痩せる食べ物や飲み物9つ

痩せるためには運動がどうしても最初に頭をよぎることでしょう。

しかし、同じぐらい重要なのが食べ物や飲み物なのです。

もし、あなたが痩せたいと望んでいるのなら痩せる食材を口にすることが必要不可欠でしょう。

そこで今回は痩せる食べ物や飲み物についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


痩せる食べ物や飲み物

 

食物繊維たっぷり野菜

 

野菜はいくらたべてもたいしたカロリーにはなりません。

とくに、現代人は野菜不足になりがちなので、毎食野菜をたっぷりとるようにしたいものです。

最初に野菜を食べれば、血糖値もゆるやかに上昇し、満腹感も感じやすくなります。

野菜ジュース飲んでいるから大丈夫、というものでもありません。

特に、生野菜は意識して取るようにしたいものです。

生野菜には酵素が含まれています。

野菜ジュースは残念ながら酵素をたくさんとることは不可能です。

食べやすいように、味付けを工夫したり、ドレッシングを使ったりしてもいいでしょう。

野菜はご飯よりも多めを心がけます。

 

ローカロリーで栄養価も高いきのこ

 

キノコは免疫力アップ、がんの予防など健康にもいい食べ物です。

しいたけ、しめじ、エノキなどキノコはスーパーでも安く手に入れることができ少量でも満足感のある食べ物です。

いつもの肉料理に、キノコをプラス、野菜料理にもキノコを、と意識してキノコを取り入れるようにしましょう。

キノコは実はどんな料理にも合うのでおススメです。

味噌汁に、スープにたっぷり入れるとおなかも膨らみます。

食物繊維も豊富で腸にもいい食べ物です。

意識しないとなかなか取れないので外食やコンビニ弁当が多い人はぜひキノコだけは別にストックしておくようにしましょう。

スポンサーリンク


コーヒーのカフェイン効果

 

コーヒーのカフェインには脂肪燃焼効果があります。

運動をしている人は、運動の30分くらい前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まると言われています。

また、コーヒーには利尿作用もあり、むくみの解消にも役立ちます。

基礎代謝もアップして血液の循環がよくなると言われています。

カフェインにはリラックス効果もあるので、ダイエット中のストレスも軽減してくれることでしょう。

いいことがたくさんあるコーヒーでも、いつも砂糖やミルクをたくさん入れて飲むと逆効果なので注意しましょう。

また夕方や夜にカフェインを摂るのは控えた方がいいでしょう。

 

いろいろ言われているけれど和食中心の食事

 

その時その時のはやりで、ダイエットに関しての、色々な食事法や色々な食材が紹介され、テレビなどのメディアで、本当に、そういった話題に触れない日が無いというほど、みんなの関心があるものが痩せる食事法です。

しかしながら、その時その時で、一時的なものが多いということも気づきますよね。

例を挙げると、バナナやリンゴダイエットも流行りました。

しかし、他の食材でも、ずっと痩せるものとしてメディアで取り上げられているものは、かなり少ないのです。

そんな中、健康を維持するという意味でも、昔から日本人が食べているので日本人の体質に合っているという意味でも…、また、程よく栄養を取り入れ、ローカロリーであるという意味でも、和食は、注目され、海外スターなどにも人気がある食事です。

スポンサーリンク


スーパーフードと言われているチアシード

 

こちらは最近の流行りと言っても良い食材ですが、水分を含むことにより、10倍に膨れ上がると言われ、空腹感を満たすことで、痩せやすいとされているのが、チアシードです。

このチアシードは、スーパーフードとも言われるほどの人気の食材で、今では、ドラックストアや、スーパーでも気軽に購入できるほどポピュラーな食材になってきました。

大さじ一杯程度で、かなりの食物繊維が摂れるため、そういった点でも、痩せる要因とされています。

ただし、摂りすぎると下痢気味になるということもあるので、容量はほどほどにしましょう。

そして、朝食でスムージーなどの飲み物として摂る際には、咀嚼を促す摂り方を心掛けるということも、忘れずにいましょう。

それと、冷えやすい時期や冷え性の方には、体を冷やす点もあることから、体調と相談しながら摂る必要もあるようです。

 

ローカロリーで食べられるこんにゃく

 

こんにゃく芋が主成分であり、グルコマンナンと言う食物繊維が豊富なので、こんにゃくが痩せると言われるのでしょう。

こんにゃくの黒さは、ひじきが入ることでそうなります。

白滝などはひじきが入っていない細いこんにゃくと言うことです。

こんにゃくに関しては、昔から、痩せる食材として言われてきましたし、日本の食材の中でも、習慣的に食べられているので、安心して摂りやすいという点があります。

スーパー等では、もちろんこんにゃくとして売っていますが、最近は、糖分を加えたこんにゃくゼリーもポピュラーで、手に入りやすいですね。

お菓子として、こんにゃくゼリーは子供から大人まで人気がありますが、過去には、噛み切れずに窒息死と言う悲しい事故も発生していますので、お子さんと食べるときには特に注意が必要ですね。

スポンサーリンク


カロリーの低い食材を食べる

 

食べたいけど痩せたいのが、ダイエットの辛いところです。

食べることをある程度我慢できるのであれば、食事の量をバランス良く減らすことで痩せますが、なかなか難しいです。

そんなときにはカロリーが低い食材でお腹をみたしましょう!

例えばこんにゃくや白滝はかなりローカロリーなのに食物繊維も豊富で、お通じにも良くて嬉しい食材です。

特におでんにすると出汁の味も楽しめるのでオススメです。

他にはキャベツもかさが増せてカロリーも低くビタミンCもあるのでオススメです。

毎日キャベツの千切りを夕食前だけでも取り入れると満足感が得られます。

 

身体を整えてくれる物

 

腸の調子を整えると、排便がスムーズになり溜め込まない身体になるので痩せます。

消化の良い食べ物は腸内にとどまる時間が少ないので腸内に負担がかかりにくいのです。

従って消化の良いものが腸に良い食べ物なのです。

食物繊維豊富なりんごバナナや、お腹に良いとされているヨーグルト、更に穀類や玄米も腸を綺麗にしてくれます。

豆類や大豆もお腹に良く、豆腐や枝豆も良いです。

お粥はとても消化が良いのでオススメです。

刺激の強いものは腸にとても負担を与えてしまうので避けましょう。

キノコ類や海草類も食物繊維やミネラルが豊富です。

スポンサーリンク


カロリーを燃焼してくれる物

 

食べたり飲んだりすることで、カロリーを消費してくれる食材や飲み物もあります。

唐辛子等はカプサイシンに発汗作用があるため、カロリーを消費してくれます。

他には大根には生の酵素が含まれているので1日に5センチ程度生で食べることで体内の酵素が増えて、身体の消化酵素を促進してくれます。

運動前のカフェインには、取り入れた後で運動するとカロリー消費を促進してくれる作用があるのです。

ショウガは代謝や発汗作用を高めてくれる食材です。

お味噌汁を飲む前に少しすり下ろしを入れたり、毎日食事に少し取り入れると身体に良いのです。

 

痩せる食べ物や飲み物のまとめ



  • 食物繊維たっぷり野菜
  • ローカロリーで栄養価も高いきのこ
  • コーヒーのカフェイン効果
  • いろいろ言われているけれど和食中心の食事
  • スーパーフードと言われているチアシード
  • ローカロリーで食べられるこんにゃく
  • カロリーの低い食材を食べる
  • 身体を整えてくれる物
  • カロリーを燃焼してくれる物

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク