30代独身女性の特徴9つ

30代で独身女性の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

今では一般的になってきましたが、やはり20代で結婚した人と、30代で独身の人とでは行動や考え方が異なってくるものですよね。

そこで今回は30代の独身女性の特徴をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


30代独身女性の特徴

 

「肩の力が抜けた人」と「諦めた人」という二極化が進む

 
30歳を過ぎて、社会人としてある程度余裕が出てくると、目の前の現実を見るゆとりも出てきて、結婚に対しての焦りが少なくなることもあります。

そのため、良い意味で気が抜ける人と、悪い意味で気が抜ける人という両極端なタイプが存在するようになります。

良い意味で気が抜けた人というのは、「結婚ばかりが人生の価値ではない」と悟り、「だったら、他に生き甲斐を見い出して、私だけの楽しい人生を送ろう」と決める人です。

そんな女性はガツガツした雰囲気がないので、適度に肩の力が抜け、大人の優しさがにじみ出るようになるのです。

一方、悪い意味で気が抜けた女性は、「どうせもう私なんて、女性としての価値はない」と全てを諦め、女を捨てた行動に走ってしまうのです。

そのような女性からは、若い子がドン引きしてしてしまうような、だらしない雰囲気が漂います。
 

内面に芯の強さがある

 
30歳を過ぎるまで男性伴侶に頼らず、1人で一生懸命生きてきた女性には、どこか芯の強さがあります。

自分1人で色々な決断を下さなければいけなかったという状況が、彼女たちの精神面を鍛えていったと言えます。

この強さを上手に生かしている30代の独身女性には、若い女性が持ち得ない包容力があります。

1人で生きてきたからこその苦労も経験しているので、人の痛みがわかるのです。

しかし、この芯の強さの使い方を間違え、悪い方向に行く女性もまた多く、そのような女性は、変に頑固だったり、態度や言葉がきつくなったりして、周りの人間から敬遠される存在になってしまうのです。

スポンサーリンク


結婚相手に求める条件が高くなる

 
女性が30歳を過ぎてからは、「ただ惚れた・はれた」だけでは、男性を交際相手に意識することが減ってきます。

夢よりも現実を見るようになってくるのです。

特に、30歳を過ぎてから結婚を望んでいる独身女性は、今後の生活や老後のことも視野に入れて交際相手を選ぶので、どうしても結婚相手に求める条件は高くなってしまうと言えます。

「恋愛は夢・けれど結婚には現実が付いて回る」という言葉を日々噛みしめているのが、30代の独身女性なのです。
 

仕事が出来る

 
30代独身女性は仕事をバリバリやりキャリアアップしている人が多いです。

長年の経験から仕事の効率も良く無駄が少ないため、上司や同僚から頼りにされる傾向にあります。

また女性特有の立ち振る舞いもバッチリなので男性社員を上手く手のひらで転がすのも上手です。

家庭を持っているわけではないので時間に融通が利くこともあり仕事終わりの接待にもよく駆り出されます。

30代にもなると男性のかわし方や持ち上げ方も上級なのでこのような場でどんなシチュエーションにも対応できることから非常に重宝されます。
 

貯金があるなど収入面が安定している

 
30代は転職する女性もいますが、一つの会社で働き続ける人が多いです。

年齢的に仕事も安定しそれに伴って収入も上がり生活が安定します。

独身女性は自分のお金を自由に使えるのでブランド品を買ったり、美容院やエステにも行き、美味しいものも自由に食べることができるため、家庭のことを気にしなければならない既婚女性よりも自分自身に投資できる金銭的な余裕があります。

小奇麗な格好をしている人、ヘアスタイルやメイクがいつもバッチリ決まっている女性は独身女性の特徴と言えます。

スポンサーリンク


男性経験が多い

 

30代独身女性は男性経験が多いです。

同じ彼氏とずっと付き合っている、今までの彼氏の数、合コン回数、デートした回数。

タイプは分れますが経験、知識共に強者が多いです。そのため年下の男性女性にアドバイスを求められやすく凄く頼りになるお姉さん的存在に見られます。

今までの経験から体験談を含め客観的に物事を考えられるので適格に的を得ている意見を与えることができるのです。

そして30代独身女性はモテます。

女性として一番脂がのっている年齢だけあって年下からも年上からも人気は高いです。

仕事面も安定し独立しており服装やメイク、ヘアスタイルにも気を遣い、男性の扱い方も上手い。性格が若干きつい所があるのがたまに傷ですが経験値は高いです。

 

意地っ張りで悩みを話せない

 

30代独身の女性は自分にプライドを持っている人が多いです。

滅多な事では自分の意見を曲げず、周りの人間の立場としては何と戦っているんだと時に疑問に思ってしまうような事もあるでしょう。

しかし、20代後半になれば結婚しないのかと親からも職場の人からも盛んに言われ始めるのです。

そんな言葉を何年も言われ続ければ自分に引け目を感じてしまうのも当然です。

他人から心無い言葉を投げかけられる度、独身の女性は一人で生きている、又は一人で生きていくと強く実感するのです。

その為、自分は強くならなければいけないと言う思いから、時に過剰に意地をはってしまったりするのではないでしょうか。

スポンサーリンク


嫉妬心が強い

 
女性の30代は結婚に対して一番微妙な時期です。

30代のうちに何とか結婚しておきたいけれど中々相手が見つからないと一番焦りが募る期間ではないでしょうか。

そんな時、職場の後輩や友人の結婚の話、妊娠の話等聞いたらどうでしょう。

自分はどうして上手く行かないのかと卑屈になり、他人に嫉妬してしまう気持を持ってしまうのも分かりますよね。

しかし、そこで自分の気持ちをコントロール出来ずに、嫉妬心を露わにしてしまうような人は他人から見て余計に痛々しく感じてしまうものです。

逆に自分の今の状況に焦らず、心に余裕を持てる女性はとても魅力的です。

もう立派な大人なのですから、嫉妬心は心にしまい、余裕を持つ事が大切ではないでしょうか。
 

幼い

 
30代の独身女性が精神的に幼く映る事はないでしょうか。

30代になると後輩がどんどん入社してきて職場では大先輩です。

自分が後輩に指示できる立場であり、又、独身である為にプライドや意地も発生して他人に言う事に向きになってしまう、自分の意見を押し通してしまうと言った嫌われるような態度を取ってしまう人が時に存在します。

このような先輩はお局様と呼ばれ、会社の人から腫物のように扱われてしまうので30代独身女性こそ、大人な対応をしなければならないのです。
 

30代独身女性の割合は増加している

 
いかがでしょうか。

少し前までは30代で独身女性となると売れ残りなんてひどい言われ方をしていましたが、最近ではむしろ一般的だと言えるでしょう。

仕事にも自由の幅が利きますし、恋愛も気の済むまで楽しむことができます。

20代で結婚し、子供を産んだ人は、それはそれで幸せを感じるものですし、周りにはそう伝えます。しかし、ふとしたときに「まだ独身だったらな・・・」と感じる女性は決して少なくありません。

つまり早めに結婚したからこそ抱える悩みというのは必ずあるものなのです。

20代で結婚しても、30代で独身でも、どちらも一長一短な部分がありますので、独身だからと言って悲観的になるのはナンセンスです。

むしろ今の自分に自信をもって、今の年代をとことん楽しんでやろうというぐらいの気持ちが大切だと言えますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク