付き合いたてのカップルが意識するべきポイント

付き合いたてのカップルだからこそ、意識しておきたいポイントがたくさんあります。

「何事も最初が肝心」ということが、よく言われますが、その一方で「終わりよければすべてよし」という言い方もします。

こちらは、恋愛には当てはまりません。

「なんといっても最初が肝心」なのが、恋愛というものなのです。

では、恋愛関係を長続きさせ、成熟させるために、付き合いたての時期にお互いが意識するべきことは何なのか。

そこで今回は、付き合いたてのカップルが意識するべきことついてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


付き合いたてカップルのデートの仕方

 

付き合いたてはゆっくり語り合う時間を作るデートにする

仕事や結婚観など、将来的な夢について語り合うケースです。

場所を選ばなければ、お金をかけることなく、盛り上がることができます。

ただし、「将来、結婚する気はない!」など、彼女との結婚の可能性を否定するような話をした場合、別れを切り出されるキッカケとなるので、注意が必要です。

出典 お金がかからない!?彼女が憧れるデート9パターン

付き合ったばかりのカップルはお互いのことをまだ深く知っていないものです。

そんな状態だからこそ、ただはしゃぐだけのデートではなく、じっくりお互いのことを話せるデートを心がけましょう。

お互いのことを知れば知るほど、愛は深まるものです。

 

男性は女性をリードするデートを心がける

デートの約束もデートコースも相手に決めさせるようでは、頼りない印象を抱かれてしまうかも。

「乗り気じゃないのかな」と思われてしまったら、進展は遠ざかるだけ。

せめてデート中くらいは頼もしく彼女をリードして「恋愛に参加している」姿勢を見せて。

出典 速攻別れる原因! カップルがつきあいたてに犯しがちな失敗例4つ

女性は男性にリードされたいと思っているものです。

その気持ちや希望を壊してはいけません。

特に付き合いたてだからこそ、最初のデートが肝心だといえるでしょう。

スポンサーリンク


家デートは付き合いたてのカップルにおすすめ

お互いの部屋で過ごすことで、相手の性格をより深く知ることが出来ます。誰でも無意識のうちに「外の顔という仮面」をかぶってしまうため、家以外でのデートでは、良くも悪くも「本当の姿」が見えにくいものですね。

「知らなければ良かった…」と、ガッカリする可能性もありますが「早いうちに見ておいたほうが良い一面」もあるのです。

出典 【付き合いたてのカップル】実践しておけば後悔しない!8つのこと

意外な一面を見るという意味でも、早めの段階でおうちデートはしておきましょう。

もちろん相手を家に案内するときは、幻滅されないようにきちんと片づけておきましょうね。

 

遠出デートや旅行も楽しい思い出がたくさん作れる

付き合ってすぐのカップルの仲の良さは、他を寄せ付けないものがありますよね。

「一緒にいられるなら場所なんてどこでもいい!」なんて思う人もいるかもしれませんが、せっかくですから遠出してみましょう。

海外や国内、泊まりの旅行に行けば、邪魔されることなく楽しい思い出がたくさん作れますよ!最初に二人の特別な思い出をたくさん作れば作るほど、喧嘩をしたときに蘇ってくるいい思い出があって別れることになり難い、なんてこともあるかも?

出典 今すぐ始めたい!付き合いたてカップルにオススメな4つのこと

旅行は二人きりでお出かけして楽しい時間を過ごす最大のイベントですが、つきあい始めの頃は何となくぎこちなくて「もっと仲良くなりたい」と思っているのに、お互いに少しもどかしい思いをすることがありますね。
でも、2人でお泊まりしたり、朝・昼・晩と一緒にご飯を食べられること自体が新鮮で幸せですね。時が過ぎてしまってからの旅行とは違って、付き合って間もない頃は「感動も100倍」!

出典 【付き合いたてのカップル】実践しておけば後悔しない!8つのこと

遠出デートも付き合いたてのカップルにはおススメです。

思い出の場所として、数年後、また来るというのもロマンチックですよね。

スポンサーリンク


付き合いたてのカップルが意識すること

 

付き合いたてのカップルはLINE(ライン)やメールのペースを上げすぎない

付き合いたては毎日していても
特に苦ではなかったのですが、
最近(半年)になって彼氏の返事が
『ほぉほぉ』とか『うん』とかばかりで
私も何を話したら良いのか分かりませ
ん。

いつも自分の事を最初に話して
『彼氏は今日なんかあった?』と振るのですが
『特にー』などの返事しか来ません。

出典 彼氏とのLINEの頻度について 付き合いたては毎

いくら付き合いたてでラブラブだったとしても、毎日朝起きてから夜寝るまでLINE(ライン)やメールをしまくっていると、自然と話題がなくなりますし、面倒になってきます。

どう返していいかもわからないと、自然と既読無視をしてしまうことにもつながります。

この状態を未然に防ぐためには、やはり最初からLINE(ライン)やメールをする頻度を上げすぎないことが大切です。

また、相手のペースに合わせることもとても重要です。

元彼がマメに連絡してくれるタイプだった場合、今のカレがLINEもメールも返信が遅いタイプだと「愛されてないのかも…」と、不安になりませんか?

すっかり体に浸み込んでしまい深くインプットさせている元彼のデータをもとに、今カレの愛を判断してしまい、その不安をぶつけてしまうと関係が壊れてしまう危険性あり。

出典 ラブラブ持続には「付き合いはじめ」が肝心! 今だからしたいこと!

スポンサーリンク


付き合いたてだからといって遠慮しすぎはNG、ある程度の自己主張は最初からすること

 
多くのカップルが犯しがちなミスが「遠慮しすぎ」です。

付き合い始めたばかりの時期は、どうしてもお互いに遠慮があります。

それはごく自然な人間心理ですし、最初からまったく遠慮しないようなカップルは、かえってうまくいかないでしょう。

しかし、それも程度問題。

あまりに相手に対する遠慮が強すぎると、「言いたいことをがまんする」「とにかく相手の好みや意志、希望に合わせようとする」ということになりがちです。

つまり、自分の気持ちに封をして、相手に気に入られようとするわけで、これは心理的にかなり無理のある付き合い方と言わざるをえません。

そして、慣れてきたときに突然、強い自己主張を開始しすれば、相手はその豹変ぶりにとまどうことにもなるでしょう。

いずれにしても、最初の過度な遠慮は、二人の関係を長続きさせるためには、マイナスにしか作用しません。

ですから、お互いを尊重しながらも、「ほどの良い自己主張」を、最初から意識することをおすすめします。

遠慮がちな性格な人は特に、少し強めに自己主張を意識するといいでしょう。
 

付き合いたてのカップルはコミュニケーションのルールを決めておく

 
付き合いたてのカップルで、すれ違いの原因になりやすいのが、コミュニケーションに対する考え方の相違です。

おおよその傾向としては、男性よりも女性のほうが、恋人とのコミュニケーションを密に取ろうとします。

もちろん逆のケースも少なくありませんが、とにかく、一方は毎日頻繁にコミュニケーションを取ろうとし、もう一方はそれに関して無頓着というケースがかなり多いのです。

この意識の差が、二人の関係に悪影響を及ぼすことは、想像に難くないでしょう。

それを避けるために、最初にルール化しておくことをおすすめします。

たとえば、「毎日一度以上はメールやラインで連絡する」とか、「毎日夜寝る前に、お休みコールをする」といったルールを作るのです。

「最低、これだけのコミュニケーションをとることにしよう」と決めておけば、二人の間に意識の行き違いは生じないでしょう。

スポンサーリンク


付き合いたてでもケンカを恐れない

 
最初の項目の「遠慮しすぎはNG」と関連しますが、多くのカップルが交際開始直後にもっとも恐れるのが「ケンカ」です。

いうまでもなく、相手のことが好きだから、付き合い始めたわけです。

である以上、その好きな相手から嫌われたくないという意識が、どうしても強くなるでしょう。

それが強くなりすぎると、「とにかく衝突だけは避けたい」と考え、腰が引けた付き合いになってしまいがちなのです。

これでは、いつまでたっても関係が深化することはありません。

もちろん、ケンカしないで仲良くいらられれば、それに越したことはありませんが、ケンカがきっかけになって、二人の関係が一気に深まるということが、現実にあります。

持つべき意識は、ですから「ケンカを恐れない」ということ。

そして、「ケンカになったら、二人で真摯にそれと向き合い、関係修繕のために最大限の努力をする」という意識を持つことです。

その努力は、具体的には「徹底的に二人で話し合うこと」に尽きます。
 

付き合いたてだからといって、無理してまで頻繁に会おうとしない

 
好きな同士が付き合い始めれば、「ずっといっしょにいたい」と思うのが自然な気持ちでしょう。

ずっといっしょにいることは現実的に無理ですから、「できるだけたくさん会いたい。会っている時間を少しでも長くしたい」と考えます。

それ自体が、間違っているということではまったくありません。

しかし、その思いがお互いに強すぎて、最初に無理をしてしまうと、結果として「太く短い付き合い」で終わってしまうことになるのです。

特に二人とも仕事を持っているようなケースでは、無理してまで頻繁に合う努力をすべきではありません。

たとえば「休日は必ずいっしょにすごす」などと決めても、実行できない場合も多々あるでしょう。

仕事優先にせざるを得ないことも、社会人にはあるからです。

ですから、「できるだけたくさん会いたい」という気持ちは大切にしながら、しかし「無理してまで会おうとしない」という意識を同時に持つことが必要なのです。

スポンサーリンク


「二人だけの記念日」を一つずつ増やしていく

 
もう一つ、これは関係を長続きさせるためというより、楽しく付き合うためにおすすめしたいのが、「二人だけの記念日」に関する意識です。

お互いの誕生日をいっしょに祝うのは、ほぼ100%のカップルが実行しているにちがいありません。

それ以外の記念日、「付き合い始めた日」を筆頭にして、「初めてケンカした日」や「仲直りした日」、「彼女が初めて泣いた記念日」などど、なんでもかまいません。

二人にしかわからない記念日を、どんどん作っていきましょう。

それが二人のきずなを深め、関係をより強固なものにしていくのです。

付き合いたてのころからそれを意識していると、二人の時間がより楽しく感じられるにちがいありません。
 

付き合いたてのカップルが抱える不安

 

相手が自分ことを本当に好きかどうか不安になる

自分から告白してカップルが成立した場合にありがちな不安。一応恋人同士になれたけど、どうして自分と付き合ってくれたのか、本当に好きなのか不安になってしまいますよね。

最初に相手の愛情を疑ってしまうのは、お互いにどのように愛情を表現していいかまだ距離感が掴めていないだけです。

まずは自分から相手に言葉や行動で愛情を示していくことを心がけましょう。

出典 付き合いたてのカップルにありがちな不安

スポンサーリンク


遊びの相手かもしれないという不安

 

【1】二人でいるのに携帯ばかり触っている男性
「彼女との会話に興味ないの?」(20代女性)というように、携帯をいじってばかりいると、楽しめてないのかなと彼女は心配してしまうようです。「ゴメン、仕事のメールで急いで返信しないといけなくて」のように一言謝罪しておくと恋人の不安も和らぐのではないでしょうか。

【2】よく残業を理由にデートをドタキャンする男性
「彼女よりも会社が大事ってことだよね」(20代女性)というように、あまりにも「恋愛<仕事」という態度だと、彼女に軽い気持ちの交際なのかと思われることも。後日のデートで、「こないだのお詫びに君の好きなワインを頼もう」などと誠意を見せるといいかもしれません。

出典 付き合いたての彼女が「私、遊ばれてる?」と不安になる男性9パターン

「常に彼女を気にかけている」ということが相手に伝わると、女性は愛情を感じるようです。付き合いたては「遊ばれてるかも」「私ばっかり好きかも」など、何かと不安を感じるもの。恋人を気づかい安心させてあげることこそがお付き合いを長続きさせる秘訣かもしれません。

出典 付き合いたての彼女に「ちゃんと私のこと好きなんだ」と安心してもらえる行動9パターン

 

付き合いたての不安を解消する方法

 

自分の気持ちを全て「不安」で片付けてしまうと、どうしても原因がないように感じてしまいますが、実は不安にもきちんとした原因が存在します。

例えば、好きかと聞いていても、「まあまあかな」と言う返答。これに対して、「愛されていないんじゃないか」と言ってしまうのではなく。「どうして、まあまあかな。と彼は言うの?」と言う問題に変換すると、「彼がシャイだから」と回答できます。

その他の憶測の不安も、過去の恋愛等が原因で彼の不安として投影させてしまうことがあります。ですから、どうして連絡がないと不安になるか? と問題として置き換えて答えを導き出してみてください。

出典 恋愛初期の不安を解消する3ステップ

スポンサーリンク


付き合いたての彼氏・彼女にあげる誕生日プレゼント

 

付き合いたての彼氏には無難なものをまずはプレゼントする

ディズニーランドや、ハリーポッターでにぎわうUSJなどの
テーマパークに二人でお出かけして ちょこっとプレゼントしても
思い出づくりにもなって良いかもしれません。

付き合い立ての彼氏へのプレンゼントのポイントは、

  • 気負わせず。
  • 無難に定番のもので
  • デートや食事に誘って一部おごってあげる。

この辺りが、実際にやりやすく
現実的なプレゼントなのかなーと思います^^

出典 付き合いたて付き合い始めの彼氏への誕生日プレゼントはこれ!

【1】自分をよく見て選びぬいてくれた「ネクタイや服」
「サイズが合ってるものだと、しっかり考えてくれたんだなあと感じます」(20代男性)というように、彼氏の体型や好みにマッチしたファッションアイテムは、よく吟味して選んだことを実感してもらえるようです。仕事でスーツを着る彼氏なら、ネクタイは鉄板アイテムだといえそうです。

【2】欲しいものをきちんとリサーチしてくれた「趣味のグッズ」
「そろそろ新調したいと思ってた自転車用のヘルメットを贈ってくれたのは嬉しかったです」(20代男性)というように、彼氏が趣味で使うグッズを的確に選ぶと、「理解の深さ」を表現できるようです。あらかじめ何が欲しいか本人に聞いて、セレクトの参考にするとよいでしょう。

出典 「俺、愛されてる!」と感激した彼女からの誕生日プレゼント9パターン

スポンサーリンク


付き合いたての彼女にあげるプレゼントは一緒に選ぶ

アクセサリーや化粧品などでも良いのですが、金属アレルギーがあったり、敏感肌で決まったメーカーの化粧品しか使えない人もたくさんいます(T_T)
あなたは彼女に喜んでほしくてお金を使っても、彼女が必要としていない物をあげてしまったら…
逆効果になってしまいます。

好みも人それぞれですし、本人と一緒に買いに行き選ばせてあげることが一番のプレゼントだと思います(^-^)v

出典 付き合いたての彼女の誕生日が来週にあるんです

 

付き合いたてで会えない日々が続いても我慢することが大切

会えない時にこちらがどういう生活なのか彼に探らせるような癖をつけましょう。彼から連絡してくる癖をつけさせるのです。

言いたい気持ち、聞きたい気持ちもぐっと我慢です。会えない時に愛を育てるとはまさにこの事だと思います。また、お仕事頑張って、お疲れ様、などは最初はいいですが、毎日つかいすぎると相手に飽きを感じさせ、言葉の効力は弱まっています。

出典 最初が大事!付き合い始めの彼をこれからも自分に夢中にさせるには?

「彼とラブラブな時期に友達と遊んでいるヒマはない!」と考えず、自分の友達を大切にしてカレと2人きりで過ごす時間を少し減らすことで、ラブラブな時期を長持ちさせることができます。
どんなに美味しい大好物でも朝昼晩と食べ続けていたら飽きてしまうように、男女の恋愛感情も長く一緒に居すぎると慣れてしまってトキメキが減ってしまいます。

出典 ラブラブ持続には「付き合いはじめ」が肝心! 今だからしたいこと!

 

付き合いたてのカップルは焦らず関係を深めよう

 
いかがでしょうか。

付き合いたてのカップルだからこそ意識しておきたいことはたくさんあります。

デートに対する考え方や、不安を感じたいときの対処の仕方、お互いの価値観など、知るべきことはいくらでもあります。

まずは、お互いを知るための準備期間として、とらえてみましょう。

そうすることで、心にゆとりが生まれ、相手を受け入れやすくなることにつながります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク