彼氏と倦怠期がない人の特徴6つ

【彼氏と倦怠期がない人の特徴】について紹介します。

付き合っていれば誰しもが一度は悩む、倦怠期。

出来れば避けて通りたいと思っているかたも少なくないことでしょう。

[adsense]

彼氏と倦怠期がない人の特徴

 

どんな時も素直に感情表現をしている

 

倦怠期というのは、相手に飽きを感じたり魅力を感じなくなることが殆どです。

それを防ぐために、いつもありのままの自分を表現することが大切です。

嬉しいときは沢山笑い、嬉しいことを相手に表現する。

悲しい時は涙を流し落ち込んで、相手に相談して甘える。

相手に対して何か思うことがあればその都度しっかりと話し合い解決させる。

このようなことが一番大切なポイントとなります。

どんな時も嘘をつくことなく、自分を表現することができればストレスもなくなりますし、相手との信頼関係を築くことができますね。

また、色んな表情を汲み取らせることが出来るため飽きがくることが少なくなります。

自分にとっても、自然体でいられる関係でいれたらとても素敵だと思いませんか?

 

自分なりの考え方を持っている

倦怠期とか名付けるより、落ち着いてきたのかな、お互い気を使わなくても一緒に居られるようになったんだなと思った方が幸せではありませんか?
初めは彼からのアプローチで始まった恋で、与えられることの方が多かったのだと思います。でも、半年も経てばお互いの気持ちも繋がって、信頼感や安心感が生まれると思います。だんだんと、非日常の恋愛から、日常生活に戻ってもいきますよね。
良い歳して、恋愛脳ばかりの男性って薄っぺらいと思いませんか?仕事に一生懸命になったり、大事な友達がいて有意義な時間を過ごしていたり、でも、そんなアクティブな生活の中で、ゆっくりまったり気を使わない彼女との時間を楽しめる男性って魅力的ですよね。

出典 どのカップルにも倦怠期というものはやってく

[adsense]

自分の時間や趣味を大切にしている

 

自分の趣味や時間を大切にしている人はとても魅力的に感じます。

彼を退屈させない女になるためには、まず自分の好きなことをやりたいだけやるということです。

倦怠期は相手が自分に対し、あまり魅力を感じない時期でもあります。

そうならないように、しっかりと自分の時間と2人の時間に見切りをつけて接しましょう。

相手の趣味と同じ場合は、一緒に楽しんだり共有することも良いと思います。

趣味もなにもなく、自分の時間より相手にべったりくっついていたらマンネリとなります。

相手からしても重荷になっている可能性もあります。

自分の時間も大切に考え、彼との距離を適度にとるようにしましょう。

 

倦怠期になる原因を知っている

恋愛における精神的なつながりとは、パートナーをもっと知り、強いつながりで結ばれたいという気持ちが元になっています。こうした精神的つながりがしっかりとあってこそ、セックスでの満足度も高まるのですが、セックスでつまずいて初めて精神的なつながりの重要性に気づくカップルも多くいます。しかしこのつながりが時と共に薄れ、いわゆる倦怠期を向かえてしまうケースがたくさん。それには、以下のような理由が考えられます。

・日常生活のストレス(仕事、人間関係、経済事情、家事、育児など)が多くなり、パートナーとゆっくり時間を過ごす余裕が無い

・浮気や生活習慣の違い、ケンカなどによって信頼関係が低下する

・付き合いが長くなる過程で、パートナーへの関心が低くなり、“この人はこういう人だ”と勝手に決めつけてしまう

・過去の経験や失恋などから、傷つくのを恐れ、パートナーに対して100%正直になれなかったり、ほんとうの気持ちや欲求を相手にぶつけるのを恐れたりしてしまう

出典 倦怠期なんて関係ない!! 彼とずっと仲良しカップルでいるための秘訣とは?

[adsense]

交友関係を広く持っている

 

倦怠期は彼と一緒にいる時間が長すぎることが多くの原因となっています。

多くの交友関係を異性問わず持っていることで、自分にとってもプラスとなり

彼を手のひらで転がすことが可能となります。

いつまでも彼にべったりではなく、交友関係があることでつかずはなれずの距離感を保つことが出来ます。

ただし、彼以外の男性と遊びすぎてしまうと喧嘩になってしまうため注意が必要です。

交友関係を広く持ち、色んなところに出向くことで自分にとっても視野が広がるきっかけになります。

また、自分の友達に彼を紹介することで彼を喜ばせることも出来ますし、

色んな会話ができるためあなたの新たな一面を彼に見せることが出来、倦怠期になりにくい状況になります。

自分の友達を大切にするという簡単なことで、倦怠期を遠ざけることが出来るのです。

 

頻繁に連絡を取りすぎない

 

彼との連絡は一日に何回していますか?

メールが返ってこない、電話に出ないだけで不安になることが多くの女性は経験していると思います。

しかし、男性からしたら連絡というのは必要なときに返せば良い位にしか思っていないのです。

倦怠期は相手との距離が近すぎることで起こることがあります。

相手のことを知りすぎてしまうと、関係性に慣れてしまい家族のように感じてしまうからです。

そうならないために、頻繁に連絡を取ってしまうことはとても危険な行為といえます。

頻繁に連絡を取ることで彼のすべてを知りたい、自分のすべてを知ってもらいたい。

それは彼にとっては束縛の一部となり、自分が気持ちよくなりたいだけのエゴでしかありません。

自分にも彼にもストレスのない連絡方法や、頻度を今一度見直してみましょう。

 

彼氏と倦怠期がない人の特徴6つ

 

・どんな時も素直に感情表現をしている

・自分なりの考え方を持っている

・自分の時間や趣味を大切にしている

・倦怠期になる原因を知っている

・交友関係を広く持っている

・頻繁に連絡を取りすぎない

以上が【彼氏と倦怠期がない人の特徴】です。

共通していえることは倦怠期は普段から彼の気持ちを汲み取って行動すれば訪れないことです。

自分の気持ちだけでなく、彼の気持ちを理解し行動するよう心がけましょう。