長続きするカップルのline(ライン)の特徴9つ

長続きするカップルと早く別れるカップルにはどんな違いがあると思いますか?

付き合ってみたけど気が合わなかった、最初は好きだったのに日が経つにつれて飽きてきた等色々と理由があるでしょう。

今回はlineにターゲットを絞ってみました。

長続きするカップルのlineの特徴を読んで長続きするカップルはどんなlineをしているのか?lineから見る長続きの秘訣とはなんなのかを見てみましょう。

スポンサーリンク


長続きするカップルのline(ライン)の特徴

 

連絡事項しか送らない

 

長続きするカップルは連絡事項でしかやり取りをしません。

lineをコミュニケーションツールとしてでは無く、連絡ツールとして使っているカップルは長続きします。

例えば、
女「今度いつ会える?」
男「来週の土日」
女「分かった時間は12時でいい?」
男「いいよ」
この様に一見素っ気ない内容ですが、このやり取りが長続きするlineです。
これでは、相手の気持ちも分からないと思われるかもしれませんが、気持ちは会ってから確かめ合えばいいのです。

逆に長続きしないlineは
女「今度いつ会えるかな?早く会いたい」
男「俺も早く会いたいよ、来週の土日に会えるけどそれまで待てないよ」
女「私も、待てない!でも我慢する!会ったらいっぱい甘えていい?」
男「いいよ、俺も甘えたいよ~」
これは長続きしません。

何故なら、気持ちを文章におこしてしまっているので軽く見えるのです。

初めの内は盛り上がってますからこの関係でもいいでしょう。

しかし、ずっと続けているとどちらかが疲れてしまう可能性もはらんでいるのです。

遠距離恋愛などの場合はまた違いますが、必要以上のやり取りをしない事が長続きのコツなのです。

スポンサーリンク


長文でのやり取りはしない

 
長続きするカップルはlineで長文は送りません。
長続きするカップルは長文を送るぐらい言いたい事があれば直接話して欲しいと考えています。

なぜなら、長文の内容は問わず相手の声で、表情を見ながら会話する事の方が楽しいと思っているからです。

長続きしないカップルはどんなに大切な事でも思いついたらその場で伝えようとしてlineを使って長文を送ってしまいます。

思いついてすぐに行動に移すのはいいのですが、その内容が今すぐ伝えるべき事なのかを考えずに送ってしまうのでお互いに勘違いや行き違いが起きてしまう事もあるのです。

 

短い文の中にも信頼関係がある

 

長続きするカップルのlineは短い文で相手の意図を読み取る事が出来ます。

1から10まで細かに長文で送るのではなく短い文で相手の意図を読み取る事が出来る関係は長続きします。

文章を読むときに行間を読むと言いますが、これをlineでも自然とやっているのです。

相手の事を好きな気持ちを長々と伝える事もいいのですが、短い文で相手に考える余地を与えるlineの方が受け取り側も読みやすいのです。

有名な世界一短い手紙と言うのがあります。
「?」「!」このやりとりとまでは言いませんが、

例えば、
女「おやすみ、また明日」
男「おやすみ、また明日」

このやりとりでも2人に信頼関係があれば長々と愛の言葉を綴らなくても伝わるものなのです。

スポンサーリンク


喧嘩は面と向かってする

 
喧嘩をlien上では無く面と向かってするカップルは長続きします。

相手に対して気に入らない事があった時に、lineで恨み辛みを言うのではなく、面と向かって言う事のできるカップルは長続きします。

喧嘩をする時に文章での喧嘩ですとどうしても書き手と読み手で受け取り方が変わってしまいます。
これはお互いの読解力が同程度であっても生まれます。

すると、意図しない受け取り方をされさらに話がややこしくなる事も考えられます。

ですから、相手に言いたい事があるのであれば面と向かって言いたい事を言いましょう。

面と向かって喧嘩した後は気まずい雰囲気になりますが、仲直りする時にlineを使って仲直りするのもいいでしょう。

ネガティブな話題の時は面と向かって、ポジティブな話題はlineと使い分けてみるといいでしょう。

 

ユーモアのあるlineができる

 
ユーモアのあるlineが出来るカップルは長続きするでしょう。

何の気なしに暇な時にlineをした時にクスッと笑える様な返事が返ってくる関係であれば長続きするでしょう。

お互いのユーモアセンスが近いと自然と笑いが絶えないカップルとなり長続きするのです。

スポンサーリンク


くだらないこともこまめに報告をする

 
長続きするカップルのLINEは、ちょっとしたことでも報告や連絡をし、まめにコミュニケーションをとっているケースが多いです。

例えば、待ち合わせの際にも、「今、○○にいる。」「○○駅についたよ。」「もうすぐ着くよ。」など、こまめに連絡をしやすいのもLINEの特徴です。

このLINEの特徴を活かして、うまくコミュニケーションが取れているカップルは、お互いに信頼関係を構築することができるので長続きすることが多いのです。

逆に、必要最低限な連絡しかしなかったり、まめに連絡することなく一日にLINEのやりとりが一往復程度しかないカップルは危険かもしれません。

連絡をまめにしないというのは、お互いに興味があまりない証拠です。

もともと、メールなどがまめでない人もいますが、あなたに興味がありますというアピールをするためにもこまめなLINEのやりとりは必須です。
 

スタンプだけで会話ができる

 
LINEが通常のメールとは違う最大の特徴としては、スタンプ機能が挙げられます。

このスタンプを用いて、スタンプのみで会話が成立してしまうカップルは、お互いに心が通じ合っているのでお付き合いが長続きする傾向にあります。

例えば、女の子が考えているようなハテナマークのスタンプを彼氏に送ったとします。

これだけでは、彼氏側はなんのことかわかりませんが、次に食事をしているスタンプを送ります。

すると彼氏側は、ハンバーグのスタンプを送ってきました。

これは、彼女「今日のご飯は何にしよう?」彼氏「ハンバーグがいいな。」と会話がきちんと成立しているのです。

まるでクイズのようにも思えるこのやりとりが面白く二人の仲がより深まるのです。

逆に、誤って別の解釈をされてしまったとしても、それはそれで笑ってしまうような関係は理想ですね。

スポンサーリンク


既読になっていても返信が来ないと責めたりしない

 
LINEのメッセージを開いて見ると、既読という表示がされ、送った相手がその内容を読んだかどうかが分かる仕組みになっています。

自分がLINEを送って、その内容が既読となり、すぐに返事が相手から来なかったとしても、相手を責めたりしないのは長続きする秘訣です。

メールとは違いLINEは短文を頻繁に送ってしまうものなので、既読になったからと言ってすぐに返事を返すのは難しいときもあります。

「なんで既読スルーするの?」「LINE読んだよね?」など、既読になったのに返事が来ないと心配になってしまう人は多いですがここはぐっと我慢してください。

既読をスルーしたわけではなく、あとで返事をしようと思っただけなのです。

そもそも、LINEは大した内容でもないことを送ることが多いのですぐに返事が必要でないことが大半です。
 

ちょっとしたことで写真を送る

 
LINEで文章以外にも写真などを頻繁に送りあうカップルはお互いの仲が深まり長続きします。

例えば、どこかに出かけた時に、「○○にいったよ!」という内容とともにその場所の風景を送ったり、食べ物の写真を送るなどです。

このように出かけた先や、今していることの写真などを頻繁に送りあうことは、相手が今何をしているか知ることができるのでお互いの浮気防止にもつながるのです。

また、特段会話をする内容がないときにもこのような写真を送ることでネタ作りになり、話が盛り上がり、より仲を深めることができるのです。

ただし、注意したいのが異性と写った写真などはやましいことがなくても相手を心配させてしまうので送らない方が無難でしょう。

お互いの仲を深めながら浮気防止もできる写真の送りあいは付き合いを長続きさせたいカップルにはお勧めの方法です。
 

長続きするカップルのlineはタンパク

いかがでしたか?
長続きするカップルはlien上のやりとりよりも実際に会う事を大切にし、会った時にそれまでの事を話題として話いい関係を築いているのではないでしょうか。

会えない日に長々とその日の事を日記の様にlineをしてしまうといざあった時に話す事も無く気まずい雰囲気になってしまう事も避けられます。

マンネリ回避にも大切な事ですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク