面白くない人だけどモテる理由6つ

あなたの周りに面白くない人だけどモテる・・・なんて人はいないでしょうか。

自ら率先して前に出たり、まとめ役をしたりするタイプでもなく、外見もそこそこ、さらに話は特別面白くないけれど、周りに人が集まってくる。

このような人はどこの環境にも一人ぐらいはいるものです。

正直、羨ましいと感じたり、こんな人になりたいとすら思うことでしょう。

では、どうしてモテるのでしょうか。

そこで今回は面白くない人だけどモテる理由とその方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


面白くない人だけどモテる

 

真面目さはピカイチだから

 
面白くない人というものは、多くが「シャレや冗談は時間の無駄。そんなことを言っている暇があったら仕事をしなくちゃ」と考えています。

そんな真面目さは、その人と同じ視点からでは「面白みがない」と捉えられてしまいがちですが、ちょっと上役の方の覚えはめでたいもの。

結果的に出世につながりやすい真面目さを持つ人を面白くないからといって遠ざけるのは子どものすること、大人の異性には好印象にうつることもあるので、「面白くなくてもモテる」という結果に発展するのでしょう。
 

安定感がバツグン

 
逆に面白い人というものは、「自分のこの気持ちを、誰か他人と共有したい」という欲求が強いことが多く、どうしても感情的な安定感に欠けます。

自分がいい気分のときには、とにかく明るいしにぎやかでいいものなのだけれど、何か嫌なことがあった時には一転、周りを大勢巻き込んでグダグダに…という具合に、落差が激しくなってしまうのです。

そんな浮つき感が子供っぽくてどうしても苦手…という人には、いつでも沈着でカタブツに見える面白くない人が光って見えることでしょう。

面白いことがモテる、というのは、つねに感情のはけ口を求めている若い人の間だけの現象と言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク


誠実そうで好印象だから

 
いつもフワフワと調子のいいことを言って周囲を笑わせている面白い人は、ともすれば「この人の話、いつも面白いんだけど、この人の言っていることって本当なのかな?」と思われてしまいます。

あまりにいつも調子がよくて上機嫌だと、その人が何を考えているのかがわからなくなってしまうのです。

かたや面白くない人の発する言葉の一つ一つは、冗談や嘘を含んでいないように感じられ、重みと真実味を帯びて聞こえます。

「この人は冗談を言うような人ではないものね」という感想を異性に抱かせる誠実さが、面白くない人の魅力の一つになるのでしょう。
 

どのような相手にも公平に接する

 
人間はみんな個性を持っており、100人いれば100通りの性格・行動・心理といった個性があります。

それだけ様々な環境のことで個々の人間の性格が構築されているといえます。

そのことを理解して相手と接することが第一歩です。

このステップを理解することが肝心です。

人間心理を少し理解できれば意外と簡単ですので、生身の人間を相手にすることを念頭に入れてください。

そして自分から積極的に人の集まる場に入って公平に接することを実践してみてください。

恥ずかしいかもしれませんが慣れてくればしめたものです。

そのためにも行動心理について知っておくことが重要になってきます。

スポンサーリンク


自分の性格を中立的に理解している

 
どんな人間にも個性があることが理解できれば、第二段階として自分がどんな性格を持っているのかを客観的な立場から理解しておくことを必要とします。

自分自身が貴重な存在であるためにどうしてもひとりよがりになり気味ですので、この作業がどれだけできているかがこの段階では需要です。

一人で行うのが難しければ信頼できる人の助けを得ながら行ってください。

相手にうっとうしいと思われないためにも、この作業は重要になってきます。
 

相手に関心を持つ

 
相手にオープンな雰囲気を出すと同時に心から興味を持つようになると、たとえ面白くなくてもモテるようになってきます。

なぜなら、その相手はあなたの様々な立ち振る舞いを通してまた他人からの情報にも基づいて、あなたの良い所をその人の立場・尺度ですでに理解することができているからです。

そのためあなたが仮にモテたいと思わなくても、自然とそのような素地ができあがっているので、結果的にあなたも周囲にも良い印象を持つことができます。

あなたがいなければつまらないと思われます。

この時点なら脈があると思えば積極的にアプローチするのも効果的です。
 

面白くない人がモテるのには理由がある

 
いかがでしょうか。

自分にとってはまったく面白いと感じない人なのになぜかモテるという人には、必ず人を惹きつける魅力があります。

単純にあなたがそれに気づいていないだけど考えたほうがいいでしょう。

基本的に人が誰かに魅力感じたり、好きになったりするのに面白さは絶対条件ではありません。

もちろん、話が面白い、一緒にいて楽しいと思う機会がたくさんあれば、それも魅力の1つなので、モテる要素にはなります。

しかし、それだけで勝負してしまうと、どうしても人間としては浅くなってしまい、少し付き合うと、大したことないんだな・・・と、そのギャップにガッカリされてしまうことも少なくありません。

ものすごく外見が良くて好きになったけれども、いざ一緒にいると性格が最悪だった!みたいな感じですね。

面白くない人がモテる人は、他の部分で勝負をしていて、それに勝ち続けているからこその結果です。

マジメで誠実な男性は結婚対象になりやすいので、とても人気を集めるものですし、仕事も無難にこなすため、安定を求める人にもピッタリ一致します。

年齢を重ねてくると、ますますこういったポイントを重視されるようになるので、面白さだけが有利になるという考え方は非常に浅く、そう考える人ほどつまらない人間だということ露呈してしまっているといっていいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク