最高の女の条件9つ

良い女の条件はいろいろあるものですが、「最高の女」となれば、その条件は無数とはいわないまでも、おびただしい数に上るでしょう。

ではいったい最高の女の条件とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

そこで今回は最高の女の条件として代表的なものをご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


最高の女の条件

 

姿がいい

 
まずは、「姿がいい」ということが条件としては必須項目ではないでしょうか。

最高の女というと、ほとんどの人が美人をイメージするでしょう。そして次に「スタイルがいい」を条件に挙げるでしょう。ここでいう「姿がいい」はもっと高いハードルです。

つまり、「美人でスタイルがよくても、必ずしも『姿がいい』ことにはならない」ということです。

姿がいい、とは要するに、「姿勢もよく、色っぽい立ち姿や振る舞いができること」、これが最高の女の必須条件なのです。

そこには、内面からにじみ出るものが不可欠です。つまり、造形的な美しさだけでは、「良い女」ではあっても「最高の女」とは呼べないのです。
 

頭がいい

 
次に「頭がいい」ということが最高の女の条件になります。

と言っても、学校の勉強ができるとか、仕事のスキルが高いという意味の頭のよさではありません。

それらの要素もないよりあったほうがいいですが、ここでいう頭の良さは、人間力の高さのことを表しています。つまりヒューマンスキルの高さと言ってもいいでしょう。

人間関係を上手に築くことができる。場の雰囲気を読んで、適切な言動ができる。今、どういう振る舞いをすれば、相手にとってもっとも快適か。自分の魅力をどう表現するのが、一番効果的か。

などなど、どんな環境でも状況でもつねに「ベストな言動ができる」のが、最高の女の必須条件なのです。

ですから、恋愛関係にある男性に対しても、冷たく振舞うこともあれば、甘えてみせることもできる。そしてそれが、常にベストのタイミングであるのが、最高の女というものなのです。

スポンサーリンク


性根(しょうね)がいい

 
3つ目は「性根がいい」ということが挙げられます。「性格がいい」と似ていますが、その意味合いは大きく異なります。

性格がいいことは必ずしも、最高の女の条件ではありません。性格がいいというのは、つまり好人物ということ。「いい人だね」と人から言われるのが性格のいい女性です。

「性根がいい」というのは、たとえ、性格に少々クセがあって、人から「好人物」という評価は得られなくても、肝心なところで人間力を発揮することができるというものです。

いざというときに現れる「人間としての本性」がすばらしい、ということなのです。
 

最高の女はいくつになっても、美のための努力を怠らない

 
美しい女性は無条件に素敵ですよね。しかし、若さだけで持っているような美は、やがて朽ちていってしまいます。

優れた女性と呼ばれる人は、それをしっかり理解しています。そして、若さだけに頼った美というものを、早々に手放してしまう傾向があるのです。

その代わり、今現在の自分の年齢でしか手に入れられない美を、努力して手に入れています。

外見に気を遣うことはもちろん、教養や精神面など、自分の美に繋がるものを、あらゆる角度から研究し、吸収しています。そしてその努力をやめることなく、一生続けられる女性こそが、最高クラスの女性と言えるでしょう。
 

「責任ある自由」を意識して生きている

 
魅力的な女性は皆、どこか自由な雰囲気が漂うものですよね。しかし、自由というだけでは、一歩間違えるとただの放埓に成り下がってしまいます。

最高レベルの女性は、そのような無責任な生き方を、自分で自分に許しません。「自由には責任が付いて回る」ということを、しっかり理解しているのです。

その上で、自分が大きく羽ばたける方法を日々追求し、「責任ある、大人の自由」を手に入れるための努力を惜しむことがありません。

「自由に羽根を伸ばしているようで、地に足も付いている」。そのような女性は尊敬の対象となります。

スポンサーリンク


自分に起こることを、全て楽しむという精神的余裕がある

 
生きていれば、楽しいこともつらいこともあります。起きたことに一喜一憂することも多いのではないでしょうか。

しかし、ここで感情に振り回されないのが「最高の女性」です。

自分に起きることは全て「冒険である」と考え、どんなことが起きてもその状況を楽しめるような、心の余裕があるのです。心に余裕がない時、人間は感情にぐるぐる巻きにされ、「魅力的な人間」からは程遠くなってしまうものです。

しかし、どんなにつらくても、「ここで終わるわけがない」と心のどこかで信じ、「だったら今の状況を、精一杯冒険してしまおう」と腹をくくれる女性は、間違いなく最高の女性です。
 

人をけなさない

 
最高の女にとって欠かせない要素の一つに人を貶さない(けなさない)というものがあります。

いくら顔が美人で周りにいつも男がいるような女性でも、人の悪口を言ったり、貶したり、暴力に走る女は心がブサイクなのです。

最高の女とは、見た目が美人な女性ではなく誰に対しても優しく、誰かが悲しんでいる人がいるときには共に悲しみ、誰かが喜んでいる時には共に喜ぶことができ、心無い一言によって誰かを傷つけることのない人の心の分かる女性だということが挙げられます。
 

心の贅肉がない

 
見た目がいくら細くてスラっとしたスレンダーな女性でも、日常の中の些細な出来事であっても人をパシリのように使い、自らは動かなかったり、何かをしてもらっても一切感謝せず当然のことをさせたまで、という態度をとっている女性は、心に贅肉のついた女性です。

本当に素晴らしい女性というのは、なにか行動を起こすときに自らが率先して行動して後に続く人を引っ張っていく行動力があり、日常の中の些細な事であっても感謝の心を忘れず、感謝の言葉をいうことの出来る心がスレンダーで研ぎ澄まされた女性なのです。

スポンサーリンク


笑顔が素敵である

 
人前ではいつもニコニコと愛嬌のある笑顔でいるけれども、別の場所では悪口を言ったり暴力を振るったり人を蔑んだり、他の誰かの発言によって意見を替え、誰かを悪くいうようになるような女性は見た目がどんなによくても内面は醜い女性だということができるでしょう。

本当に素晴らしい女性というのは、誰に対しても裏表無く接することができ、他の誰かの意見に流されず自分というものをしっかりと持ち、誰に対しても変わりない素晴らしい笑顔で接することの出来る女性のことを言うのです。

表立って見える姿を磨き、街を歩けば誰もが振り返るような女性は確かに見た目は素晴らしい女かもしれません。

しかし本当に素晴らしい女というものは見た目より内面に現れ、内面が素晴らしく美しい女性は、人としての魅力に溢れ、その人の周りには内面の魅力に惹かれた人が多く集まるようになります。
 

最高の女の条件を意識する

 
いかがでしょうか。

最高の女になるには意識と行動がセットになって初めて、そのスタートがきれるものです。

最高の女になりたいと思う人は大勢いるものですが、その思いと、実際の行動には大きな差が生まれている人がおよそ99パーセントでしょう。

というよりもそれが当たり前かもしれませんね。それだけハードルが高い最高の女の条件ですが、実際に少しでもいいからできることを始めてみると、不思議と最高の女になるためのモチベーションが湯水のように溢れてくるものです。

そうなったらしめたもの。

あとは気のむくままどんどん新しいことにチャレンジしていきましょう。

その繰り返し、積み重ねでいつの間にかどんどん魅力的な女性になっていっていることを実感するはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク