ダイエットのやる気を持続させる方法6つ

「痩せなきゃいけない」

わかってはいるものの、ダイエットを成功させるには、毎日の食事制限や運動の継続が不可欠です。

ダイエットを始めた最初の2~3日は、「絶対に痩せてみせる!」という燃えるような思いでダイエットに取り組むことができるかもしれません。

しかし、それが1週間、2週間と経過したらどうなるでしょうか。

最初のメラメラと燃えていたやる気はどこへやら、今では風がふけば消えてしまいそうなろうそくの火になってしまっていることでしょう。

新しい習慣を定着化させるのは難しいことなので、ダイエットを途中で挫折してしまう人はとても多いのです。

では、どのようにすればダイエットのやる気を落とさずに、高いモチベーションを保ち続ける事ができるのでしょうか?

そこで今回は、ダイエットのやる気を持続させる方法をご紹介いたします。

理想の体型を手に入れるために、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ダイエットのやる気を持続させる方法

 

やる気がなくなる理由

 

ダイエットを始めても段々やる気がなくなっていってしまうのは、私たちの脳の働きによるものです。

脳はもともと飽きっぽく長続きしにくいようにできています。

・楽しい事しか続かない

・うまくできる事しかやりたがらない

・興味のある事しか覚えない

これが、私たちの脳の特徴です。

 

脳のやる気スイッチを入れるには

 

脳には刺激されると、自然とやる気が沸き上がってくる「やる気スイッチ」があります。

ここでは、どのようにすればやる気スイッチを入れる事ができるのかを見ていきましょう。

 

理想とする体型の人が写っている写真を目のつくところに置く

 

やる気が徐々になくなっていってしまうのは、ダイエットして痩せたい理由を忘れていってしまうからです。

私たち人間の脳は、日々膨大な量の新しい情報を処理しているので、放っておくとやるべきことでもどんどんやる気を薄れさせてしまいます。

そんな時に効果的なのは、理想とする体型の人が写っている写真を目のつくところに置くことです。

常に目に見えるところに、目標とする体系の写真を飾るとことでやる気が出ます。

間食をしたくなった時、運動する気が起きない時、すかさずこの写真を見て「なぜ自分はダイエットをしているか」を思い出しましょう。

携帯の待ち受け画面、冷蔵庫、寝室、パソコンのデスク周りなど、目につくところにこういった写真を飾りましょう。

同じ写真を見続けいてると脳が慣れてしまい刺激を受けなくなってしまうので、写真を定期的に入れ替えるようにすると更に効果的です。

スポンサーリンク


「痩せなければいけない理由」を明確にする

 

やる気を長く継続させる上で重要になるのは、強烈な動機づけです。

私たちは、「やりたいな」と考えていることは中々できませんが、「やらなければいけない」と考えていることはやり切ることができます。

自分のこれまでの行動を振り返ってみましょう。

あなたがこれまでの人生で達成してきたことは、あなたが「やらなければいけない」と考えていたことのはずです。

逆に、「やりたいな」と考えていることは何年たってもやれずにいるのはないでしょうか?

「やらなければいけない」と考える基準は人それぞれです。

ダイエットに成功した人は、ダイエットしなければいけない明確な理由があったからにほかなりません。

なので、痩せなければいけない理由を明確にするようにしましょう。

これは箇条書きにして紙に書き出すと効果的です。

「何故自分は痩せなくてはいけないのか?」

この動機づけが明確になほど、やる気を継続させるのは簡単になります。

 

短期的な目標を設定する

 

何かを成し遂げる上で、最終的な目標体重を設定する人は多いかと思います。

しかし、最終的な目標だけを追いかけ続けるのは、途中で息切れしてしまうケースも少なくありません。

そこで重要なのが、現実的な短期的な目標も設定することです。

これは禁煙や禁酒などでも同じですが、目標を「1週間」にするよりも「今日は絶対お酒を飲まない」というように短い目標を繰り返し設定するのが、長期的な目標を達させるコツです。

「10キロ痩せる」という目標を掲げた場合、その目標だけを追いかけるのではなくて、「今日は20分のエクササイズをする」「今日はこれだけのカロリーしか摂取しないようにする」といった短期的な目標を設定して、小さな達成を繰り返していくようにしましょう。

こういった小さな達成を繰り返すことで、やる気を継続させることができるようになります。

スポンサーリンク


成功した時のご褒美を用意する

 

ダイエットに成功した時の、自分だけのご褒美を用意しておくのもモチベーションを保ち続ける上で効果的です。

「欲しかった洋服を買う」「旅行にいく」というように、自分の胸がワクワクするようなご褒美を考えましょう。

魅力的なご褒美を用意しておくことで、ダイエットの途中でめげそうになった時も、ご褒美を思い出すことで自分を奮い立たせることができるようになります。

 

痩せたあとの自分を具体的にイメージする

 

「何が得られるか」が明確になっているのといないのでは、その行動に大きな違いが生まれます。

得たいものが確実に得られると確信している人は、やる気を継続できますが、「得られるかどうか半信半疑」あるいは「何が得られるかわからない」人はすぐにモチベーションが低下してしまうのです。

そこで、ダイエットが成功したときの成果について想像するようにしましょう。

痩せた自分と、自分がどんな成果を得ているのかを具体的にイメージするのです。

ワクワクしたり、ポジティブで明るい気持ちになるのも、やる気を継続させるために必要なことです。

 

ダイエットのやる気は常に変化する

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、ダイエットのやる気を持続させる方法です。

大切なのは、今自分のやる気がどうであれ、モチベーションというのは常に変化するということをしっかり認識しておくことです。

今日やる気満々でも、明日やる気が無くなっているかもしれませんし、1時間後にやる気がなくなっている可能性もあるのです。

そういった流動的な脳のしくみを認識した上で、今のやる気を思い出させる「やる気スイッチ」を用意しておくようにしましょう。

強烈な動機づけを思い出したり、素敵なボディラインの写真を見直したり、痩せた自分の姿を明確にイメージすることで、いつでも今の状態に戻れるようにしておくのです。

是非今回の内容を参考に、やる気を上手にコントロールしながらダイエットを成功させてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク