美しい女性になるためにやるべき10のこと

美しい女性とはいったいどういう人を表すのでしょうか。

一言で、いうのはとても難しいものです。

とはいっても、多くの女性が美しくなりたいと思っているのは周知の事実です。

そこで今回は美しい女性になりたい人が意識するべきことについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美しい女性とは

 

美しい女性になるためには、外見と内面をバランスよく向上させなければいけません。

しかし、どうすればいいのよくわからない・・・なんて感じている人はたくさんいるのでしょうか。

美人な女性の外見と内面についてみていきましょう。

 

美しい女性の外見

 

姿勢が綺麗

 

美しい女性の共通点は姿勢が美しいです。

これが猫背な女性では決して美しいという印象を与えることはできないものです。

「1声、2姿、3に顔」これはよい舞台女優の条件と言われるものですが、容貌よりもポイントの高い位置にくるのが、姿勢の美しさなのですね。

なぜこんなに重視されるかと言えば、美しい姿勢とは、見るものにひと目で好感をもってもらえる、もっともわかりやすい印象操作ができるものだからです。

立ち姿の美しさは、それだけでgrase~グレイス・気品がただよう特別な存在感を与えてくれます。

内側から発せられるオーラをまとっているように見えるのですね。

よくしたもので、そうなると周囲にもだんだん品格のある人たちが増えていくことになります。

出典 美しい女性になる仕草のエレガンス【舞台女優が教える美のレッスン】

スポンサーリンク


外見を綺麗に保つ努力を怠らない

 

美しい女性は、人知れずしっかりと努力をしているものです。

この努力を怠ると、どんどん顔も体も劣化してしまうので、ますます理想の女性からは遠ざかっていってしまうものでしょう。

美人の条件として、内面的な部分は目に見えにくいものですが、外見的な要素は100%分かるものです。

その女性がどれだけ自身の体を労わっているか、女性としての美しさを向上させようとしているか、これは男性にも分かるもの。

努力している女性は何歳になっても美しいため、していない女性と比べるとその差は明らかです。

分かりやすく例えるならば、『鍛えている40歳男と、何もしていない40歳男』このくらいはっきり分かるもの。

男性も鍛え続けたり、外見に気を配っていることで、何歳になっても筋肉で引き締まっているものですし、ある程度の若さを保つことができます。

しかし、体を鍛えることもせず、外見への気配りもなくなったら、お腹は出ますし、一気に老け込みます。

出典 美人になる方法 外見に気を使っている女性こそ美人

 

自分に合ったヘアスタイルを見つける

 

やっぱり外見が綺麗だと、それだけで印象はよくなります。

その中でも髪型と言うのはとても重要な要素です。

美人であってもヘアスタイルが微妙なものだと、せっかくの綺麗な顔も台無しになっちゃうんですね。

逆に、イケてない顔(失礼!)の人でも、ヘアスタイルが決まっているだけで、綺麗に見えてしまうものなのです。

男性って女性に比べて、あまり細かく観察しない性質があると思います。

顔に関しても、顔とヘアスタイルの全体的なボヤけた印象でその人のイメージを判断するところがあるんですね。

そのため、ヘアスタイルを変えるだけで、全体的な雰囲気をワンランクもツーランクもアップさせることができるんです。

出典 雰囲気美人になる方法7つのポイント

スポンサーリンク


美しい女性の内面

 

色気を出す

 

色気のある女性いうのは、やっぱり綺麗に見えるものですし、ドキドキしてしまいます。

美人の色気とは、『性関係を持つ時は徹底的に楽しむ』ということです。

普段はしとやかで性などイメージさせない女性でありながら、いざ関係を持つ際には大胆に楽しむことができる。

これが美人の色気というものです。

美人とは呼ばれないが美しいという女性の場合、男性はその女性の性をイメージできるのです。

どんな風に感じそうとかどんな体をしていそうとか、男というのはそういうことをイメージしています。

しかし、本当の美人を目の前にすると性をイメージできないもの。

美しいだけの存在に見えて『やりたい』とも思えないことがあるものです。

そんな女性が実際には激しかったり男を知り尽くしていたら…。

それはもう最高です。

出典 美人になる方法 美人に求められる色気とは

 

自分で美しい女性だと思い込む

 

思い込みというのは非常に重要です。

思い込まなければ、その通りには絶対にならないのですから。

1つ目の自覚は、自分を美人だと思うこと。

美人として生きていこうと意識すること。

毎日そういう自覚を持って生きないと、いくら美形でも女は美人には見えないのだ。

出典 「美人」とは何か?美人10の条件

スポンサーリンク


雰囲気美人を目指す

 

外見に自信がなくても、雰囲気を改善させれば、その女性はどんどん美人になっていきます。

そして3つ目に気配。

これは文字通り、美人の雰囲気が美人を作るというお話。

決して美人じゃないのに、美人に見えてしまう人は、必ずこの美人の気配というものを体のどこかにまとっている。

単純に美人風の服を着ている。美人風の髪をしている。美人風の声をしている、という風に・・・・

それだけでも充分、女は美人に見えること、ここで再確認してほしいのだ。

出典 「美人」とは何か?美人10の条件

 

柔らかい雰囲気をだす

 

こちらも雰囲気美人と言うものですね。

美人というのは内面でいくらでも作れるということがわかります。

美人「美しい人」の条件って?と考えてみると、単に顔カタチなど容姿だけを指すものではないですね。

人は男女問わず、顔の造形が整っているガサツな人より、女性らしい柔らかい雰囲気の人に惹かれます。

本物の美人と言われる人からは、内面からにじみ出る性格の良さや強さがあり、それが表情や物腰に表われ周囲の人を魅了するのです。

出典 美人の条件「そりゃ愛されるはず」誰もが納得!性格美人になる方法

スポンサーリンク


笑顔などの表情を心がける

 

いつもムッとしている女性と、ニコニコしている女性だとやはり後者の人の方が好かれやすいものですし、それが結果として美人につながるということなのでしょう。

顔は目鼻口の配置だけではなく「表情」が一番の印象を与えます。

「偏った自己愛」だけではなく、自分自身を認めて大切にしながら周りにも感謝して暮らしていると、自然に誰からも愛される美しい女性になれ、全身から「美しいオーラ」を放つようになるのでしょうね。

この最強の美人要素であるオーラは、どんなに美形の顔立ちを前にしても霞むことがなく、どんどんパワーが強くなります!

性格を磨きましょう!
出典 美人の条件「そりゃ愛されるはず」誰もが納得!性格美人になる方法

 

若く保つ意識を持つ

 

脳というのは、とても正直なもので、自分が思っているものをダイレクトに受け取る傾向があります。

心の中で、「私は美しくなれない」なんて思いがあると、自然とそういう状態に向けて脳や体が反応してしまいます。

心の持ちようはとても大切なのです。

「私って、無理して若づくりをしているのかもしれない」と判断すると、自分を責め、行動をセーブするようになります。実はそれは脳の“妄想”なのですが、その結果、「若くキレイでいたい」という意志とは反対に自分にブレーキをかけ、若さやキレイを放棄してしまうことになるのです。
出典 男性から見て美しい女性とは

スポンサーリンク


美人でも性格ブスは嫌われる

 

性格ブスという言葉があるように、美人でも性格が悪い女だと思われると、それだけで一気に美しい女性だとは思われなくなります。

お気付きとは思いますが、結局、「ブス」とは顔の造形の問題ではないということなんですよね。

意識や精神というのは不思議なものです。

「気持ちがブスを作り出す」んですから、逆に言えば、気持ち次第・考え方次第ということでもあります。

しかし、顔や容姿はいくら誤魔化せても、性格や物事の考え方、そういったものは矯正するのは本当に難しいのです。

女性の皆様、是非とも気を付けたいものですね。
出典 宝塚「ブスの25か条」と「美人の条件BEST5」!自分を綺麗にする方法

 

美しい女性とは、外見と内面のバランスが絶妙

 

いかがでしょうか。

このように、美しい女性になるためには、外見だけでなく、内面にも気を使わなければいけないことがよくわかります。

多くの人はどうしても、見かけに意識がいきがちですが、それだけでは決して目的は達成できないことをしっかりと覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク