遠距離不倫での付き合い方8つ

あなたは現在、遠距離不倫をしていないでしょうか。

遠距離恋愛はよくあることですが、遠距離での不倫というのはそこまで一般的ではありません。

そのため不倫であり、遠距離でもあるという状態がお互いを結び付けているケースも少なくないでしょう。

しかし、通常の遠距離恋愛ではないので、付き合い方に関して気を付けなければいけないことがあります。

そこで今回は遠距離不倫での付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


遠距離不倫での付き合い方

 

遠距離不倫1 1日1度のコミュニケーションを

 
不倫関係というだけでもさまざまな障害がある上に、「遠距離」という要素が加われば、さらに付き合い方が難しくなります。

ふつうの恋愛でも遠距離恋愛は長続きさせにくいもの。

不倫の場合はなおさら、お互いの努力が必要になると言っていいでしょう。

一番大切なのは、やはりコミュニケーションです。

不倫関係だと、近くにいてもなかなか思うようにコミュニケーションが取れません。

けれど、「距離的に離れていない」という意識が安心感につながることはあります。

遠距離ですと、その点、どうしても不安感が高まりやすいと言っていいでしょう。

そこで、できるだけ密な連絡を取る必要があるのです。

おすすめなのは、「何らかの方法で1日に1度は連絡を取り合う」というやり方。

ベストは電話で話すことですが、無理なようならメールなどでもかまいません。

「無事です」という確認をお互いにするだけでも、かなり安心できるはずです。

その安心感が、お互いの信頼につながり、結果として関係を長く継続しやすくなるのです。
 

遠距離不倫2 「会えない時間を楽しむ」という意識を持つ

 
長距離での不倫関係では、当然会えない時間が大変長くなります。

ケースバイケースでしょうが、場合によっては数か月に1度というペースもありえるでしょう。

「月に1度ならまだ恵まれている」というのが、長距離不倫関係のおかれた状況なのです。

ですから、その「会えない時間」をどう過ごすか、どういう意識を持つかによって、精神状況がまったくちがってきます。

できればその時間を楽しみたいもの。

おすすめなのは「次回の逢瀬のプランを練る」という方法です。

「今度会った時は、どこでどんなふうに過ごしたいか。どんな話をしたいか」を、細かくプランニングしてみましょう。

「その時に話したい事」のリストやメモを作るという方法も有効です。

ただ「会いたい」と漠然と思っているより、具体的なプランニングをしたほうが、その時間をずっと楽しむことができます。

もちろん、独りよがりのプランニングでは、実際に会った時に齟齬が生じてしまうでしょう。

それを避けるために、ときどき連絡を取り合うことが必要です。

電話で話し、プランニングのすり合わせをすることも、楽しみの一つになるはず。

また、再会したときに相手に渡すプレゼントを考え、実際に吟味し用意するといった過ごし方も、会えない時間を充実したものにしてくれるに違いありません。

スポンサーリンク


遠距離不倫3 二人の「明日」を考える

 
遠距離での不倫がなかなか長続きしないのは、会えない時間が長く、お互いにどうしてもマイナス思考になってしまうためです。

「会えない、さみしい」と感じるのは、遠距離でしかも不倫関係であれば、当然抱く心理でしょう。

そのこと自体に問題はありません。

また、そうした会えないさみしさが、愛をいっそう強いものにもしてくれるのです。

いけないのは、「今頃、あの人は何をしているだろう」と、遠く離れた不倫相手の「今」を想像してしまうことです。

特に相手のプライベートタイムを想像するのはNG。

「今頃、奥さん(旦那)と二人仲良く夕食を取っているにちがいない」とか、「ベッドインしているのでは?」など、自分にとってつらい想像をしてしまうのが、人間心理というものです。

そうした嫉妬が膨らむと、猜疑心が生まれたり、孤独感が募ったりして、それが破局につながるケースが少なくありません。

ですから、不倫相手の「今」を想像するのはやめましょう。

その代わり、「今度、会った時のこと」を想像するのです。

次回のデートをあれこれ想像するのは楽しいもの。

「二人の明日」を考えれば、つまらぬ嫉妬に苦しんだり、今の孤独に耐えきれなくなったりすることはないでしょう。
 

遠距離不倫4 相手のためにできることを考える

 
人間にはエゴがありますから、つい、「人にしてもらいたいこと」ばかり考えてしまうものです。

たとえば、不倫相手からの連絡が密でなくなると、「なんで、連絡してくれないんだ」と不満を抱き、「連絡してほしい」という欲求が生じます。

しかし、お互いがそのように「相手にしてほしいこと」ばかり考えていたのでは、遠距離での不倫関係を続けていくことは不可能です。

そうではなく、「相手のためにできること」を最優先に考えてみましょう。

先ほどの例の場合、相手は仕事や何かの事情で、連絡できないでいるのかもしれません。

忙しさに紛れて、つい連絡がおろそかになっているだけなのかもしれません。

ですから、「今は慌てず騒がず、相手からの連絡を待つ」というのが、相手のためにしてあげらるベストのことなのです。

「相手のためにできるベストのこと」を常に考えること、これが遠距離恋愛成功のヒケツと言っていいでしょう。

スポンサーリンク


遠距離不倫5 伴侶(パートナー)のことを考える

 
遠距離恋愛を長続きさせるためには、あなたの横にいるパートナーとの関係も大切な要素になってきます。

不倫相手が遠距離にいると、ついその人のことばかりを考えてしまいがち。

一日中その人に思いを馳せていれば、自然、すぐ近くにいるパートナーには目が向かなくなります。

しかし、パートナーとの関係が平穏であってこそ、不倫関係もうまく続けることができるのです。

不倫相手が優先順位の一位になることはかまいません。

しかし、常にパートナーのことも考えてあげましょう。

どうすれば、パートナーとの関係をできるだけ平穏に保つことができるか、どうすればパートナーを喜ばせることができるか、数日に一度でもパートナーに思いを馳せるようにすれば、関係は少なくても悪化しません。

その結果、遠距離不倫の相手とも良好な関係が保てるのです。
 

遠距離不倫6 自分の気持ちは抑える

 
遠距離不倫は、遠距離のうえに不倫という我慢の要素でいっぱいです。

普通に考えると、気持ちで耐えることにいっぱいいっぱいになってしまいますが、そこは絶対に自分の気持ちを相手に全てさらけだして当たり散らしてはいけません。

不倫も遠距離も選んだのは自分だからです。

我慢するのは承知のうえでお付き合いしているからこそ我慢と忍耐で乗り切りましょう。

そうしないと、次第に喧嘩が増えていき自然消滅します。

遠距離だと喧嘩してもすぐに会って話し合う事ができず、解かり合えることが難しいです。

大人になりお互いの状況を踏まえて我慢しましょう。
 

遠距離不倫7 会えた時は喜びを噛みしめる

 
遠距離不倫は、会う回数も限られています。

様々な状況の中でやっと会える日は思い切り2人の時間を楽しみましょう。

限られた時間の中で会えなかった寂しさや想いを大切に埋めていきましょう。

お互い会いたい気持ちが沢山募ってやっと会っているので、貴重な時間だと受け止めて笑顔で楽しみましょう。

「帰りたくない」「もっと一緒に居たい」という言葉は相手の重荷に感じてしまうだけなので、帰り際にはそのような言葉は避け笑顔でサヨナラするように心掛けましょう。

また次いつ会えるかわからないので気持ちよくお別れする方がお互いに良いのです。
 

遠距離不倫8 いきなり会いに行かない

 
遠距離不倫は、とてつもなく寂しい気持ちに襲われます。

好きな人に会いたくても会えない状況は、時には人を愚かな行動に移してしまいます。

家庭のある相手の家に約束もしていないのに、顔を見たくて会いに行ってしまうという行動は絶対に止めましょう。

相手の家族にばれた時に自分達2人の問題だけではなくなります。

何もしていない相手の家族をも巻き込む恐れがあるからです。

特に、物心ついた子供がいたら最悪です。

子供にとって一生のトラウマになり取り返しのつかないことになります。

どんなに会いたくなっても、いきなり会いに行くことだけは避けましょう。
 

遠距離不倫を乗り越えよう

 
いかがでしょうか。

不倫でしかも遠距離な状態であれば、それこそ相手のことが気になって仕方がないものですよね。

しかし、感情の赴くまま行動していたらすぐにその関係は終わってしまうことでしょう。

もし、遠距離不倫が辛いのであれば、近い距離で恋愛できる人を探してみるのも解決策の1つかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク