40代の恋愛の特徴9つ

40代の恋愛とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

20代とはまったく違う恋愛をする人もいれば、いつまでも変わらないままの人も少なくありません。

好みのタイプが変化することもありますし、結婚に対して焦りを感じる年頃でもあります。

もしくは、すでに諦めていることもあるかもしれませんね。

このように人によって、様々な恋愛の形があるものです。

そこで今回は、40代の恋愛についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


40代の恋愛

 

40代の恋愛1. 結婚に対するスタンスを確認しあう

 
40代からの恋愛と、30代までの恋愛にはさまざまな違いがあります。

中でも一番大きな違いの一つが「結婚」に対する考え方、感じ方でしょう。

20代、30代の恋愛では、かなりの割合で「結婚」が強く意識されます。

最初からそれを目的としてスタートすることもありますし、付き合ううちにお互いに結婚をゴールと捉えるようになることも少なくありません。

40代以降になると、その意識がかなり薄れます。

もちろん、中には「何がなんでも結婚」というモチベーションで恋愛を求める40代もいるでしょう。

しかし、そうでない人のほうがずっと多いものです。

ですから、40代以降の人が恋愛をする場合は、「結婚に対してどんなスタンスをとっているのか」を、お互いに確認しあう必要があります。

そこが明確になっていないと、相手との意識に齟齬が生じ、のちのちめんどうなことにもなりかねません。

逆に言うと、その点が明確になっていて、相手との齟齬がなければ、スムーズに長い付き合いをすることが可能になるのです。

「結婚を視野に入れているのか、いないのか」を、早い段階で話すようにしましょう。

スポンサーリンク


40代の恋愛2. 相手の目的を見極める

 
また、年齢が上がれば上がるほど、恋愛が打算的になる傾向があります。

たとえば、40代以上の年齢で、ずっと独身を通してきた人は、経済的にかなり余裕のあるケースが少なくありません。

そのため、相手が純粋な恋愛でなく、半ば金銭目的で近づいてくることも考えられるのです。

これは、危険なことです。

失敗しないためには、相手が何を求めているのか、目的は何なのかを見極める必要があります。

そこは「年の功」。

人生経験豊かな40代以上の人なら、冷静に相手の本心を探り、見極めることができるに違いありません。
 

40代の恋愛3. 「別れはきれいに」を肝に銘じる

 
「若いころの恋愛は情熱的、年を取ってからの恋愛は理性的」と思われがちですが、けっしてそうではありません。

恋愛にハマれば、年齢に関係なく情熱的になり、視野が狭くなるものです。

夢中になって理性を失ってしまう人が、40代以降でも少なくありません。

特に気をつけたいのが、別離のシーン。

若い人よりも年齢の高い人のほうが、別れを告げられた際に取り乱したり、強い未練から相手につきまとったりする傾向が、むしろ強いのです。

場合によっては犯罪行為に発展すこともありえます。

そうならないよう、「別れはきれいに」を、常に肝に銘じるようにしましょう。

スポンサーリンク


40代の恋愛4. ドキドキ感よりも心の安定感を重視する

 
若い頃の恋愛は、ドキドキ感を重視したものがほとんどです。

おそらく若い世代の誰もが、「胸の高鳴りのない恋愛など考えられない」と答えるでしょう。

しかし、年齢を重ね、40代という大人の世代になると、「一緒にいて、心が安定する相手」と恋愛するようになります。

若い頃のように、「刺激やドキドキ感はあるけれど、どこか不安を感じさせる異性」を恋愛対象にすることはなくなってきます。

将来的に結婚する・しないに関わらず、恋愛する相手に対して、安心感を求めるようになってくるのが40代の恋愛の大きな特徴です。

なので、40代からの恋愛においては、「最初は相手に対して、ドキドキすることなどほとんどなかった」という人が多くなるのです。
 

40代の恋愛5. 若い頃よりも、異性に求める「素敵」の基準が変わってくる

 
「素敵な異性=絵に描いたようなイケメン・美人・ぱっちりしたかわいい子」といった基準は、若い頃だけのものです。

40代以降の人達が思う「素敵な異性」とは、「いかに魅力的に年齢を重ねているか」ということです。

生まれ持った姿形は、あまり関係なくなります。

それよりもむしろ、表情などを見て、良い年の重ね方が自然に表れている異性を「素敵だ」と感じるのが40代です。

40代の恋愛においては、外見だけで勝負することは、ほとんど無意味であると言ってよいでしょう。

スポンサーリンク


40代の恋愛6. デート先には「落ち着ける場所」を選ぶようになる

 
若い頃だったら、遊園地などの賑やかな場所をデート先に選ぶことも多いでしょう。

しかし40代の恋愛においては、「2人で落ち着いて過ごせる場所」をデート先に選ぶようになります。

そのため、静かな場所で会うことが増えてきます。

若い頃のような盛り上がりはなくとも、ゆっくり静かに2人だけの時間を過ごすことができるというのが、40代の恋愛の醍醐味です。

娯楽に頼らずとも、ただ一緒にいることを自然体で楽しむことができるようになるのです。
 

40代女性の恋愛観は、年下の彼氏を求めている

40代女性の恋愛観といえば、自分より年下の男性を彼氏にしたいという恋愛観が強くなっている年代とも言えそうです。

経済的にも裕福な年齢でもありますので、お金じゃなく心を大切にしたいという恋愛観が強いといえます。

いつでも理想の彼氏を見つけられるように20代30代の女性以上に、自分磨きやファッション・美容などに気を使っている魅力的な女性が多いといえます。

40代女性といえば、バブル時代を経験している女性が多いと思いますので、酸いも甘いもしりつくして、いろいろな男性とお付き合いをして男を見る目を養ってきている年代でもありますね。

出典 40代女性の恋愛観
 

40代女性は結婚よりも普通に恋愛をしたい

アラフォー女性というとどうしても「お付き合い=結婚」という方程式を皆さん持っているようですが、今はそうではありません。

中には「結婚もいいけれど、やっぱり普通に恋愛をしたい」と思っている女性もいるのです。

特にしばらく恋愛から離れていた女性はいきなり結婚よりも淡い恋愛を楽しみたいと思っているようです。

出典 アラフォー女性の恋愛事情、婚活ではなく恋愛をしたい意味とは

40代で未婚となると、それなりに理由が存在するものです。

豊富な恋愛経験をしてきている人もいれば、まったく恋愛経験なしの女性も少なくありません。

恋愛経験がない女性は、すぐに結婚したいというよりも、ドキドキする恋愛を求めている傾向があります。

スポンサーリンク


40代女性の恋愛の悩みには深入りしない方が無難

40代女性の恋愛の悩みに、力になれるとは思わないほうが良いと思います。

悩みをうち明けられていない事実があるので。

感情移入してもらえない、同情してもらえないのが彼女の悩みでしょう。

40代の恋愛で、お友達で居ましょうは無しです。

先に結婚があるでしょうし、彼女に結婚願望があるなら出産のタイムリミットがあるというのが現実です

出典 40代女性の恋愛
 

40代の恋愛のまとめ

  • 結婚に対するスタンスを確認しあう
  • 相手の目的を見極める
  • 「別れはきれいに」を肝に銘じる
  • ドキドキ感よりも心の安定感を重視する
  • 若い頃よりも、異性に求める「素敵」の基準が変わってくる
  • デート先には「落ち着ける場所」を選ぶようになる
  • 年下の彼氏を求めている
  • 結婚よりも普通に恋愛をしたい
  • 悩みには深入りしない方が無難

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク