年下男子を落とす方法9つ

年下男性を落とすにはどうすればいいのだろう・・・とあなたはあれこれ考えていないでしょうか。

男性というものはいつまでたっても子供です。年下であれば更に幼く見えてしまいますよね。

年下の男性を落とすためには女性として大きな包容力と我慢が必要になってきます。

ただ漠然と我慢・包容力といってもパッとしないことが多いはずなので、今回は年下の男性を落とす際に気をつけるポイントやその方法をご紹介していきます。

年下男子好みの女性は必ずチェックしておきましょう。

スポンサーリンク


年下男子を落とす

 

相手を年下扱いしない

 

年下男性は、ついつい弟のようにかわいらしく感じてしまいますが、いくら年下であっても、相手は大人です。

未熟であっても、自分が生きてきた年数分だけのプライドを持っているのだということを忘れないようにしたいものです。

又、男性には、女性と違う形のプライドもあり、「かわいがられる」という行為に対して抵抗を感じる男性も少なくありません。

そのため、いくら年下であっても上から目線の態度で接することなく、対等に接することが大事です。

「一人前の男として、女性から認められる」ということが男性の自信に繋がり、そのように見てくれる女性に対して、男性は好意を抱くのです。

 

年上女性ならではの、余裕ある包容力を見せる

 

相手の男性と同世代の女性が持っていないもの、それは「大人の包容力」です。

「いつも堂々と構えていて、甘えたいときに好きなだけ甘えさせてくれる」という女性を、男性は無意識的に求めています。

その希望をかなえてあげられるのが、年上の女性なのではないでしょうか。

「どうしたの?どうしたの?」としつこく聞いてくることなく、黙って傍にいてくれる安心感を醸し出せるのは、年上女性ならではです。

「いつでもあなたの場所は用意している」という余裕ある愛情に、年下男性は弱いものです。

スポンサーリンク


いつもは堂々と構え、時には女性らしく相手に頼ってみる

 
年齢を重ねた女性が、いつも堂々と構えている姿は非常に魅力的です。そんな姿に憧れを持つ年下男性も少なくありません。

しかし、それだけだと、ただの憧れの対象で終わってしまうこともまた多いのです。

つらいと感じた時、自分1人ではできないことがあった時は、相手が年下であっても、素直に頼ってしまいましょう。頼りにされて悪い気がする男性はいません。

それどころか、いつもスマートに何でもこなせるイメージだった女性の、意外な一面を発見したことがきっかけで、異性として意識し始めるということもよくあります。

頼り過ぎは禁物ですが、常に堂々としている女性が、たまにかわいらしく年下男性に頼ってみると、急接近のきっかけになります。
 

ターゲット男子の悩みや気になっていることを聞きだしてアドバイスする

 
かなり手軽なのは、相手の悩みや気になっていることを聞きだし、それに対してアドバイスするという方法です。

ポイントは聞きだし方。いきなり「何か悩みはない?」と聞くのは唐突過ぎて、「は?」という反応しか返ってこないでしょう。

どうしたら、自然にターゲット男子の口を開かせることができるか。たとえば、こんなふうに水を向けてみてはどうでしょうか。

「どうしたの? なんだか元気ないみたいね。○○君らしくないな。何か悩み事とか、気になってること、あるんじゃない? よかったら、相談に乗るよ」。

このように聞けば、彼が話す確率は高くなります。

特に悩みというほどのものはなくても、「気になっていること」は誰にでももあるはず。彼が口にした悩みや気になっていることに対して、アドバイスしてあげましょう。

彼氏は「年上女性は頼りになるな」と感じるにちがいありません。

スポンサーリンク


飲み会でなどで世話を焼く

 
飲み会などの場で、ターゲットの世話を焼いてあげる、という方法もあります。

ただし、ターゲット男子の世話ばかり焼くと、下心が見え透いてしまいますから、ほかの男子にも適当に気を配りましょう。

そして、あくまでもターゲット重視で細かい気配り、心配りをするのです。

ターゲット男子は、年下の女子には期待できないような、大人の女性の気づかい、心配りに注目してくれることでしょう。
 

ショッピングにつきあってもらって、その場でプレゼントする

 
もう1つの方法です。

ショッピングにつきあってもらうというのはどうでしょうか。ターゲット男子にこのように依頼するのです。

「実は親戚の男の子が今度、大学に進学(or就職)するの。そのお祝いのプレゼントを買いたいんだけど、男子の趣味ってわからないから、困ってるのよ。よかったら、買い物につきあってくれない? ○○君はセンスいいから、ぜひお願いしたいの」。

年上の女性から「センスいい」と言われて喜ばない男子はいません。きっと買い物につきあってくれるはずです。

もちろん、実際に「親戚の子」にプレゼントするのではないのですから、あまり高価でない、たとえば皮製のペンケースなどを、ターゲット男子に選んでもらいましょう。

何かの時に男性にプレゼントできるようなものにすれば、その買い物も無駄にはなりません。

そして、「ありがとう、助かったわ。お礼させて」と、ターゲット男子にも何かを買って、その場でプレゼントするのです。

これは、効きます。

一気に親密度が増しますから、そこから恋愛関係へもっていくのは、それほどむずかしいことではないでしょう。

スポンサーリンク


しっかりと相手の話をちゃんと聞いてあげる

 
人のことを好きになるとまずやってしまいがちなのが、自分のことを知ってもらおうと自分のことばかりを話してしまうということです。

どんな性格の人でも男性には潜在的なプライドがあり、その上に乗っかられるとあまり良い気はしません。

そのために彼と話す場合は基本的に聞き役に回りましょう。聞き役といっても黙って聞いているのではなく、ちょっとしたことでも質問をするようにしましょう。

ただしあまりにも質問が多いと、逆に「軽い」と思われてしまうので注意が必要です。
 

相手の好きなことを尊重する

 
人にはそれぞれ趣味や興味というものがありますよね。特に男性と女性では趣味・興味が最初から一致することは少ないです。

そこに差異が生じた場合に「そうなんだ〜」程度で済ませてしまっていないですか?

趣味や興味が彼と合わない場合は、そのままにしてしまうのではなく、その彼の趣味・興味を受け入れる姿勢を作りましょう。

例えば、彼の好きな映画や音楽は一通り調べる、などです。

こういったいわゆる「価値観の違い」は簡単に合わせられるものではないですが、合わせられるかどうかではなく、合わせよう・受け入れようとする姿勢が男性の心を掴むキッカケになります。
 

「好意」を見せるのは時々にする

 
人と付き合うということにおいて「好き」という感情はモチロン大事ですが、男性にとってはそれ以上に「居心地の良さ」というものが大事です。

特に年下の男 性は想像以上に中身が幼かったりするので、自分が好きだからといって好意が丸出しにすると逆にうっとおしがられる原因になりかねません。

それよりもまず第一に「自分が彼にとって一緒にいて居心地の良い存在」になれるように心がけましょう。

そのためには好き好きではなく、基本は友達のようにフラットに接し、好きを見せるのはいざという時に取っておくことが大切です。
 

年下男子を落とすには年上の良さを出す

 
いかがでしょうか。

男性と女性は根本的な性質が違いますが、逆にその点を理解しておけば彼のパーソナルエリアに入ることもそう難しくはありません。

特に年下の相手なら、「あなたの全部を受け入れる」という姿勢を見せることが大切です。

そのことを意識しながら、大きな心で包み込んであげられるような女性を目指しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク