食事でダイエットするコツ5つ

ダイエットは人々にとって永遠のテーマです。

「ダイエットしなきゃ」とはわかっていても、なかなか実践出来ないのが人間というものです。

しかし、いつかは一念発起して自分の脂肪に挑まなければ、永遠に脂肪とお友達のまま。

それは避けたいですね。

できればお金をかけず、無理をせずダイエットしたいもの。

即効性はなくとも、その方が長続きするのは確かです。

そこで今回は、毎日の食生活に焦点を当て、食事でダイエットするコツをご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


食事でダイエットするコツ

  • よく噛む
  • 手の込んだ料理を作り、よく味わう
  • 食後にコーヒーを飲む
  • サラダ油を1ヶ月買わない
  • パン食から米飯食に切り替える

 

よく噛む

ダイエットしようと一生懸命カロリーを抑えても、なかなか痩せないし、逆に太ってしまうことも…。
そんな経験ってないですか?
それはズバリ、『太る食べ方』をしているから。
カラダのリズムに合った食べ方をしていないので、いつまでたってもダイエットが成功しなかったり、リバウンドを繰り返したりしまいがち。
太らない食べ方をマスターして、今度こそ太らない痩せやすいカラダを手に入れましょう!

出典 太らない食べ方

1口30回以上、噛んでじっくり時間を掛けて食べましょう。食べ過ぎを防ぎ、満足感がUP、消化にも良く、良い事尽くしです。更に、良く噛むことで顔の筋肉が鍛えられ、小顔効果も期待できるかも。

出典 これが究極のダイエット方法まとめ

「早食いはデブのもと」と言われます。

たしかに、お腹が空いているときほどドカ食いをしてしまいがちですが、そこはグッと我慢です。

よく噛まずに飲み込んでしまう癖のある人は要注意。

消化に負担がかかってしまいます。

また、よく噛まないと脳の満腹中枢が働かず、いつまでも満腹感が得られません。

「ひと口30回」とも言われますが、「いちいち数えていられない」という人もいるでしょう。

少なくとも今より噛み砕くことを意識して下さい。

充分に飲み込みやすくなったな、と思ったら飲み込む癖をつけましょう。

長年よく噛まない早食いが身に付いてしまっている人には辛いでしょうが、それも最初だけです。

1週間ほど我慢すれば慣れてくるはずです。

スポンサーリンク


手の込んだ料理を作り、よく味わう

 
たとえば、家族が心を込めて作った手ごねハンバーグを、その美味しさについペロリと平らげてしまった。

そんな経験はありませんか?

食べたいものを食べたいように食べるのは自由ですが、料理には作った人の思いが込められています。

スパイスにもこだわって長時間煮込んだカレー、灰汁を丁寧に取り除いた豚の角煮など。

そんな手の込んだ料理をよく味わいもせず一瞬で平らげたら、作った人はちょっと空しいかもしれません。

美味しいからこその行動ですが、その味をよく味わう、ということに意識をシフトした方がお互いにとってよいでしょう。

家族が作ってくれたものも、レストランのシェフが作ったものも、または自分が作ったものであっても条件は同じです。

自炊をしている人は、たまには時短料理から離れ、手の込んだ料理を作ってみましょう。

たとえば丁寧に下処理した牛すじのシチューなどは手が込んでいる分、味が格別なはず。

自分がかけた手間ひまを丸ごと味わいながら一口一口ゆっくり食べましょう。

丁寧に味わうと気持ちも満足しますから、結果的にダイエットにつながるでしょう。
 

食後にコーヒーを飲む

 
コーヒーが苦手なら紅茶や緑茶でもよいのです。

とにかく、カロリーがないものを食事後に飲みます。

「これで食事終了」という意識でゆっくり飲むと、その後の間食を防ぐことができます。

また、コーヒーなどに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があると言われます。

ですが、その覚醒作用で眠れなくなるとダイエットにもよくありませんから、朝食や昼食後がおすすめです。

夕食後はほうじ茶、麦茶、白湯などノンカフェインのものを飲みましょう。

スポンサーリンク


サラダ油を1ヶ月買わない

「悪い油」とは、 体に負担になり、太る原因になる油の事。
代表としてあげられるのが、酸化した油です。
具体的には、ファーストフードやスナック菓子、菓子パン、ショートニング、マーガリン、時間のたった揚げ物などに「悪い油」が含まれています。
マーガリンは製造過程で、脂肪細胞に酸化を起こして肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生してしまいます。
ダイエット中なら動物性脂肪のバターの方がオススメです。

出典 痩せたい女性必見

もちろん体に必要な油分はありますので、ずっと避ける事はできませんが、ここでは高カロリーな食品を一時的に避けるという意味でご案内しています。

言うまでもなく、油のカロリーはダイエットの大敵です。

野菜炒めは手早く調理できて自炊している人にはありがたいメニューですが、油を多く使います。

思い切って、1ヶ月油を買わずに過ごしてみて下さい。

すると、蒸し野菜やおひたしを作らざるを得なくなります。

揚げ物もできません。

どうしても野菜炒めを食べたいときは、肉の脂を存分に利用すれば、油の摂取は最小限で済みます。

必然的に余分な油をとらない食習慣が身に付くことでしょう。

しかし、少量の油は人体にとって必要です。

油がないと満腹感が得られないのも事実です。

香りの強いゴマ油やエキストラバージンオイルなら常備してもいいでしょう。

これらの油は個性が強いため、揚げ物のように大量には使えないはずです。

ドレッシングや香り付けなど、料理のアクセントとして使う分には問題ないでしょう。

スポンサーリンク


パン食から米飯食に切り替える

 
朝はパンとコーヒーが習慣という人もいるでしょう。

しかし、小麦粉は血糖値を上げやすく、その分肥満につながりやすくもあります。

バターやジャムを添えると、ますますその傾向は強くなります。

ここは思い切ってお米に切り替えましょう。

お米は小麦粉よりも血糖値が上がりにくいのが利点です。

パンのように甘くして食べる必要がないため、朝食だけでも米飯食に切り替えるとそれだけで効果がありそうです。

毎日パンを食べるよりもお米を食べる方がコストがかかりませんから、一人暮らしの人にもおすすめです。

ただ、漬物や味噌汁と一緒に食べるときは塩分に注意して下さい。

塩分のとりすぎはむくみを招きます。

また、休日のお昼ご飯にサンドイッチを食べる人は、最近話題の「おにぎらず」に切り替えてはいかがでしょうか。

おにぎりよりも「おにぎらず」の方が米を使う量が少なく、ダイエットにも向いていると言われます。

「おにぎらず」に必ず使う海苔には多くのカリウムが含まれており、塩分の排出を促すというメリットもあります。
 

ダイエットは食事や食習慣の改善から

 
いかがでしたか?

ダイエットには、特別な努力よりもちょっとした意識の向上がより有効かもしれません。

最初は少々我慢することもありますが、食習慣というものは続けてゆくことでそれが普通になるものです。

「食習慣の改善」という観点で食事を少しずつ変えてゆけば、効果は少しずつ現れます。

健康的な食生活が身に付いていれば、理想の体型を手に入れた後もそれを維持できるのです。

決して無理をせず、少しずつ体によい食事を取り入れていって下さいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク