胸がない女性が胸を大きくする方法6選

胸が小さい、もしくはないというのは女性にとってはかなり大きなコンプレックスになりうるものです。

それだけで自分は女性としての魅力がないと思い込んでしまったり、恋愛に対して臆病になってしまったりします。

また胸が育つ時期というのは思春期の精神的に最も過敏な時期でもあります。

だから他人と比較して落ち込んだり、二次成長の早い遅いというのもどうしても気になってしまうものです。

手っ取り早くパットや詰め物で誤魔化すというのも一つの方法ですが、根本的な解決にはなりません。

そこで今回は、胸がない女性が胸を大きくする方法についてご紹介していますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


胸がない女性が胸を大きくする方法

  • 胸が小さい原因
  • 毎日のマッサージ
  • 正しい姿勢のウォーキング
  • 胸が大きくなるツボ
  • 食生活を変える
  • しっかり睡眠

胸が小さい原因

 

胸が小さい原因は体質や遺伝である、という思い込みをしてはいないでしょうか?
実は体質や遺伝以外にも、日常生活のちょっとした習慣のなかに、胸を小さくする要因は沢山潜んでいます。

まず、睡眠不足や喫煙といった健康に悪い習慣はバストアップにとっても基本的に良くありません。

また、ストレスを溜め込みやすい性格もホルモンバランスに影響を与えて胸の成長を妨げてしまうので、バストアップには心身ともに健康であることが欠かせないのです。

出典 胸を大きくする7つの方法

 

毎日のマッサージ

 
身体を動かして胸を大きくする方法について代表的なものは胸のマッサージです。

一日5分ほどでいいので毎日続けることが胸を大きくする秘訣です。

最近はネットの動画で詳しい手順を説明していたり、書籍などもたくさん発行されていますが、ここでは代表的なマッサージのやり方をご紹介しておきます。

手を胸の横に置いてワキ側から中央に向けて持ち上げる感じで寄せていきます。

ここでのポイントは下から上に、そして外から中に向かって行うという点です。

肌を傷めないようボディクリームやマッサージオイルを使ってマッサージするといいでしょう。

ちなみに胸は揉んだら大きくなるというのは俗説で、胸は脂肪の固まりなので揉んだら脂肪が分解されて下手したら小さくなるのでご注意下さい。

スポンサーリンク


正しいウォーキング

 
正しいウォーキングは胸を大きくする効果やO脚を治す効果があります。

基本となるのが正しい立ち姿勢で、背筋をしっかり伸ばし、正しい姿勢を保つ事により腹筋や背筋が強くなってバストアップ効果が期待できるのです。

これも日常生活の中に取り入れる事が大切です。
帰宅の際に1駅分歩いてみたり、休みの日に毎朝ウォーキングするなど、習慣的に行ってみて下さい。

この他にも、大胸筋を鍛える腕立て伏せも効果があると言われています。

自宅で出来る方法なのでテレビを見ながらでも実行してみましょう。
 

胸が大きくなるツボ

 
運動やマッサージといった定番とは少し違いますが、胸が大きくなるといわれるツボがあります。

だん中・天溪・渕腋・乳根 という少々難しい名前の4つのツボです。

言葉でツボの場所を説明するのはとても難しいので、ここではネットで検索する事をお勧めします。

図や写真で詳しく紹介されていますので調べるのに苦労はしないでしょう。

書籍であればさらに詳しくきちんと記載されています。
 

食生活を変える

 
食品に含まれる栄養素をきちんと理解して、自分が望む効果が期待できる食品を出来るだけ摂取するように、食生活を変えてみてください。

大豆には豊胸効果のあるイソフラボンが多く含まれているため女性ホルモンに似た働きを期待できます。

外食で食べることが難しい大豆の栄養素を手軽に摂取する方法としては、豆乳を飲む事をオススメします。

それなら毎日摂取することは難しくありませんし、あまり自炊をしないという人でも簡単に摂取可能です。

またキャベツを食べると胸が大きくなるという説もあります。

ただ加熱調理したものや、漬物といった加工食品の場合は有効成分が消えてしまうのでキャベツは生食限定となります。

必要な量が1日1玉と非常に多いのでこれはかなり難易度が高いと言えます。

さらに食品から栄養素を摂取する場合は1日分クリアしたらそれでいいといったものではありません。

効果が出るかどうか判断できるまで一定期間続ける必用があるので、その間生のキャベツを食べ続けることが出来るかどうか考えてから実行してください。

スポンサーリンク


しっかり睡眠

 
最後にホルモンの分泌を促す方法です。

寝る子は育つという言葉がありますが、あれは迷信でも何でもありません。

夜の10時から夜中の2時の間に成長を促すホルモンが分泌されるので、その時間に睡眠をしっかり取ることが重要なのです。

それは胸の成長にも同じことが言えるので、特に成長期には早めに寝ることを心がけてください。

毎日10時に寝るのは難しいかもしれませんが、せめて日付が変わるまでには就寝するようにしましょう。

ついでに言えば、夜の10時から夜中の2時はお肌のゴールデンタイムでもあります。
美容・健康のためにもこの機会に生活スタイルを改善してみてはいかがでしょう。
 

胸がない女性こそ努力しよう

手術で自分の希望した通りの結果が得られるとも限らないので、やはり自然な見た目と感触のバストを手に入れるためにはまず自力でできる方法から始めることをおすすめします。

それに手術を受けた後よりも、自力でバストサイズを大きくすることに成功した時の感動はひとしおだと思います。

最近では胸を大きくするために有効な食べ物が色々と分かっており、効果的なバストアップグッズも多数市販されているので、それらもぜひ活用していきましょう

出典 胸を大きくする7つの方法

いかがでしょうか。

ここで紹介した胸が大きくなる方法は人によって効果は異なります。

絶対に胸が大きくなるとは断言出来ませんし、体質や遺伝などの影響も強いのが現実です。

「強い意志があれば」とか、「努力したから必ず叶う」といったものではないという認識が必要です。

実際に胸が大きくなる方法を試したけど効果がなかったという場合は、最終手段として豊胸手術などもありますが、当然保険は適用外となりかなり高額です。

そして年を取ってからどうなるかの保障もない上に、人によっては人工の胸は触ったり、見れば分かるなんて人もいます。

あまりオススメできませんがどうしてもという方はきちんと自分で情報収集した上で判断してください。

そして、日々の努力で女性らしい豊満なバストを手に入れましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク