恋愛が面倒だと感じる理由9つ

あなたは恋愛が面倒だ・・・なんて感じていないでしょうか。

「恋人がまったく欲しくないわけではないけれど、いろいろ面倒なことがあるから恋愛はパス」と考えている人が、最近増えてきているようです。

どんな理由で「恋愛は面倒」と考えるのでしょうか。

そこで今回は恋愛が面倒だと感じる理由をご紹介しますので、あなたのケースと一致するかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


恋愛が面倒

 

「恋人か友達か」を選択する判断が面倒

 
恋愛が面倒だと感じることが多いのが「友達との関係」を優先するケースです。

恋人ができると、どうしてもそちらを優先することになり、友達との付き合いは減ってしまうでしょう。

たとえば、友達と遊びに行く約束をしていても、恋人から「会いたい」という連絡を受けると、どちらを選ぶか迷うことになります。

友達を選べば恋人はスネるでしょうし、恋人を選ぶと友達との関係に距離が生じてしまいます。

この判断が面倒なのです。「それなら、最初から恋人は作らず、友達とだけ楽しい時間をたくさん過ごすほうがいい」と考える人が少なくありません。
 

相手の心理を読むのが面倒

 
恋愛関係を継続するために必要なのが、お互いに相手の心理を読み、それに応じた言動をこころがけることです。

相手の気持ちをまったく考えず、自分本位の言動ばかりしていたのでは、恋愛関係はたちまち壊れてしまうでしょう。

相手の気持ちを考えるというのは、もちろん恋愛関係に限定されるものではありません。友人関係や仕事の人間関係でも同じです。しかし、恋人関係ほど、常に相手の気持ちを忖度しなければならないような関係は他にないのです。

友人相手ならば、それほど神経質に心理を読みあわなくても、関係は続けられます。仕事の人間関係ならなおさらそうでしょう。

ところが、恋愛関係に限っては、相手の気持ちいつでも考えることが、いわば「義務」のようになってしまうのです。これは確かに「面倒なこと」です。

スポンサーリンク


こちらから別れたくなったときの対処が面倒

 
恋愛関係の中で、もっとも面倒なのは別れるときでしょう。ただし、それはこちらから振る場合に限ってのことです。

こちらが振られる場合は、面倒ということはありません。悲しんだり、切ながったり、悔しがったりすることはあっても、恋人に振られること自体が「面倒」ということはありえません。

一方、こちらから別れたくなったときは、大変面倒です。どのようにすれば相手は納得してくれるか、相手をできるだけ傷つけないためにはどんな別れかたをすればいいか、乗り換えたいときの「別れる理由」はどのように説明すればいいのか、などなど、考えるべきことがたくさん出てきます。

ですから、恋愛経験の豊富な人は「もう二度とあんな面倒なことはしたくない」と考えるのです。
 

恋愛が面倒だと感じるのは嫉妬してしまうから

 
恋愛が面倒だと感じる理由のひとつは、嫉妬してしまうからです。特に過去の経験から、そのように感じることがあります。

自分が相手に嫉妬してしまい、うまくいかなくなったこ経験がある人もいることでしょう。逆に、何でもないことでも、相手に嫉妬されてしまって、うまくいかなかった経験がある人もいるはずです。

また、当事者ではなくても、目の前で嫉妬でもめている人たちを目の当たりにして、困った経験がある人もいます。

嫉妬自体は悪いことではないですが、感情をコントロールできないと困ったことになってしまいます。嫉妬を嫌がる思いは、恋愛が面倒だと考える理由のひとつです。
 

恋愛が面倒なのは趣味に熱中しているから

 
恋愛が面倒だと感じる理由のひとつは、趣味に集中しているからです。

趣味に没頭しすぎている人は、自分の持っている自由時間を、すべて趣味に使いたいと考えています。そのような人は、気持ちやメールや休日の時間を恋人とやり取りしたり恋愛に使うよりも、もっと趣味に費やしたいと考えてしまいます。

また、定期的な趣味の仲間との集まりなども忙しく、先の予定まで埋まっているため、恋愛にじっくり時間を取ることができません。趣味に熱中したいという思いが、恋愛が面倒だと考える理由のひとつです。

スポンサーリンク


恋愛が面倒なのは仕事に集中したいから

 
恋愛が面倒だと感じる理由のひとつは、仕事に集中したいからです。

新しく就職した、転職をした、昇進した、チームが変わった、プロジェクトを任された、決算の時期である、など、誰でも仕事に集中したい時期があります。

慣れるまでの一定期間、プロジェクトに区切りがつくまでの一定期間、または気持ちが落ち着くまでは、他のことに気を使わずに、仕事を優先していたい時期です。

そんな時は、恋愛でゆっくり時間を取ることは、なかなかできません。

恋愛に気持ちを使う余裕はなく、頭のどこかには仕事を考えている状態になります。仕事に集中したいという思いが、恋愛を面倒だと感じる理由のひとつです。
 

気持ちの揺れ動きに疲れるから

 
恋愛中は、相手の気持ちが分からず不安になったり、嫉妬したり、自分に自信が無くなったりと、気持ちが大きく揺れ動くものです。

もちろん楽しいこと、うれしいこともありますが、マイナスの感情の動きも多く、それに振り回されることで疲れてしまったり、落ち込んだりすることもあります。

楽しい時間があると、その分一人の時間の寂しさが耐え難かったりと、気持ちの振り幅も大きくなります。

こんな気持ちは恋愛をしなければ味わわずに済むと思うと、少し休みたいと思う気持ちが出てくることもあるでしょう。
 

恋愛が面倒なのは友達といる方が楽だから

 
恋愛で味わえる気持ちと、友達と過ごす楽しさはまた違うものですが、友達との方が気を張らずにいられることが多いもの。

デートの時のように、自分を良く見せようと頑張らなくていいし、仲の良い友達なら好みや価値観も近いことが多いので、余計な気を遣わないでいられます。

会う頻度や、連絡の回数等を気にしなくていいのも友達の気楽さ。気が向いた時に連絡を取り合い、居心地の良い距離感を保てるところは、恋愛関係ではなかなか無いことです。

友達と過ごすことに満足してしまうと、恋愛が煩わしくなってしまいます。

スポンサーリンク


恋愛しない方が自由でいられるから

 
恋愛中は、相手の都合に合わせて会う時間を作ったり、相手のために料理を作ったり、おしゃれをしたり、と自分のことだけにかけられる時間が少なくなります。

束縛するような相手の場合、友達と会うことに制限ができたり、異性の友達との関係が難しくなったりすることも。

自分だけの趣味を楽しんだり、スキルアップ等のために時間をかけたりすることもなかなかできなくなり、ストレスを感じることもあるでしょう。

デートやプレゼントにお金がかかる場合もあり、経済的な面でも自由度が下がることがあります。

相手に全て捧げて尽くすのが好き、という人は別として、自分の自由にできる時間やお金が少なくなることを負担に思い、恋愛が面倒になってしまうことも考えられます。
 

恋愛が面倒だと感じたら理由を明確にしてみる

 
いかがでしょうか。

恋愛をしたけれど、なんかめんどうだな・・・と感じることは決して少なくありませんよね。

そんな時は、なぜ恋愛を面倒だと感じるのかしっかりと原因を探ってみることをおすすめします。

ただ漠然と面倒だと感じていては、いつまで経っても恋愛はできませんし、仮に素敵な人と出会っても、何もできずにチャンスを逃してしまうでしょう。

面倒な理由がわかれば、それを避けつつ、恋愛に重きをおくことで、また新しい発見があるはずですので、ぜひ自分と向き合う機会を作ってみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク