女ストーカーから被害を受けている男性は、自分が男性であるということもあり、警察に届け出る率が女性よりも少ないので数が少なく感じるだけです。

男性ストーカーによる被害よりも、被害が深刻になるケースも多い女ストーカー。

万が一被害にあった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。

そこで今回は、女ストーカーの対策を紹介いたします。

スポンサーリンク


女ストーカーの対策

 

女ストーカーの被害の深刻さ

 

女ストーカーによる被害は深刻なものが多いです。

男性の会社の前での待ち伏せはもちろん、会社へ直接電話をしてくるというように、男性にとって最も重要な“仕事”を妨害してきます。

つまり男性の息の根を止めるかのような行為に出るのです。

こういった被害を受けて、会社を辞めざるをえなくなってしまった男性は非常に多いです。

ある研究では、女ストーカーはなんらかの人格障害を患っているというデータもあります。

女ストーカーには論理的思考が欠落している場合が多く、まともに話し合うことが困難です。

男性が既婚者であっても、自宅にまで押しかける女性ストーカーも珍しくありません。

「妻がいるんだ」と説明をしても、「私が別れさせてあげる」といった独自の思考法で物事を考え、常軌を逸した行動をとります。

女性ストーカーの真の怖さは、自分の妄想に周りまで巻き込んで事を大きくしてしまうことです。

妄想で、「妊娠した」と騒ぎたてる女性がいるのはこのためです。

被害者にはなんの心当たりがなくても、いかにもそれが真実であるかのようにあちらこちらで吹聴します。

ストーカーのターゲットになることで、その後の人生が大きく狂ってしまうことも十分にあり得るのです。

スポンサーリンク


女ストーカーの特徴

 

ストーカー化しやすい女性には共通点があります。

大きな特徴としては、過去の辛い恋愛経験により、男性に対して不信感を持っていること。

男性を信用できないので、ケータイをチェックしたり、『今日なにしてたの?』という連絡を頻繁にします。

束縛というよりは監視したいという欲求が強い傾向にあるといえます。

また、仕事の愚痴や上司の愚痴、友達や家族等の周りの人の愚痴や悪口が多いという特徴もあります。

仕事やプライベートがうまくいっていない故に、男性に癒しを求めて依存してしまうケースが多いのです。

その他の特徴として、“自分に自信がない”という特徴もあります。

自分に自信がない故に男性を強く縛ろうとしますし、他人を過度に批判して自分を守ろうとする傾向が強いのです。

外見に関しても人一倍気を使っている場合が多く、ブランド物を着飾っていたり、一見魅力的な女性に見えることも多いです。

 

女ストーカーに対処する方法

 

まず第一に、自分ひとりで円満に解決することは非常に困難であることを認識してください。

相手は思い込みが激しく、自分の都合の良いようにしか物事を解釈しません。

話をしようにも妄想と現実の区別がついていないことが多いので、話し合いで円満に解決することは難しいです。

女ストーカーの対処としてやるべきことは、付きまとわれている証拠を残すことです。

メール、映像、知り合いからの証言等、記録に残せるものは全て保存しておくようにしましょう。

これらが有る程度揃った時点で、警察と弁護士に相談してください。

民事と刑事、両方から争うことを考えましょう。

男性の場合、ストーカー被害の相談はしづらいと感じる方もいるかもしれませんが、今後被害が更に大きくならないためにも、一日も早く専門家に相談するべきです。

決して自分一人の判断で動かない方がいいでしょう。

スポンサーリンク


女ストーカーの被害に合わない対策

 

女ストーカーのターゲットになる男性にも、ある程度傾向がみられます。

女性に対して、分け隔てなく優しく接するタイプの男性や「NO」と言えないタイプの男性です。

こういった異性に好かれやすいタイプの男性の言動が、ストーカー予備軍を増長させてしまう危険があります。

自分を客観的に見直した時に、ストーカー被害を受けそうなタイプだと判断した場合は、接触する異性には細心の注意を払いましょう。

よくわからない相手に対しては、八方美人やあいまいな言葉を避けるようにした方がいいでしょう。

 

女ストーカーの対策は早急に!

 

女ストーカーは、自己中心的な考えと激しい思い込みを備えていいます。

例え周りの人皆に笑顔であいさつをしたとしても、女ストーカーは「私にだけ特別にしてくれる」と本気で考えます。

知り合って間もない異性に対しては、異性の魅力を抑えて淡々と対応することで、ストーカー被害のターゲットになるリスクを低くすることができます。

女ストーカーを甘く見てはいけません。

被害にあえば大きな損害を被ることになりますし、女ストーカーによる殺人事件も起きているのが現実です。

自分のものにならないことが受け入れられず、殺すことで自分のものにしようと考えるのです。

体格的に男性に劣る女ストーカーによる殺人は、非常に計画的ですので防ぐことは難しいでしょう。

女ストーカー対策は、早急な対策が何よりも重要です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク