コーヒーダイエットの効果的なやり方7つ

「コーヒーを飲むと痩せる」

こんな話を聞いたことはありませんか?

コーヒーダイエットというのは賛否両論様々な意見があります。

メリットやデメリットをきちんと理解して、コーヒーをダイエットに有効活用してみませんか。

そこで本日は、コーヒーダイエットの効果的なやり方をご紹介いたします。

スポンサーリンク


コーヒーダイエットの効果的なやり方

 

コーヒーを飲むと痩せる理由

 

コーヒーを飲むと痩せる理由に、カフェインの働きが挙げられます。

カフェインには、リパーゼという消化酵素の働きを活発にする効果があります。

リパーゼとは脂肪を分解してくれる酵素です。

コーヒーを飲むことにより、脂肪細胞を分解して血液中に排出してくれるのです。

また、カフェインには血液の循環を促進する効果もあります。

代謝が上がるのでエネルギーを消費しやすい体質になる他、冷え性や肩こりの解消にもつながります。

更に利尿作用から、むくみの解消にも効果が期待できます。

 

クロロゲン酸にも脂肪分解作用がある

 

クロロゲン酸はポリフェノールの一種でコーヒーに含まれている成分です。

クロロゲン酸もカフェイン同様脂肪を分解する働きをしてくれます。

また、自律神経の働きを高め肥満を予防する効果が期待できます。

ただし、クロロゲン酸は熱に弱いという特徴を持つため、焙煎よりも浅煎り豆で摂取した方が効果的です。

スポンサーリンク


カフェインを摂り過ぎることによるデメリット

 

脂肪を分解するという嬉しい働きをしてくれるカフェインですが、カフェインは摂り過ぎないように注意する必要があります。

「コーヒーを飲み過ぎて眠れなくなった」という経験がある人は多いのではないでしょうか?

カフェインを摂り過ぎると、脳が興奮して不眠症状を引き起こすことがあります。

最近の研究では、睡眠不足は食欲を増進させるという研究結果も出ています。

ダイエットを成功させるためには、十分な睡眠をとるというのはは非常に重要です。

カフェインの摂り過ぎで睡眠不足に陥り、食欲が増して太ってしまっては本末転倒です。

睡眠を妨げないように、夜のコーヒーはできるだけ避けて、代謝が最も活発になる午前中に飲むようにしましょう。

また、カフェインの摂取量の上限については、1日に300~350ミリリットルと適切と言われています。

コーヒー1杯のカフェインの量は、濃さにもよりますが大体150ミリリットル前後のカフェインが含まれているので、1日3杯くらいまでにしましょう。

 

運動と入浴の30分前に飲むと効果的

 

普段運動をしている人であれば、運動の30分前にコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果を更に高めることができます。

カフェインの効果の持続時間は3時間~4時間といわれているので、この持続時間を目安にして運動やマッサージを行うことで効果を最大限に高める事ができます。

また、入浴も代謝を上げる効果的な時間なので、入浴前もコーヒーを飲んで脂肪燃焼効果を高めておくといいでしょう。

スポンサーリンク


ホットで飲むと効果的

 

アイスよりもホットで飲んだ方がダイエット効果に期待がもてます。

それは体を温めることで代謝が上がり、エネルギーを消費してくれるからです。

また、カフェインと同様に脂肪を分解してくれるクロロゲン酸が熱で失われてしまうのを防ぐために、熱湯ではなく少し冷ました80度前後のお湯を使用するとさらに効果的です。

 

ブラックで飲むと効果的

 

砂糖やミルクはできることなら使わずに、ブラックで飲んだ方が効果的です。

砂糖やミルクを入れる事でカフェインの働きが妨げられてしまうことがわかっています。

また、砂糖やミルクを入れることでカロリーオーバーになる可能性も否めません。

いくらコーヒーがダイエットに効果があるといっても、砂糖やミルクをたっぷりいれていたのでは摂取カロリーがオーバーして太ってしまいます。

どうしても苦くてブラックが苦手という人は、豆乳などで代用するようにしましょう。

 

インスタントよりもドリップの方が効果的

 

缶コーヒーやインスタントコーヒーでもダイエット効果は得られますが、より効果を高めるのであれば、カフェインやクロロゲン酸の含有量が多いドリップコーヒーがおすすめです。

手間が若干かかる分、香りも楽しめてリラックス効果も高まります。
80度前後のお湯でゆっくり抽出すると、まったりと甘味とコクが強いコーヒーが淹れられます。

 

コーヒーダイエットの効果的なやり方はタイミングと量を意識すること

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、コーヒーダイエットの効果的なやり方です。

「コーヒーを飲んでも痩せない」という人は、今回の内容を参考に、タイミングと量を意識するようにしましょう。

いくらダイエットに効果があると言っても、タイミングと量を間違えてしまうとダイエット効果を得られないばかりか、カフェインの摂り過ぎで不眠等の悪影響が出てしまう可能性もあります。

特に摂りすぎには注意して、コーヒーを上手にダイエットに活用していきましょうね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク