機転が利く人の6つの特徴とは?

機転が利く人とは、その場その時に応じて、ミスがなく、そして素早く行動できる人のことです。

ちょっとしたトラブルのときとかに、機転が利く人とそうでない人は明確にわけられるでしょう。

これは一種の特別なスキルです。

そんな人に憧れを抱く人も少なくありませんよね。

そこで今回は機転が利く人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


機転が利く人の特徴

 

さまざまなことを想定して行動できる

 

機転が利くということは事前にどんなリスクがあるのか、どんなことが発生しうるのか考えてから行動をを起こすことができるということです。

最初にいろいろなことを想定していれば、いざという時に臨機応変な対応をすることができます。

可能性を考えていればそれはその人の中で想定内の自体になりますから、慌てずにベストな行動を取ることができるというわけです。

周囲の人がどうしようかと動けずにいる時に、変化していく状況を冷静に見極めながら自分がどんなことをすればいいのか正確に判断することができるため、機転が利きやすくなります。

こうしたタイプは良くも悪くも注意深く、とても慎重です。

自分が思い描いた計画通りに行かないことをよく知っており、行動を起こそうとする際にはできるだけ理想通りのゴールを目指せるように、事前にあらゆる対処法を見つけてからでなければ実行することができません。

しかし、取っ掛かりは遅くてもトラブルの対応にはとても強くなります。

この方法がうまくいかなければこの方法をと最初に道を作っているので、その時に一番いいとされる方法を選択することができるのです。

スポンサーリンク


思考がとても柔軟

 

自分の考えかただけに固執するのではなく、自分に関わるいろいろな人からさまざまことを学ぼうとする姿勢を取っているのが機転が利く人の特徴の一つです。

自分の考えが必ずしも正しいとは限らないことをきちんと知っており、時に受け入れられないことがあるのを理解しているからこそ、さまざまな状況下で自分のやりかたにだけ拘らずに柔軟に対処していくことができます。

時には良かれと思って起こした行動が空回りして周囲の人に迷惑をかけたり、注意を受けたりすることもあるでしょう。

そうした時に意固地にならずにアドバイスを正面から受け入れることができて、行動や考えを改めようと努力することができます。

人から言われた時だけではなく、普段から何気なく周囲の人がどういった行動をしていてどういった考えを持っているのかよく観察をしており「こんな状況下ではこうした方法で解決するのがいいのか」と学んでいっているので、自らの中で対応マニュアルがどんどん更新されていくのです。

その結果、いざという事態が自分の身に降りかかった時に機転が利く行動を取ることができます。

 

時間に余裕を持たせることを意識している

 

機転が利く人はさまざまな出来事に対して直感的にベストな選択ができる頭のいい人といったイメージですが、そうした行動を起こせる理由は適切な対応ができる時間を常に確保できるように心がけているからです。

こうしたタイプは、時間ギリギリの行動を起こすことがまずありません。

何かを行おうとした際には時間に余裕を持たせて、無理な計画を立てないようにしているのです。

仕事などで仕方がなく時間のない状況に陥ってしまっても、できる限り無駄がなく追い込まれないようにどう動くかを最初に考えます。

余裕がなくなって時間に追われてしまっては、不測の事態にそれに対応するための時間もまた取れなくなってしまうでしょう。

それを防止するために、考えるための時間を設けられるようにしています。

時間さえあれば、何かあった時にその対応のために充てることができますし、時間をかけた解決策を提案することもできます。

機転が利く人はベストな行動を選ぶために時間の余裕が必要なことを理解していて、追い詰められて焦らされていては適切な行動ができないことを知っているのです。

スポンサーリンク


常にその場のすべてを見渡すことができる

 

機転が利く人は常にその場のすべてを見渡すことができるので、どんな状況にも対応することができます。

人が集まっている時には、自分のことよりも周りにいる人のことを優先的に考えることができます。

機転が利く人は空気が読める人とも言えますが空気が読めるからこそ、その場に合った対応ができるのです。

みんなの話が盛り上がっているなら話の腰を折らないようにしたり、静観して見守ることもできます。

周りの状況をしっかりと見ることができるので、相手が何をしてもらいたいかを考えることができます。

話が長引いてきた時には一旦小休止をいれたり、話題を変える提案をすることもできるでしょう。

これは全体を見て客観的に判断することができるからこその行動なので、空気が読めない人とは違います。

機転が利く人は場の雰囲気を敏感に感じ取ることができるので、その場の空気をそのままにするか、一変させるか判断することができます。

そしてその場の空気を一変させても、誰も嫌な思いをすることはないでしょう。

それだけ周りの人の様子を伺いながら行動することができるのが、機転が利く人の特徴のひとつなのです。

スポンサーリンク


自ら率先して行動することができる

 

機転が利く人の特徴は、人が嫌がることでも率先して行動することができます。

これは機転が利く人は相手が喜んでくれると思えることに対して、すぐにでも行動できるという特徴を持っているからです。

機転が利く人は人のためになることや喜んでもらえると思えることを率先して行うことができます。

しかもそれは相手に対して恩を売るのではなく自らの自己満足によるものが大きいので、見返りを求めることもありません。

人が嫌がることを自ら率先するのは、相手が嫌がることをすれば喜んでくれると思えるからできることです。

相手がこうして欲しいと思うことを言われなくてもやるので、相手も喜んでくれますし自分にとっての喜びにもなります。

相手に喜んでもらうことが自分の喜びとなっているので、自然と体が相手よりも先に動くようになります。

そのため周りの人よりも先に行動することが多くなり、周りの人からは好感を持たれるようになるでしょう。

人よりも先の行動できるのが機転が利く人の特徴で、自ら率先して行動できることは大きな強みです。

率先行動することが自分の喜びでもあるので、相手からも好感が持たれることが多くなり、結果として自分も楽しく行動することができます。

スポンサーリンク


相手のことを思いながら行動できる

 

機転が利く人は常に相手のことを考えながら行動することができる特徴を持っています。

人に接する時には気配りを忘れてはいけないと言いますが、機転が利く人はまさに気配りの名人です。

相手が何をしてもらえれば喜んでくれるか考えることができますし、率先して行動に移すことができる人です。

しかもその行動によって見返りを求めることはしないので、相手も気持ち良く受け取ることができます。

また機転が利く人は状況に応じてすぐに対応することができます。

人に譲ることもその場で対応することも、すべては自分よりも他人のことを優先することができます。

見返りを求めない行動はいつしか相手に好感が持たれるようになるでしょう。

さらに機転が利く人は決して自己満足で行動することはしません。

相手にこうすれば喜んでもらえるという自己満足で行動せず、こうすれば喜んでくれるかもしれないと考えてから行動することができます。

自分の考えて相手がこうだと決めつけることもないので、どんな人に対しても気持ちよく接することができるのです。

機転が利く人はまさにどんな時でも、相手のことを思いながら行動することができる特徴を持っているます。

 

機転が利く人になる方法

 

「観察力」を高める

 

機転が利く人の共通点は、誰よりも「観察力」が優れているという事。

物事を自分の目線だけではなくあらゆる立場から想定し、あらゆる状況に対応できるように常に脳内シミュレーションできるようになる事がポイントです。

例えば飲み会の場でも、機転が利く人は自分が楽しむだけではなく、上司や同僚、部下などほかの人々がどう楽しんでいるかに視点を置いています。

上司が追加のお酒を頼んでくれという前に今飲んでいるお酒が少なくなった時点で頼む。

新入社員などのまだ飲み会に馴染めない部下に声をかける。

…など、多くの視点から物事を眺めることが出来ます。

かといって、飲み会の場で突然その能力を発揮できるわけではありません。

日頃から観察力を高めるトレーニングが必要です。

特に難しいことはありません。

ただ街で通りかかる人々を眺めたり、電車に乗っている人々を眺めるだけでも観察力は鍛えられます。

あの女性はとても鏡でメイクやヘアスタイルを気にしているなぁ…→これから初デートに行くのかもしれない。

このサラリーマンの革靴はすごくピカピカだなぁ…→靴磨きに行ったばかりなのかもしれない。

など日々自分が目で見て予想できる情報から連想し、想像することが観察力を高めてくれます。

スポンサーリンク


「広い心」を持つこと

 

機転が利く人の特徴としては、「広い心」を持つことも重要です。

先ほど言ったように自分自身の視点しか持てず相手の気持ちを理解できない場合は機転を利かせることは中々難しいです。

そして、すぐ感情的になったり、怒りっぽい性格であることも「機転が利く人」になることを遠ざけてしまいます。

広い心を持つには、自制心のコントロールが必要なのです。

常に冷静であり、客観的視点を持つ事が重要となります。

日本人は比較的欧米人や他国に比べ、機転の利く性格を持っている人が多いです。

それは日本の文化でもあり、他人を尊重しおもてなしすることが美徳とされていることがあるからです。

自制心のコントロールをうまくできるようになり広い心を持つには、まず健康を心がけましょう。

基本的なことですが、バランスの良い食事や適度な運動、朝に太陽を浴びる…そのような心がけがドーパミンとセロトニンのバランスを良い状態で保ってくれます。

ドーパミンとはご存知のように、おいしいものを食べたり、お酒を飲んだり、恋に落ちた時のあの幸福感です。

そして、セロトニンは「理性」をコントロールするものです。

まずは健康体になり脳をリラックスさせた状態で、あなたの広い心を作っていきましょう。

スポンサーリンク


「自信」を持つこと

 

最後に、機転が利く人になるために重要なことは「自信」を持つことです。

先ほどの飲み会のケースですと、上司や部下の何らかのサインに気付いても、自信をもって声をかけなければ何の意味もありません。

観察力の他にも積極性や勇気が必要なのです。

うぬぼれて自信を持ち過ぎても、人々に不快な思いを与えます。

自信がなさすぎると、自身の苦しみや自己嫌悪に繋がります。

何事もバランスが大事なのです。

良い方法としては、自分自身を他人と比較しないことです。

他人を参考にしたり、他人の良いと思う点を吸収することは素晴らしいことです。

ですが、「あの人は僕よりもお金持ちだから…」「あの人は私よりもきれいだから…」そのような考え方は今日で終わりにしましょう。

他人ではなく自分自身を昨日の自分や、過去の自分と比較し、そこから成長させる事を考えましょう。

自信とは文字通り「自分を信じる」ことから生まれてきます。

自分は成長できると、自分自身を信じましょう。

自信を持つことで、自分自身の幸福感を得られ、他人に幸せを与えようとする余裕が生まれます。

「機転が利く人」とは、他人に幸せを与えられ、自身の幸せを作る事が出来る人なのです。

 

機転が利く人になりたいなら想像力が必要不可欠

 

いかがでしょうか。

機転が利く人は常に問題意識があり、それを埋めるために行動します。

常に相手の立場になって考え続けると、次第にその人が何を考えていて、何を求めているのかがわかってきます。

その状態になったうえで、さらにすぐに行動することではじめて機転が利く人になれるのです。

これは一種の才能であったり、スキルと言ってもいいでしょう。

なかなか、このようなことをやり続ける人は滅多にいません。

一度や二度程度であればできる人はたくさんいますが、それを継続する難しさはあなたが一番良く知っているはずです。

だからこそ、機転が利く人は唯一無二の存在になり、あなただけの特別なポジションを手に入れることができるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク