彼女との喧嘩で仲直りするコツ7つ

付き合っているとどうしても避けられない物は喧嘩です。
喧嘩をしてしまった時の仲直りの方法ありますか?

いつも喧嘩をしたらこうやって仲直りしてますと
仲直りする方法をわきまえている人は少ないのではないでしょうか。

そこで彼女と喧嘩の仲直りするコツを読んで仲直りするヒントを探りましょう。

スポンサーリンク


彼女との喧嘩で仲直りするコツ

 

言い訳はしない

必要以上の言い訳はやめましょう。
出来る限り、聞き手にまわってください。

相手の言い分を全て聞いてあげましょう。
女性は伝えて発散したいものなのです。
出典 彼女と喧嘩してしまった時にうまく仲直りするコツ

 

まず、自分に言い分があっても、相手の話を聞く事です。

お互いに言いたい事を言い合っているだけでは衝突ばかりで
解決に向けた話し合いもできません。

どちらに非があるにせよまずは言い分を聞く事です。
途中、口を挟みたい事があっても黙って聞きましょう。

一通り相手が話し終わったら次は自分の番です。

その時に彼女が話してる途中に口を挟むタイプであれば、
事前に「落ち着いた?今度はこちらが話すけど話し終わるまで口を出さなかったから、
今度は話し終わるまで聞いていてくれる?」と口を挟ませない約束をしましょう。

それでも口を挟もうとしたら「言い足りない事があれば言って聞くから」と
再び聞き手に回る事です。

自分が話す順番の時に言い訳は止めましょう。
もちろん相手の言っている事に誤解があれば誤解を解く事は必要です。
しかし、自分を正当化するための言い訳は相手を逆なでするだけなのでやってはいけません。

スポンサーリンク


相手を他人だと割り切る

相手をついつい自分の延長線上に見てしまっていませんか?
そうなると「ちょっとした違い」が許せなくなってしまうものです。

でも、相手は元々他人。
違って当然、分かり合えなくて当然です。
出典 「でも、別れたくない……」喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事

 

どんなに話し合っても自分の言い分を聞き入れてくれない。
喧嘩の原因によっては自分の言い分が聞き入れられない事もあります。

それは当然の事で彼女は自分自身では無いからです。
育ってきた環境も考え方も違う他人なのですから、全て分かり合う事は不可能です。

ですから、自分の意見が聞き入れられないと腹を立てずに
他人だから仕方がないと割り切り、歩み寄る姿勢を見せる事です。

意見が平行線の場合どちらかが歩み寄らなければ
交わる事はありません。

恋人同士の喧嘩は勝ち負けでは無いので歩み寄る姿勢を見せましょう。
そうする事で、仲直りに一歩近づきます。

 

スキンシップをする

触れ合いは相手の気持ちをなだめるのにとても効果的。
目を見ながらギュッと手を握ることで、言い争いなどから生まれる相手の

「言動をマイナスに見てしまう視点」を取り去ることにつながるでしょう。
出典 ケンカの仲直りをするためのアプローチ8パターン

 
スキンシップをする事で仲直りを確実の物にします。

スキンシップは愛情表現なので喧嘩をした時には是非取り入れましょう。
ただし、スキンシップするタイミングを間違わないでください。

まだ、相手がヒートアップしている時にスキンシップをしようとしても
拒絶されるだけで逆効果です。

ポイントは喧嘩がある程度沈静化してきて、そろそろ仲直りを切り出そうとする時に
仲直りの言葉と合わせてスキンシップをする事です。

スキンシップだけでは解決には繋がり辛いので、仲直りの言葉と一緒にスキンシップをしましょう。

子供の頃に仲直りとして「ごめんなさい」と一緒に握手するのと同じです。

スポンサーリンク


自分の方からすぐに謝る

 
女性が怒る場合、根深い理由があったりします。

そこまで深刻なケンカでなければすぐに仲直りできているはずです。

なかなか機嫌を直してくれそうにない喧嘩の場合、すぐに自分の方から謝ることが大事です。

相手が許してくれるのを待つ、というのはやめた方がいいでしょう。

謝らないままでいると、そのまま別れてしまうことになるかもしれません。

また、付き合い続けたとしても、わだかまりが残ったままで気まずい思いをします。

喧嘩をしたら、その原因についてきちんと自分で考えて、「二度と同じ原因で彼女を怒らせない」と彼女が納得するようにきちんと謝りましょう。

電話や直接会って謝るほうが気持ちが伝わりますが、怒っていて電話にも出てくれない状態ならばLINEやメールなどを使ってとにかく反省していることをすぐに伝えましょう。
 

彼女が好きなものを買ってあげる

 
例えば浮気とか散財など、既にしてしまったことで喧嘩になってしまった場合、いくら誤ってもなかなか許してくれないでしょう。

そういう場合は、彼女の気分が変わるようなアクションをしてみるしかありません。

効果的なのはやはり、贈り物です。

彼女が欲しいものを買ってあげるのです。

普通のプレゼントではなく、謝罪のプレゼントなので、彼女はわざと高いものを選ぶでしょう。

ブランドもののバッグやアクセサリーなど、数万円以上しても、ごたごた言わずに「わかった」と言って気持ちよく買ってあげましょう。

プレゼントを受け取ったことで、彼女はあなたを許したことになります。

プレゼントを受け取ってもらえただけマシだと考えるようにしましょう。

これはかなり彼女を傷つけて、別れてもしかたがないぐらいあなたが悪いことをして喧嘩になった場合に使えます。

スポンサーリンク


土下座して許してくれるまで謝る

 
謝罪と言えば日本は土下座です。

土下座されると、人はなかなか「それでも許さない」とは言えないものです。

土下座をすのはかなり屈辱的だということがわかっているからです。

男性が土下座をするのはとても抵抗感があるでしょう。

だからこそ、効果的なのです。

「普段なら土下座するような彼じゃないのに土下座した」ということで、彼女の怒りは鎮まり、「もういいよ」と許してくれるでしょう。

ふざけた、冗談ぽい土下座では意味がありません。

なんなら人がいるような街中で土下座してもいいでしょう。

彼女が「もういいからやめて」と言うような土下座のほうが、許してもらいやすいです。

ですが、この土下座の謝罪は一度ぐらいしか使えません。

毎回何度も土下座していたら、土下座の価値が下がり、土下座しても彼女は許してくれなくなるでしょう。
 

なにもなかったように振る舞う

 
喧嘩の内容にもよりますが、彼女が「そのことは早く忘れたい」と思っているような種類の喧嘩の場合、わざわざ蒸し返すとまたイライラしてきて喧嘩を繰り返すことになるでしょう。

例えば、長く付き合っているカップルの場合は、喧嘩をすることも多いでしょうし、いちいち大袈裟に謝ったりしあうことはなくなるでしょう。

ですが、きちんと仲直りしたい場合、さりげなく謝罪の気持ちを伝えることが大事です。

喧嘩中でも、「前から行きたがってた○○に行こうか」「いつか行こうって言ってたレストランに食べに行こうか」などと、彼女が楽しい気持ちに切り替えられるような誘いをしてみましょう。

なにもなかったかのように話しかけ、ふるまっても大丈夫です。

ですが、普段なら行かないようなちょっと高いお店で食事したり、彼女が「可愛いな」と手にとったものをすっと買ってあげたり、いつもと違う行動をすることで、謝罪の気持ちが自然と伝わります。

スポンサーリンク


彼女と喧嘩する理由

 

彼女の本音を聞き出したいから

 
甘えることが得意な女性であれば、素直に気持ちを口に出すことができるものの、強がりな性格だったり、甘えることが苦手なタイプの女性は、本音とは違う言葉を口にしてしまいます。

思っていることと発していることが異なるものの、表情で表していたり、遠回しな言い方をして、気付いてもらいたい気持ちも持っていることでしょう。

こうしたタイプの女性が彼女の場合、この「本音を聞きたい」ことが理由で喧嘩をすることがあります。

良かれと思ってした行動でも彼女にとって嬉しくないことだったり、場合によっては逆の意味だったりと、理解に苦しむ男性も多いでしょう。

それに対して「だったら素直に言えばいいじゃん」「さっきはこうしろって言ってたじゃん」と怒りがこみあげてきてしまい、喧嘩に発展することになるのです。

素直にならないと、彼氏が怒ってしまう可能性があることを彼女に教え、本音を言わないといけない状況を作り出そうとしているのかもしれません。
 

自分の主張も受け入れて欲しいから

 
好きな彼女の言い分をすべて聞き入れてあげられるものなら、できる限り応えてあげたいと思う男性は多いでしょう。

ただ、中には「これだけは譲れない」「ここは自分の意見を通したい」と思うこともあり、受け入れられないものがあると、喧嘩する男性がいるのです。

例えば彼女が束縛をするタイプの女性で、初めは受け入れていたものの、「男友達と遊ぶ」ということにも束縛をするようになった。

こうなってしまうと、それまで大事にしてきた友達の関係にも影響が出てしまい、「これは受け入れるべきことじゃない」と思うようになります。

こうした時に反論する形で主張し、それが喧嘩に発展することがあるのです。

心の中では「本当は喧嘩なんかしたくない」と思っているかもしれません。

しかし、喧嘩をしたり怒ったりすることで、自分の思いも理解してほしいと感じているから、妥協できずに喧嘩をするのです。

スポンサーリンク


価値観の違いによる喧嘩

 
自分が好きになった彼女と、全く同じ価値観を持っているとは限りません。

別の環境で育ち、異なる価値観を持っていることの方が多く、それが原因で喧嘩になることもあるでしょう。

喧嘩に発展させないためには、彼女の価値観を優先させたり認めてあげることが必要となりますが、自分にとって「当たり前」と思うことを覆すようなことは黙ってられなくなってしまいます。

例えば「彼氏のものは自分のもの」「彼氏は彼女の言うことを聞いてくれる人」という価値観でいる彼女に対しては、「何それ?」と理解が出来ないことでしょう。

いくら好きな彼女の価値観であっても、「それはないな」と思うことがあれば否定したり正そうとすることは自然なこと。

ただ、彼女にとっての当たり前が彼氏に否定されてしまっては、お互いに不快な思いをするようになり、喧嘩へと発展してしまうことがあるでしょう。
 

彼氏彼女の優先順位がお互いに異なるから

 
彼氏の中で「彼女は何よりも大事な人」という思いでいても、彼女の中では「家族や友人と同じくらい大事な人」という感覚でいれば、物事に対しての優先順位が変わってきます。

例えばデートの約束を前々からしていた場合、彼氏は急用があってもデートを理由に断るでしょう。

しかし、彼女の場合は、その急用が家族や友人に関わることでの問題やトラブルであれば、デートは「後からでもできる」と判断し、ドタキャンすることも少なくない。

お互いの優先順位が異なることで、気持ちにも差が出たり、相手への配慮などにも影響が出てくるもの。

「こんなにも思っているのに」と不満を持ったり、自分の優先順位の低さから、喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。

同じ「好き」な気持ちを持っていても、表現の仕方や行動は人それぞれ。

理解に苦しみ、惨めな思いをすると、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。
 

彼女と喧嘩の仲直りするコツは事前の備え

 
彼女と喧嘩の仲直りするコツいかがでしたか?

喧嘩は大小関わらず付き合っていればいつかは起こります。
喧嘩が起きない様にする努力も大切ですが、
喧嘩をした時にどう対処するかの努力も大切です。

喧嘩をした時の対処を知らないと喧嘩が中々収まらず、
たった1回の喧嘩がそのまま別れに繋がってしまう可能性もあるので、
喧嘩の対処法も予め準備しておく必要があります。

しっかりとした準備をしておけば、
いざ、喧嘩が起きた時に大事にならずに収めることが出来るでしょう。

それが、恋人と長く付き合っていく上で必要なテクニックです。
事前に、彼女と喧嘩した時を頭の中でシミュレーションして備えておくといいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク